アプリケーションプロパティ設定一覧

application.properties ファイル、application.yaml ファイル、コマンドラインスイッチとして、さまざまなプロパティを指定したり環境別に切り替えたりできます。この付録では、一般的な Spring Boot プロパティの一覧と、使用する基になるクラスへの参照を提供します。なお、プロパティ名はバージョンアップ時に変更される場合があるため、使用している Spring Boot バージョンのドキュメントを参照してください。

Spring Boot は、高度な値のフォーマットを備えたさまざまな変換メカニズムを提供します。プロパティ変換セクションを必ず確認してください。
プロパティのコントリビュートは、クラスパス上の追加の jar ファイルから得られる可能性があるため、これを完全な一覧と見なすべきではありません。また、独自のプロパティを定義できます。

コアプロパティ

名前 説明 デフォルト値

debug

デバッグログを有効にします。

false

info.*

情報エンドポイントに追加する任意のプロパティ。

logging.charset.console

コンソール出力に使用する文字セット。

logging.charset.file

ファイル出力に使用する文字セット。

logging.config

ロギング構成ファイルの場所。たとえば、Logback の場合は `classpath:logback.xml` です。

logging.exception-conversion-word

例外を記録するときに使用される変換語。

%wEx

logging.file.name

ログファイル名(たとえば、`myapp.log`)。名前は、正確な場所にすることも、現在のディレクトリからの相対的なものにすることもできます。

logging.file.path

ログファイルの場所。たとえば、`/var/log`。

logging.group.*

グループをログに記録して、複数のロガーを同時にすばやく変更します。たとえば、`logging.group.db=org.hibernate,org.springframework.jdbc`。

logging.include-application-name

ログにアプリケーション名を含めるかどうか。

true

logging.level.*

ログレベルの重大度マッピング。たとえば、`logging.level.org.springframework=DEBUG`。

logging.log4j2.config.override

複合構成の作成に使用される構成ファイルのオーバーライド。

logging.logback.rollingpolicy.clean-history-on-start

起動時にアーカイブログファイルをクリーンアップするかどうか。

false

logging.logback.rollingpolicy.file-name-pattern

ロールオーバーされたログファイル名のパターン。

${LOG_FILE}.%d{yyyy-MM-dd}.%i.gz

logging.logback.rollingpolicy.max-file-size

ログファイルの最大サイズ。

10MB

logging.logback.rollingpolicy.max-history

保持するアーカイブログファイルの最大数。

7

logging.logback.rollingpolicy.total-size-cap

保持するログバックアップの合計サイズ。

0B

logging.pattern.console

コンソールへの出力のアペンダーパターン。デフォルトの Logback セットアップでのみサポートされます。

%clr(%d{${LOG_DATEFORMAT_PATTERN:-yyyy-MM-dd'T'HH:mm:ss.SSSXXX}}){faint} %clr(${LOG_LEVEL_PATTERN:-%5p}) %clr(${PID:- }){magenta} %clr(---){faint} %clr([%15.15t]){faint} %clr(%-40.40logger{39}){cyan} %clr(:){faint} %m%n${LOG_EXCEPTION_CONVERSION_WORD:-%wEx}

logging.pattern.correlation

ログ相関のためのアペンダーパターン。デフォルトの Logback セットアップでのみサポートされます。

logging.pattern.dateformat

ログ日付形式のアペンダーパターン。デフォルトの Logback セットアップでのみサポートされます。

yyyy-MM-dd'T'HH:mm:ss.SSSXXX

logging.pattern.file

ファイルへの出力のアペンダーパターン。デフォルトの Logback セットアップでのみサポートされます。

%d{${LOG_DATEFORMAT_PATTERN:-yyyy-MM-dd'T'HH:mm:ss.SSSXXX}} ${LOG_LEVEL_PATTERN:-%5p} ${PID:- } --- [%t] %-40.40logger{39} : %m%n${LOG_EXCEPTION_CONVERSION_WORD:-%wEx}

logging.pattern.level

ログレベルのアペンダーパターン。デフォルトの Logback セットアップでのみサポートされます。

%5p

logging.register-shutdown-hook

初期化時にロギングシステムのシャットダウンフックを登録します。war ファイルとしてデプロイされると自動的に無効になります。

true

logging.threshold.console

コンソール出力のログレベルのしきい値。

TRACE

logging.threshold.file

ファイル出力のログレベルのしきい値。

TRACE

spring.aop.auto

@EnableAspectJAutoProxy を追加します。

true

spring.aop.proxy-target-class

標準の Java インターフェースベースのプロキシ(false)とは対照的に、サブクラスベース(CGLIB)のプロキシを作成するか(true)。

true

spring.application.admin.enabled

アプリケーションの管理機能を有効にするかどうか。

false

spring.application.admin.jmx-name

アプリケーション管理 MBean の JMX 名。

org.springframework.boot:type=Admin,name=SpringApplication

spring.application.name

アプリケーション名。

spring.autoconfigure.exclude

除外する自動構成クラス。

spring.banner.charset

バナーファイルのエンコード。

UTF-8

spring.banner.location

バナーテキストリソースの場所。

classpath:banner.txt

spring.beaninfo.ignore

BeanInfo クラスの検索をスキップするかどうか。

true

spring.codec.log-request-details

フォームデータを DEBUG レベルで記録し、ヘッダーを TRACE レベルで記録するかどうか。

false

spring.codec.max-in-memory-size

入力ストリームを集約する必要があるときはいつでもバッファリングできるバイト数の制限。これは、自動構成された WebFlux サーバーと WebClient インスタンスにのみ適用されます。デフォルトでは、これは設定されていません。その場合、個々のコーデックのデフォルトが適用されます。ほとんどのコーデックは、デフォルトで 256K に制限されています。

spring.config.activate.on-cloud-platform

ドキュメントを含めるために必要なクラウドプラットフォーム。

spring.config.activate.on-profile

含まれるドキュメントに一致する必要があるプロファイル式。

spring.config.additional-location

デフォルトに加えて使用される構成ファイルの場所。

spring.config.import

追加の構成データをインポートします。

spring.config.location

デフォルトを置き換える構成ファイルの場所。

spring.config.name

構成ファイル名。

application

spring.info.build.encoding

ファイルエンコード。

UTF-8

spring.info.build.location

生成された build-info.properties ファイルの場所。

classpath:META-INF/build-info.properties

spring.info.git.encoding

ファイルエンコード。

UTF-8

spring.info.git.location

生成された git.properties ファイルの場所。

classpath:git.properties

spring.jmx.default-domain

JMX ドメイン名。

spring.jmx.enabled

管理 Bean を JMX ドメインに公開します。

false

spring.jmx.registration-policy

JMX 登録ポリシー。

fail-on-existing

spring.jmx.server

MBeanServer Bean 名。

mbeanServer

spring.jmx.unique-names

一意のランタイムオブジェクト名を確認するかどうか。

false

spring.lifecycle.timeout-per-shutdown-phase

任意のフェーズ(同じ「フェーズ」値を持つ SmartLifecycle Bean のグループ)のシャットダウンのタイムアウト。

30s

spring.main.allow-bean-definition-overriding

既存の定義と同じ名前の定義を登録することにより、Bean 定義のオーバーライドを許可するかどうか。

false

spring.main.allow-circular-references

Bean 間の循環参照を許可し、自動的に解決しようとするかどうか。

false

spring.main.banner-mode

アプリケーションの実行時にバナーを表示するために使用されるモード。

console

spring.main.cloud-platform

Cloud Platform の自動検出をオーバーライドします。

spring.main.keep-alive

非デーモンスレッドがなくなった場合でもアプリケーションを存続させるかどうか。

false

spring.main.lazy-initialization

初期化を遅延して実行するかどうか。

false

spring.main.log-startup-info

起動時にアプリケーションに関する情報を記録するかどうか。

true

spring.main.register-shutdown-hook

アプリケーションにシャットダウンフックを登録する必要があるかどうか。

true

spring.main.sources

ApplicationContext に含めるソース(クラス名、パッケージ名、XML リソースの場所)。

spring.main.web-application-type

特定の型の Web アプリケーションを明示的にリクエストするフラグ。設定されていない場合、クラスパスに基づいて自動検出されます。

spring.mandatory-file-encoding

アプリケーションで使用する必要のある文字エンコードを期待します。

spring.messages.always-use-message-format

引数なしのメッセージも解析し、常に MessageFormat ルールを適用するかどうか。

false

spring.messages.basename

ベース名のコンマ区切りリスト(基本的には完全修飾クラスパスの場所)。それぞれが ResourceBundle 規則に従い、スラッシュベースの場所のサポートが緩和されています。パッケージ修飾子("org.mypackage" など)が含まれていない場合は、クラスパスルートから解決されます。

messages

spring.messages.cache-duration

ロードされたリソースバンドルファイルのキャッシュ期間。設定されていない場合、バンドルは永久にキャッシュされます。期間の接尾辞が指定されていない場合、秒が使用されます。

spring.messages.encoding

メッセージバンドルのエンコード。

UTF-8

spring.messages.fallback-to-system-locale

特定のロケールのファイルが見つからなかった場合に、システムロケールにフォールバックするかどうか。これがオフになっている場合、フォールバックはデフォルトファイルのみになります(例: ベース名 "messages" の "messages.properties" )。

true

spring.messages.use-code-as-default-message

"NoSuchMessageException" をスローする代わりに、メッセージコードをデフォルトメッセージとして使用するかどうか。開発時にのみ推奨。

false

spring.output.ansi.enabled

ANSI 出力を設定します。

detect

spring.pid.fail-on-write-error

ApplicationPidFileWriter が使用されているが、PID ファイルを書き込めない場合は失敗します。

spring.pid.file

書き込む PID ファイルの場所(ApplicationPidFileWriter が使用される場合)。

spring.profiles.active

アクティブなプロファイルのカンマ区切りリスト。コマンドラインスイッチで上書きできます。

spring.profiles.default

アクティブなプロファイルがない場合に有効にするプロファイルの名前。

default

spring.profiles.group.*

プロファイルグループは、関連するプロファイルグループの論理名を定義します。

spring.profiles.include

指定されたコンマ区切りのプロファイルリスト(または YAML を使用している場合はプロファイルリスト)を無条件でアクティブにします。

spring.quartz.auto-startup

初期化後にスケジューラーを自動的に開始するかどうか。

true

spring.quartz.jdbc.comment-prefix

SQL 初期化スクリプト内の単一行コメントのプレフィックス。

[#, --]

spring.quartz.jdbc.initialize-schema

データベーススキーマ初期化モード。

embedded

spring.quartz.jdbc.platform

@@platform@@ プレースホルダーが使用されている場合に、初期化スクリプトで使用するプラットフォーム。デフォルトで自動検出されます。

spring.quartz.jdbc.schema

データベーススキーマの初期化に使用する SQL ファイルへのパス。

classpath:org/quartz/impl/jdbcjobstore/tables_@@platform@@.sql

spring.quartz.job-store-type

Quartz ジョブストア型。

memory

spring.quartz.overwrite-existing-jobs

設定されたジョブが既存のジョブ定義を上書きするかどうか。

false

spring.quartz.properties.*

Quartz スケジューラーの追加プロパティ。

spring.quartz.scheduler-name

スケジューラーの名前。

quartzScheduler

spring.quartz.startup-delay

初期化が完了してからスケジューラーが開始されるまでの遅延。アプリケーション全体が起動する前にジョブを実行する必要がない場合、このプロパティを設定することは理にかなっています。

0s

spring.quartz.wait-for-jobs-to-complete-on-shutdown

シャットダウン時に実行中のジョブが完了するのを待つかどうか。

false

spring.reactor.context-propagation

Reactor オペレーターのコンテキスト伝播サポートモード。

limited

spring.reactor.debug-agent.enabled

reactor-tools が存在するときに Reactor デバッグエージェントを有効にするかどうか。

true

spring.reactor.netty.shutdown-quiet-period

リソースをシャットダウンするまでの待機時間。

spring.ssl.bundle.jks.*

Java キーストア SSL 信頼マテリアル。

spring.ssl.bundle.pem.*

PEM でエンコードされた SSL 信頼マテリアル。

spring.ssl.bundle.watch.file.quiet-period

静かな期間。その後、変化が検出されます。

10s

spring.task.execution.pool.allow-core-thread-timeout

コアスレッドのタイムアウトを許可するかどうか。これにより、プールの動的な拡大と縮小が可能になります。

true

spring.task.execution.pool.core-size

スレッドのコア数。

8

spring.task.execution.pool.keep-alive

スレッドが終了する前にアイドル状態を維持できる時間制限。

60s

spring.task.execution.pool.max-size

スレッドの最大許容数。タスクがキューをいっぱいにしている場合、プールは負荷に対応するためにそのサイズまで拡張できます。キューが無制限の場合は無視されます。

spring.task.execution.pool.queue-capacity

キュー容量。無制限の容量ではプールは増加しないため、"max-size" プロパティは無視されます。

spring.task.execution.pool.shutdown.accept-tasks-after-context-close

アプリケーションコンテキストを閉じるフェーズが開始された後に、さらなるタスクを受け入れるかどうか。

false

spring.task.execution.shutdown.await-termination

シャットダウン時にスケジュールされたタスクが完了するまでエグゼキューターが待機するかどうか。

false

spring.task.execution.shutdown.await-termination-period

残りのタスクが完了するまでエグゼキューターが待機する最大時間。

spring.task.execution.simple.concurrency-limit

許可される並列アクセスの最大数を設定します。-1 は、同時実行制限がまったくないことを示します。

spring.task.execution.thread-name-prefix

新しく作成されたスレッドの名前に使用するプレフィックス。

task-

spring.task.scheduling.pool.size

スレッドの最大許容数。

1

spring.task.scheduling.shutdown.await-termination

シャットダウン時にスケジュールされたタスクが完了するまでエグゼキューターが待機するかどうか。

false

spring.task.scheduling.shutdown.await-termination-period

残りのタスクが完了するまでエグゼキューターが待機する最大時間。

spring.task.scheduling.simple.concurrency-limit

許可される並列アクセスの最大数を設定します。-1 は、同時実行制限がまったくないことを示します。

spring.task.scheduling.thread-name-prefix

新しく作成されたスレッドの名前に使用するプレフィックス。

scheduling-

spring.threads.virtual.enabled

仮想スレッドを使用するかどうか。

false

trace

トレースログを有効にします。

false

キャッシュのプロパティ

名前 説明 デフォルト値

spring.cache.cache-names

基礎となるキャッシュマネージャーでサポートされている場合に作成するキャッシュ名のカンマ区切りリスト。通常、これにより、追加のキャッシュをオンザフライで作成する機能が無効になります。

spring.cache.caffeine.spec

キャッシュの作成に使用する仕様。スペック形式の詳細については、CaffeineSpec を参照してください。

spring.cache.couchbase.expiration

エントリの有効期限。デフォルトでは、エントリは期限切れになりません。この値は最終的に秒に変換されることに注意してください。

spring.cache.infinispan.config

Infinispan を初期化するために使用する構成ファイルの場所。

spring.cache.jcache.config

キャッシュマネージャーの初期化に使用する構成ファイルの場所。構成ファイルは、基礎となるキャッシュの実装に依存しています。

spring.cache.jcache.provider

JSR-107 準拠のキャッシュマネージャーを取得するために使用する CachingProvider 実装の完全修飾名。クラスパスで複数の JSR-107 実装が使用可能な場合にのみ必要です。

spring.cache.redis.cache-null-values

null 値のキャッシュを許可します。

true

spring.cache.redis.enable-statistics

キャッシュ統計を有効にするかどうか。

false

spring.cache.redis.key-prefix

キープレフィックス。

spring.cache.redis.time-to-live

エントリの有効期限。デフォルトでは、エントリは期限切れになりません。

spring.cache.redis.use-key-prefix

Redis に書き込むときにキープレフィックスを使用するかどうか。

true

spring.cache.type

キャッシュ型。デフォルトでは、環境に応じて自動検出されます。

メールのプロパティ

名前 説明 デフォルト値

spring.mail.default-encoding

デフォルトの MimeMessage エンコード。

UTF-8

spring.mail.host

SMTP サーバーホスト。たとえば、"smtp.example.com"。

spring.mail.jndi-name

セッション JNDI 名。設定すると、他のセッション設定よりも優先されます。

spring.mail.password

SMTP サーバーのログインパスワード。

spring.mail.port

SMTP サーバーのポート。

spring.mail.properties.*

追加の JavaMail セッションプロパティ。

spring.mail.protocol

SMTP サーバーが使用するプロトコル。

smtp

spring.mail.test-connection

起動時にメールサーバーが使用可能であることをテストするかどうか。

false

spring.mail.username

SMTP サーバーのログインユーザー。

spring.sendgrid.api-key

SendGrid API キー。

spring.sendgrid.proxy.host

SendGrid プロキシホスト。

spring.sendgrid.proxy.port

SendGrid プロキシポート。

JSON プロパティ

名前 説明 デフォルト値

spring.gson.date-format

Date オブジェクトを直列化するときに使用する形式。

spring.gson.disable-html-escaping

"<"、">" などの HTML 文字のエスケープを無効にするかどうか

spring.gson.disable-inner-class-serialization

直列化中に内部クラスを除外するかどうか。

spring.gson.enable-complex-map-key-serialization

複雑なマップキー(非プリミティブ)の直列化を有効にするかどうか。

spring.gson.exclude-fields-without-expose-annotation

「公開」アノテーションを持たないすべてのフィールドをシリアライゼーションまたはデシリアライゼーションの考慮から除外するかどうか。

spring.gson.field-naming-policy

直列化および逆直列化中にオブジェクトのフィールドに適用される命名ポリシー。

spring.gson.generate-non-executable-json

出力の前に特別なテキストを付けて、実行不可能な JSON を生成するかどうか。

spring.gson.lenient

RFC 4627 に準拠していない JSON の解析について寛容であるかどうか。

spring.gson.long-serialization-policy

Long 型および long 型の直列化ポリシー。

spring.gson.pretty-printing

プリティ出力用のページに収まる直列化された JSON を出力するかどうか。

spring.gson.serialize-nulls

null フィールドを直列化するかどうか。

spring.jackson.constructor-detector

コンストラクターを自動検出するために使用する戦略、特に単一引数のコンストラクターでの動作。

default

spring.jackson.datatype.enum.*

Jackson 列挙型のオン / オフ機能。

spring.jackson.datatype.json-node.*

Jackson の JsonNodes 用オン / オフ機能。

spring.jackson.date-format

日付形式の文字列または完全修飾された日付形式のクラス名。たとえば、"yyyy-MM-dd HH:mm:ss"。

spring.jackson.default-leniency

リーニエンシーのグローバルデフォルト設定(存在する場合)。

spring.jackson.default-property-inclusion

直列化中のプロパティの包含を制御します。Jackson の JsonInclude.Include 列挙のいずれかの値で構成されます。

spring.jackson.deserialization.*

Java オブジェクトのデシリアライズ方法に影響を与える Jackson オン / オフ機能。

spring.jackson.generator.*

ジェネレーターの Jackson オン / オフ機能。

spring.jackson.locale

書式設定に使用されるロケール。

spring.jackson.mapper.*

Jackson の汎用オン / オフ機能。

spring.jackson.parser.*

パーサー用の Jackson オン / オフ機能。

spring.jackson.property-naming-strategy

Jackson の PropertyNamingStrategies の定数の 1 つ。PropertyNamingStrategy 実装の完全修飾クラス名にすることもできます。

spring.jackson.serialization.*

Java オブジェクトの直列化方法に影響を与える Jackson のオン / オフ機能。

spring.jackson.time-zone

日付をフォーマットするときに使用されるタイムゾーン。たとえば、"America/Los_Angeles" または "GMT+10"。

spring.jackson.visibility.*

どのメソッド(およびフィールド)が自動検出されるかを制限するために使用できる Jackson 可視性しきい値。

データプロパティ

名前 説明 デフォルト値

spring.cassandra.compression

Cassandra バイナリプロトコルでサポートされる圧縮。

none

spring.cassandra.config

使用する構成ファイルの場所。

spring.cassandra.connection.connect-timeout

ドライバー接続を確立するときに使用するタイムアウト。

5s

spring.cassandra.connection.init-query-timeout

接続が開いた直後に、初期化プロセスの一部として実行される内部クエリに使用するタイムアウト。

5s

spring.cassandra.contact-points

「ホスト: ポート」の形式のクラスターノードアドレス、または構成されたポートを使用する単純な「ホスト」。

[127.0.0.1:9042]

spring.cassandra.controlconnection.timeout

制御クエリに使用するタイムアウト。

5s

spring.cassandra.keyspace-name

使用するキースペース名。

spring.cassandra.local-datacenter

「ローカル」と見なされるデータセンター。連絡先はこのデータセンターにある必要があります。

spring.cassandra.password

サーバーのログインパスワード。

spring.cassandra.pool.heartbeat-interval

アイドル接続でメッセージが送信されてから、メッセージがまだ存続していることを確認するハートビート間隔。

30s

spring.cassandra.pool.idle-timeout

アイドル接続が削除される前のアイドルタイムアウト。

5s

spring.cassandra.port

接点で指定されていない場合に使用するポート。

9042

spring.cassandra.request.consistency

一貫性レベルを照会します。

spring.cassandra.request.page-size

1 回のネットワークラウンドトリップで同時に取得される行数。

5000

spring.cassandra.request.serial-consistency

シリアル一貫性レベルを照会します。

spring.cassandra.request.throttler.drain-interval

スロットルがリクエストをデキューしようとする頻度。各試行がキュー内の複数のエントリを処理するが、リクエストを遅らせないように、この値を十分に高く設定します。

spring.cassandra.request.throttler.max-concurrent-requests

並行して実行できるリクエストの最大数。

spring.cassandra.request.throttler.max-queue-size

スロットルのしきい値を超えたときにキューに入れることができるリクエストの最大数。

spring.cassandra.request.throttler.max-requests-per-second

最大許可リクエストレート。

spring.cassandra.request.throttler.type

スロットル型をリクエストします。

none

spring.cassandra.request.timeout

ドライバーがリクエストの補完を待つ時間。

2s

spring.cassandra.schema-action

起動時に実行するスキーマアクション。

none

spring.cassandra.session-name

Cassandra セッションの名前。

spring.cassandra.ssl.bundle

SSL バンドル名。

spring.cassandra.ssl.enabled

SSL サポートを有効にするかどうか。

spring.cassandra.username

サーバーのログインユーザー。

spring.couchbase.connection-string

Couchbase クラスターを見つけるために使用される接続ストリング。

spring.couchbase.env.io.idle-http-connection-timeout

HTTP 接続が閉じられてプールから削除される前に、HTTP 接続がアイドル状態のままになる可能性がある時間の長さ。

1s

spring.couchbase.env.io.max-endpoints

ノードあたりのソケットの最大数。

12

spring.couchbase.env.io.min-endpoints

ノードあたりのソケットの最小数。

1

spring.couchbase.env.ssl.bundle

SSL バンドル名。

spring.couchbase.env.ssl.enabled

SSL サポートを有効にするかどうか。特に指定がない限り、「バンドル」が提供されている場合は自動的に有効になります。

spring.couchbase.env.timeouts.analytics

分析サービスのタイムアウト。

75s

spring.couchbase.env.timeouts.connect

バケット接続タイムアウト。

10s

spring.couchbase.env.timeouts.disconnect

バケット切断タイムアウト。

10s

spring.couchbase.env.timeouts.key-value

特定の Key-Value での操作のタイムアウト。

2500ms

spring.couchbase.env.timeouts.key-value-durable

耐久性レベルを持つ特定の Key-Value での操作のタイムアウト。

10s

spring.couchbase.env.timeouts.management

管理操作のタイムアウト。

75s

spring.couchbase.env.timeouts.query

N1QL クエリ操作のタイムアウト。

75s

spring.couchbase.env.timeouts.search

検索サービスのタイムアウト。

75s

spring.couchbase.env.timeouts.view

通常および地理空間ビュー操作のタイムアウト。

75s

spring.couchbase.password

クラスターのパスワード。

spring.couchbase.username

クラスターのユーザー名。

spring.dao.exceptiontranslation.enabled

PersistenceExceptionTranslationPostProcessor を有効にするかどうか。

true

spring.data.cassandra.repositories.type

有効にする Cassandra リポジトリの型。

auto

spring.data.couchbase.auto-index

ビューとインデックスを自動的に作成します。"@ViewIndexed"、"@N1qlPrimaryIndexed"、"@N1qlSecondaryIndexed" によって提供されるメタデータを使用します。

false

spring.data.couchbase.bucket-name

接続するバケットの名前。

spring.data.couchbase.field-naming-strategy

使用する FieldNamingStrategy の完全修飾名。

spring.data.couchbase.repositories.type

有効にする Couchbase リポジトリの型。

auto

spring.data.couchbase.scope-name

すべてのコレクションアクセスに使用されるスコープの名前。

spring.data.couchbase.type-key

"MappingCouchbaseConverter" を使用するときに複合型の型情報を格納するフィールドの名前。

_class

spring.data.elasticsearch.repositories.enabled

Elasticsearch リポジトリを有効にするかどうか。

true

spring.data.jdbc.dialect

使用するダイアレクト。デフォルトでは、ダイアレクトはデータベース接続をインスペクションすることによって決定されます。

spring.data.jdbc.repositories.enabled

JDBC リポジトリを有効にするかどうか。

true

spring.data.jpa.repositories.bootstrap-mode

JPA リポジトリのブートストラップモード。

default

spring.data.jpa.repositories.enabled

JPA リポジトリを有効にするかどうか。

true

spring.data.ldap.repositories.enabled

LDAP リポジトリを有効にするかどうか。

true

spring.data.mongodb.additional-hosts

追加のサーバーホスト。URI で、または「ホスト」が指定されていない場合は設定できません。追加のホストは、27017 のデフォルト mongo ポートを使用します。別のポートを使用する場合は、"host:port" 構文を使用できます。

spring.data.mongodb.authentication-database

認証データベース名。

spring.data.mongodb.auto-index-creation

自動インデックス作成を有効にするかどうか。

spring.data.mongodb.database

データベース名。URI のデータベースをオーバーライドします。

spring.data.mongodb.field-naming-strategy

使用する FieldNamingStrategy の完全修飾名。

spring.data.mongodb.gridfs.bucket

GridFS バケット名。

spring.data.mongodb.gridfs.database

GridFS データベース名。

spring.data.mongodb.host

Mongo サーバーホスト。URI で設定することはできません。

spring.data.mongodb.password

mongo サーバーのログインパスワード。URI で設定することはできません。

spring.data.mongodb.port

Mongo サーバーポート。URI で設定することはできません。

spring.data.mongodb.replica-set-name

クラスターに必要なレプリカセット名。URI では設定できません。

spring.data.mongodb.repositories.type

有効にする Mongo リポジトリの型。

auto

spring.data.mongodb.ssl.bundle

SSL バンドル名。

spring.data.mongodb.ssl.enabled

SSL サポートを有効にするかどうか。特に指定がない限り、「バンドル」が指定されている場合は自動的に有効になります。

spring.data.mongodb.uri

Mongo データベース URI。ホスト、ポート、ユーザー名、パスワードをオーバーライドします。

mongodb://localhost/test

spring.data.mongodb.username

mongo サーバーのログインユーザー。URI で設定することはできません。

spring.data.mongodb.uuid-representation

UUID を BSON バイナリ値に変換するときに使用する表現。

java-legacy

spring.data.neo4j.database

使用するデータベース名。デフォルトでは、サーバーは使用するデフォルトのデータベースを決定します。

spring.data.neo4j.repositories.type

有効にする Neo4j リポジトリの型。

auto

spring.data.r2dbc.repositories.enabled

R2DBC リポジトリを有効にするかどうか。

true

spring.data.redis.client-name

CLIENT SETNAME との接続に設定されるクライアント名。

spring.data.redis.client-type

使用するクライアントの型。デフォルトでは、クラスパスに従って自動検出されます。

spring.data.redis.cluster.max-redirects

クラスター全体でコマンドを実行するときに従うリダイレクトの最大数。

spring.data.redis.cluster.nodes

ブートストラップする "host:port" ペアのコンマ区切りリスト。これは、クラスタノードの「初期」リストを表し、少なくとも 1 つのエントリが必要です。

spring.data.redis.connect-timeout

接続タイムアウト。

spring.data.redis.database

接続ファクトリが使用するデータベースインデックス。

0

spring.data.redis.host

Redis サーバーホスト。

localhost

spring.data.redis.jedis.pool.enabled

プールを有効にするかどうか。"commons-pool2" が使用可能な場合は自動的に有効になります。Jedis では、プーリングは sentinel モードで暗黙的に有効になり、この設定は単一ノードのセットアップにのみ適用されます。

spring.data.redis.jedis.pool.max-active

特定の時間にプールによって割り当てられる接続の最大数。制限なしには負の値を使用します。

8

spring.data.redis.jedis.pool.max-idle

プール内の「アイドル」接続の最大数。アイドル接続の数に制限がないことを示すには、負の値を使用します。

8

spring.data.redis.jedis.pool.max-wait

プールが使い果たされたときに例外をスローする前に接続割り当てをブロックする最大時間。負の値を使用して、無期限にブロックします。

-1ms

spring.data.redis.jedis.pool.min-idle

プールで維持するアイドル接続の最小数のターゲット。この設定は、それとエビクション実行間の時間が両方とも正である場合にのみ効果があります。

0

spring.data.redis.jedis.pool.time-between-eviction-runs

アイドルオブジェクト Evictor スレッドの実行間の時間。正の場合、アイドルオブジェクトエビクタースレッドが開始されます。それ以外の場合、アイドルオブジェクトエビクションは実行されません。

spring.data.redis.lettuce.cluster.refresh.adaptive

使用可能なすべてのリフレッシュトリガーを使用した適応トポロジリフレッシュを使用するかどうか。

false

spring.data.redis.lettuce.cluster.refresh.dynamic-refresh-sources

クラスタートポロジを取得するためにすべてのクラスターノードを検出してクエリを実行するかどうか。false に設定すると、初期シードノードのみがトポロジー検出のソースとして使用されます。

true

spring.data.redis.lettuce.cluster.refresh.period

クラスタトポロジのリフレッシュ期間。

spring.data.redis.lettuce.pool.enabled

プールを有効にするかどうか。"commons-pool2" が使用可能な場合は自動的に有効になります。Jedis では、プーリングは sentinel モードで暗黙的に有効になり、この設定は単一ノードのセットアップにのみ適用されます。

spring.data.redis.lettuce.pool.max-active

特定の時間にプールによって割り当てられる接続の最大数。制限なしには負の値を使用します。

8

spring.data.redis.lettuce.pool.max-idle

プール内の「アイドル」接続の最大数。アイドル接続の数に制限がないことを示すには、負の値を使用します。

8

spring.data.redis.lettuce.pool.max-wait

プールが使い果たされたときに例外をスローする前に接続割り当てをブロックする最大時間。負の値を使用して、無期限にブロックします。

-1ms

spring.data.redis.lettuce.pool.min-idle

プールで維持するアイドル接続の最小数のターゲット。この設定は、それとエビクション実行間の時間が両方とも正である場合にのみ効果があります。

0

spring.data.redis.lettuce.pool.time-between-eviction-runs

アイドルオブジェクト Evictor スレッドの実行間の時間。正の場合、アイドルオブジェクトエビクタースレッドが開始されます。それ以外の場合、アイドルオブジェクトエビクションは実行されません。

spring.data.redis.lettuce.shutdown-timeout

シャットダウンタイムアウト。

100ms

spring.data.redis.password

redis サーバーのログインパスワード。

spring.data.redis.port

Redis サーバーポート。

6379

spring.data.redis.repositories.enabled

Redis リポジトリを有効にするかどうか。

true

spring.data.redis.sentinel.master

Redis サーバーの名前。

spring.data.redis.sentinel.nodes

"host:port" ペアのカンマ区切りリスト。

spring.data.redis.sentinel.password

sentinel で認証するためのパスワード。

spring.data.redis.sentinel.username

sentinel で認証するためのログインユーザー名。

spring.data.redis.ssl.bundle

SSL バンドル名。

spring.data.redis.ssl.enabled

SSL サポートを有効にするかどうか。特に指定がない限り、「バンドル」が指定されている場合は自動的に有効になります。

spring.data.redis.timeout

読み取りタイムアウト。

spring.data.redis.url

接続 URL。ホスト、ポート、ユーザー名、パスワードをオーバーライドします。例: redis://user:[ メールで保護 ] (英語) :6379

spring.data.redis.username

redis サーバーのログインユーザー名。

spring.data.rest.base-path

リポジトリリソースを公開するために Spring Data REST が使用するベースパス。

spring.data.rest.default-media-type

何も指定されていない場合にデフォルトとして使用するコンテンツ型。

spring.data.rest.default-page-size

ページのデフォルトサイズ。

spring.data.rest.detection-strategy

どのリポジトリが公開されるかを決定するために使用する戦略。

default

spring.data.rest.enable-enum-translation

Spring Data REST デフォルトリソースバンドルを介した列挙値変換を有効にするかどうか。

spring.data.rest.limit-param-name

一度に返す結果の数を示す URL クエリ文字列パラメーターの名前。

spring.data.rest.max-page-size

ページの最大サイズ。

spring.data.rest.page-param-name

返すページを示す URL クエリ文字列パラメーターの名前。

spring.data.rest.return-body-on-create

エンティティを作成した後にレスポンス本文を返すかどうか。

spring.data.rest.return-body-on-update

エンティティの更新後にレスポンス本文を返すかどうか。

spring.data.rest.sort-param-name

結果を並べ替える方向を示す URL クエリ文字列パラメーターの名前。

spring.data.web.pageable.default-page-size

デフォルトのページサイズ。

20

spring.data.web.pageable.max-page-size

受け入れられる最大ページサイズ。

2000

spring.data.web.pageable.one-indexed-parameters

1 から始まるページ番号インデックスを公開して想定するかどうか。デフォルトは "false" で、リクエストのページ番号 0 が最初のページと等しいことを意味します。

false

spring.data.web.pageable.page-parameter

ページインデックスパラメーター名。

page

spring.data.web.pageable.prefix

ページ番号とページサイズのパラメーターの前に追加する一般的なプレフィックス。

spring.data.web.pageable.qualifier-delimiter

修飾子と実際のページ番号およびサイズのプロパティの間で使用される区切り文字。

_

spring.data.web.pageable.size-parameter

ページサイズパラメーター名。

size

spring.data.web.sort.sort-parameter

パラメーター名を並べ替えます。

sort

spring.datasource.dbcp2.abandoned-usage-tracking
 spring.datasource.dbcp2.access-to-underlying-connection-allowed
 spring.datasource.dbcp2.auto-commit-on-return
 spring.datasource.dbcp2.cache-state
 spring.datasource.dbcp2.clear-statement-pool-on-return
 spring.datasource.dbcp2.connection-factory-class-name
 spring.datasource.dbcp2.connection-init-sqls
 spring.datasource.dbcp2.default-auto-commit
 spring.datasource.dbcp2.default-catalog
 spring.datasource.dbcp2.default-read-only
 spring.datasource.dbcp2.default-schema
 spring.datasource.dbcp2.default-transaction-isolation
 spring.datasource.dbcp2.disconnection-sql-codes
 spring.datasource.dbcp2.driver
 spring.datasource.dbcp2.driver-class-name
 spring.datasource.dbcp2.duration-between-eviction-runs
 spring.datasource.dbcp2.eviction-policy-class-name
 spring.datasource.dbcp2.fast-fail-validation
 spring.datasource.dbcp2.initial-size
 spring.datasource.dbcp2.jmx-name
 spring.datasource.dbcp2.lifo
 spring.datasource.dbcp2.log-abandoned
 spring.datasource.dbcp2.log-expired-connections
 spring.datasource.dbcp2.login-timeout
 spring.datasource.dbcp2.max-idle
 spring.datasource.dbcp2.max-open-prepared-statements
 spring.datasource.dbcp2.max-total
 spring.datasource.dbcp2.min-idle
 spring.datasource.dbcp2.num-tests-per-eviction-run
 spring.datasource.dbcp2.password
 spring.datasource.dbcp2.pool-prepared-statements
 spring.datasource.dbcp2.remove-abandoned-on-borrow
 spring.datasource.dbcp2.remove-abandoned-on-maintenance
 spring.datasource.dbcp2.rollback-on-return
 spring.datasource.dbcp2.test-on-borrow
 spring.datasource.dbcp2.test-on-create
 spring.datasource.dbcp2.test-on-return
 spring.datasource.dbcp2.test-while-idle
 spring.datasource.dbcp2.url
 spring.datasource.dbcp2.username
 spring.datasource.dbcp2.validation-query

DBCP2 の BasicDataSource のインスタンスにバインドされた Commons DBCP2 固有の設定

spring.datasource.driver-class-name

JDBC ドライバーの完全修飾名。デフォルトで URL に基づいて自動検出されます。

spring.datasource.embedded-database-connection

組み込みデータベースの接続の詳細。デフォルトは、クラスパスで使用可能な最も適切な組み込みデータベースです。

spring.datasource.generate-unique-name

ランダムなデータソース名を生成するかどうか。

true

spring.datasource.hikari.allow-pool-suspension
 spring.datasource.hikari.auto-commit
 spring.datasource.hikari.catalog
 spring.datasource.hikari.connection-init-sql
 spring.datasource.hikari.connection-test-query
 spring.datasource.hikari.connection-timeout
 spring.datasource.hikari.data-source-class-name
 spring.datasource.hikari.data-source-j-n-d-i
 spring.datasource.hikari.data-source-properties
 spring.datasource.hikari.driver-class-name
 spring.datasource.hikari.exception-override-class-name
 spring.datasource.hikari.health-check-properties
 spring.datasource.hikari.idle-timeout
 spring.datasource.hikari.initialization-fail-timeout
 spring.datasource.hikari.isolate-internal-queries
 spring.datasource.hikari.jdbc-url
 spring.datasource.hikari.keepalive-time
 spring.datasource.hikari.leak-detection-threshold
 spring.datasource.hikari.login-timeout
 spring.datasource.hikari.max-lifetime
 spring.datasource.hikari.maximum-pool-size
 spring.datasource.hikari.metrics-tracker-factory
 spring.datasource.hikari.minimum-idle
 spring.datasource.hikari.password
 spring.datasource.hikari.pool-name
 spring.datasource.hikari.read-only
 spring.datasource.hikari.register-mbeans
 spring.datasource.hikari.scheduled-executor
 spring.datasource.hikari.schema
 spring.datasource.hikari.transaction-isolation
 spring.datasource.hikari.username
 spring.datasource.hikari.validation-timeout

Hikari の HikariDataSource のインスタンスにバインドされた Hikari 固有の設定

spring.datasource.jndi-name

データソースの JNDI ロケーション。クラス、URL、ユーザー名、パスワードは、設定時に無視されます。

spring.datasource.name

"generate-unique-name" が false の場合に使用するデータソース名。組み込みデータベースを使用する場合、デフォルトは "testdb" です。それ以外の場合は null です。

spring.datasource.oracleucp.abandoned-connection-timeout
 spring.datasource.oracleucp.connection-factory-class-name
 spring.datasource.oracleucp.connection-factory-properties
 spring.datasource.oracleucp.connection-harvest-max-count
 spring.datasource.oracleucp.connection-harvest-trigger-count
 spring.datasource.oracleucp.connection-labeling-high-cost
 spring.datasource.oracleucp.connection-pool-name
 spring.datasource.oracleucp.connection-properties
 spring.datasource.oracleucp.connection-repurpose-threshold
 spring.datasource.oracleucp.connection-validation-timeout
 spring.datasource.oracleucp.connection-wait-timeout
 spring.datasource.oracleucp.data-source-name
 spring.datasource.oracleucp.database-name
 spring.datasource.oracleucp.description
 spring.datasource.oracleucp.fast-connection-failover-enabled
 spring.datasource.oracleucp.high-cost-connection-reuse-threshold
 spring.datasource.oracleucp.inactive-connection-timeout
 spring.datasource.oracleucp.initial-pool-size
 spring.datasource.oracleucp.login-timeout
 spring.datasource.oracleucp.max-connection-reuse-count
 spring.datasource.oracleucp.max-connection-reuse-time
 spring.datasource.oracleucp.max-connections-per-shard
 spring.datasource.oracleucp.max-idle-time
 spring.datasource.oracleucp.max-pool-size
 spring.datasource.oracleucp.max-statements
 spring.datasource.oracleucp.min-pool-size
 spring.datasource.oracleucp.network-protocol
 spring.datasource.oracleucp.o-n-s-configuration
 spring.datasource.oracleucp.pdb-roles
 spring.datasource.oracleucp.port-number
 spring.datasource.oracleucp.property-cycle
 spring.datasource.oracleucp.query-timeout
 spring.datasource.oracleucp.read-only-instance-allowed
 spring.datasource.oracleucp.role-name
 spring.datasource.oracleucp.s-q-l-for-validate-connection
 spring.datasource.oracleucp.seconds-to-trust-idle-connection
 spring.datasource.oracleucp.server-name
 spring.datasource.oracleucp.sharding-mode
 spring.datasource.oracleucp.time-to-live-connection-timeout
 spring.datasource.oracleucp.timeout-check-interval
 spring.datasource.oracleucp.u-r-l
 spring.datasource.oracleucp.user
 spring.datasource.oracleucp.validate-connection-on-borrow

Oracle UCP の PoolDataSource のインスタンスにバインドされた Oracle UCP 固有の設定

spring.datasource.password

データベースのログインパスワード。

spring.datasource.tomcat.abandon-when-percentage-full
 spring.datasource.tomcat.access-to-underlying-connection-allowed
 spring.datasource.tomcat.alternate-username-allowed
 spring.datasource.tomcat.commit-on-return
 spring.datasource.tomcat.connection-properties
 spring.datasource.tomcat.data-source-j-n-d-i
 spring.datasource.tomcat.db-properties
 spring.datasource.tomcat.default-auto-commit
 spring.datasource.tomcat.default-catalog
 spring.datasource.tomcat.default-read-only
 spring.datasource.tomcat.default-transaction-isolation
 spring.datasource.tomcat.driver-class-name
 spring.datasource.tomcat.fair-queue
 spring.datasource.tomcat.ignore-exception-on-pre-load
 spring.datasource.tomcat.init-s-q-l
 spring.datasource.tomcat.initial-size
 spring.datasource.tomcat.jdbc-interceptors
 spring.datasource.tomcat.jmx-enabled
 spring.datasource.tomcat.log-abandoned
 spring.datasource.tomcat.log-validation-errors
 spring.datasource.tomcat.login-timeout
 spring.datasource.tomcat.max-active
 spring.datasource.tomcat.max-age
 spring.datasource.tomcat.max-idle
 spring.datasource.tomcat.max-wait
 spring.datasource.tomcat.min-evictable-idle-time-millis
 spring.datasource.tomcat.min-idle
 spring.datasource.tomcat.name
 spring.datasource.tomcat.num-tests-per-eviction-run
 spring.datasource.tomcat.password
 spring.datasource.tomcat.propagate-interrupt-state
 spring.datasource.tomcat.remove-abandoned
 spring.datasource.tomcat.remove-abandoned-timeout
 spring.datasource.tomcat.rollback-on-return
 spring.datasource.tomcat.suspect-timeout
 spring.datasource.tomcat.test-on-borrow
 spring.datasource.tomcat.test-on-connect
 spring.datasource.tomcat.test-on-return
 spring.datasource.tomcat.test-while-idle
 spring.datasource.tomcat.time-between-eviction-runs-millis
 spring.datasource.tomcat.url
 spring.datasource.tomcat.use-disposable-connection-facade
 spring.datasource.tomcat.use-equals
 spring.datasource.tomcat.use-lock
 spring.datasource.tomcat.use-statement-facade
 spring.datasource.tomcat.username
 spring.datasource.tomcat.validation-interval
 spring.datasource.tomcat.validation-query
 spring.datasource.tomcat.validation-query-timeout
 spring.datasource.tomcat.validator-class-name

Tomcat JDBC の DataSource のインスタンスにバインドされた Tomcat データソース固有の設定

spring.datasource.type

使用する接続プール実装の完全修飾名。デフォルトでは、クラスパスから自動検出されます。

spring.datasource.url

データベースの JDBC URL。

spring.datasource.username

データベースのログインユーザー名。

spring.datasource.xa.data-source-class-name

XA データソースの完全修飾名。

spring.datasource.xa.properties.*

XA データソースに渡すプロパティ。

spring.elasticsearch.connection-timeout

Elasticsearch と通信するときに使用される接続タイムアウト。

1s

spring.elasticsearch.password

Elasticsearch で認証するためのパスワード。

spring.elasticsearch.path-prefix

Elasticsearch に送信されるすべてのリクエストのパスにプレフィックスが追加されました。

spring.elasticsearch.restclient.sniffer.delay-after-failure

失敗後にスケジュールされたスニフ実行の遅延。

1m

spring.elasticsearch.restclient.sniffer.interval

連続する通常のスニフ実行間の間隔。

5m

spring.elasticsearch.restclient.ssl.bundle

SSL バンドル名。

spring.elasticsearch.socket-keep-alive

クライアントと Elasticsearch 間のソケットキープアライブを有効にするかどうか。

false

spring.elasticsearch.socket-timeout

Elasticsearch と通信するときに使用されるソケットタイムアウト。

30s

spring.elasticsearch.uris

使用する Elasticsearch インスタンスのコンマ区切りリスト。

[http://localhost:9200]

spring.elasticsearch.username

Elasticsearch で認証するためのユーザー名。

spring.h2.console.enabled

コンソールを有効にするかどうか。

false

spring.h2.console.path

コンソールが使用可能なパス。

/h2-console

spring.h2.console.settings.trace

トレース出力を有効にするかどうか。

false

spring.h2.console.settings.web-admin-password

H2 コンソールの設定とツールにアクセスするためのパスワード。

spring.h2.console.settings.web-allow-others

リモートアクセスを有効にするかどうか。

false

spring.jdbc.template.fetch-size

さらに行が必要な場合にデータベースからフェッチする必要がある行の数。JDBC ドライバーのデフォルト構成を使用するには、-1 を使用します。

-1

spring.jdbc.template.max-rows

行の最大数。JDBC ドライバーのデフォルト構成を使用するには、-1 を使用します。

-1

spring.jdbc.template.query-timeout

クエリのタイムアウト。デフォルトでは、JDBC ドライバーのデフォルト構成が使用されます。期間の接尾辞が指定されていない場合、秒が使用されます。

spring.jooq.sql-dialect

使用する SQL ダイアレクト。デフォルトで自動検出されます。

spring.jpa.database

操作対象のデータベース。デフォルトで自動検出されます。または、"databasePlatform" プロパティを使用して設定できます。

spring.jpa.database-platform

操作するターゲットデータベースの名前。デフォルトで自動検出されます。または、「データベース」列挙を使用して設定できます。

spring.jpa.defer-datasource-initialization

EntityManagerFactory Bean が作成されて初期化されるまで、DataSource の初期化を延期するかどうか。

false

spring.jpa.generate-ddl

起動時にスキーマを初期化するかどうか。

false

spring.jpa.hibernate.ddl-auto

DDL モード。これは実際には "hibernate.hbm2ddl.auto" プロパティのショートカットです。組み込みデータベースを使用し、スキーママネージャーが検出されなかった場合、デフォルトは "create-drop" です。それ以外の場合、デフォルトは "none" です。

spring.jpa.hibernate.naming.implicit-strategy

暗黙の命名戦略の完全修飾名。

spring.jpa.hibernate.naming.physical-strategy

物理ネーミング戦略の完全修飾名。

spring.jpa.mapping-resources

リソースのマッピング(persistence.xml の "mapping-file" エントリに相当)。

spring.jpa.open-in-view

OpenEntityManagerInViewInterceptor を登録します。リクエストの処理全体のために、JPA EntityManager をスレッドにバインドします。

true

spring.jpa.properties.*

JPA プロバイダーに設定する追加のネイティブプロパティ。

spring.jpa.show-sql

SQL ステートメントのロギングを有効にするかどうか。

false

spring.ldap.anonymous-read-only

読み取り専用操作で匿名環境を使用するかどうか。ユーザー名が設定されていない限り、デフォルトでは無効になっています。

spring.ldap.base

すべての操作の起点となるベースサフィックス。

spring.ldap.base-environment.*

LDAP 仕様設定。

spring.ldap.embedded.base-dn

ベース DN のリスト。

spring.ldap.embedded.credential.password

組み込み LDAP パスワード。

spring.ldap.embedded.credential.username

組み込み LDAP ユーザー名。

spring.ldap.embedded.ldif

スキーマ(LDIF)スクリプトリソース参照。

classpath:schema.ldif

spring.ldap.embedded.port

組み込み LDAP ポート。

0

spring.ldap.embedded.validation.enabled

LDAP スキーマ検証を有効にするかどうか。

true

spring.ldap.embedded.validation.schema

カスタムスキーマへのパス。

spring.ldap.password

サーバーのログインパスワード。

spring.ldap.template.ignore-name-not-found-exception

LdapTemplate を介した検索で NameNotFoundException を無視するかどうか。

false

spring.ldap.template.ignore-partial-result-exception

LdapTemplate を介した検索で PartialResultException を無視するかどうか。

false

spring.ldap.template.ignore-size-limit-exceeded-exception

LdapTemplate を介した検索で SizeLimitExceededException を無視するかどうか。

true

spring.ldap.urls

サーバーの LDAP URL。

spring.ldap.username

サーバーのログインユーザー名。

spring.neo4j.authentication.kerberos-ticket

データベースに接続するための Kerberos チケット。指定されたユーザー名と相互に排他的。

spring.neo4j.authentication.password

サーバーのログインパスワード。

spring.neo4j.authentication.realm

接続するレルム。

spring.neo4j.authentication.username

サーバーのログインユーザー。

spring.neo4j.connection-timeout

プールから接続を借用するためのタイムアウト。

30s

spring.neo4j.max-transaction-retry-time

トランザクションが再試行できる最大時間。

30s

spring.neo4j.pool.connection-acquisition-timeout

新しい接続の取得は、最大で構成されたタイムアウトで試行されます。

60s

spring.neo4j.pool.idle-time-before-connection-test

このしきい値よりも長い間プール内でアイドル状態であったプールされた接続は、再度使用される前にテストされます。

spring.neo4j.pool.log-leaked-sessions

リークしたセッションをログに記録するかどうか。

false

spring.neo4j.pool.max-connection-lifetime

このしきい値より古いプールされた接続は閉じられ、プールから削除されます。

1h

spring.neo4j.pool.max-connection-pool-size

単一のデータベースへの接続プール内の最大接続数。

100

spring.neo4j.pool.metrics-enabled

メトリクスを有効にするかどうか。

false

spring.neo4j.security.cert-file

信頼できる証明書を保持するファイルへのパス。

spring.neo4j.security.encrypted

ドライバーが暗号化されたトラフィックを使用するかどうか。

false

spring.neo4j.security.hostname-verification-enabled

ホスト名の検証が必要かどうか。

true

spring.neo4j.security.trust-strategy

使用する信頼戦略。

trust-system-ca-signed-certificates

spring.neo4j.uri

ドライバーが使用する URI。

bolt://localhost:7687

spring.r2dbc.generate-unique-name

ランダムなデータベース名を生成するかどうか。有効になっている場合、構成された名前は無視します。

false

spring.r2dbc.name

データベース名。URL に名前が指定されていない場合に設定します。組み込みデータベースを使用する場合のデフォルトは "testdb" です。

spring.r2dbc.password

データベースのログインパスワード。URL にパスワードが指定されていない場合に設定します。

spring.r2dbc.pool.enabled

プーリングが有効かどうか。r2dbc-pool が必要です。

true

spring.r2dbc.pool.initial-size

初期接続プールのサイズ。

10

spring.r2dbc.pool.max-acquire-time

プールから接続を取得する最大時間。デフォルトでは、無期限に待機します。

spring.r2dbc.pool.max-create-connection-time

新しい接続の作成を待機する最大時間。デフォルトでは、無期限に待機します。

spring.r2dbc.pool.max-idle-time

接続がプール内でアイドル状態を維持できる最大時間。

30m

spring.r2dbc.pool.max-life-time

プール内の接続の最大存続期間。デフォルトでは、接続のライフタイムは無限です。

spring.r2dbc.pool.max-size

最大接続プールサイズ。

10

spring.r2dbc.pool.max-validation-time

プールからの接続を検証する最大時間。デフォルトでは、無期限に待機します。

spring.r2dbc.pool.min-idle

アイドル状態の接続の最小数。

0

spring.r2dbc.pool.validation-depth

検証の深さ。

local

spring.r2dbc.pool.validation-query

検証クエリ。

spring.r2dbc.properties.*

追加の R2DBC オプション。

spring.r2dbc.url

データベースの R2DBC URL。URL で指定されたデータベース名、ユーザー名、パスワード、プーリングオプションは、個々のオプションよりも優先されます。

spring.r2dbc.username

データベースのログインユーザー名。URL でユーザー名が指定されていない場合に設定します。

トランザクションプロパティ

名前 説明 デフォルト値

spring.jta.enabled

JTA サポートを有効にするかどうか。

true

spring.transaction.default-timeout

デフォルトのトランザクションタイムアウト。期間の接尾辞が指定されていない場合、秒が使用されます。

spring.transaction.rollback-on-commit-failure

コミットの失敗時にロールバックするかどうか。

データ移行のプロパティ

名前 説明 デフォルト値

spring.flyway.baseline-description

ベースラインを適用するときに既存のスキーマにタグを付けるための説明。

<< Flyway Baseline >>

spring.flyway.baseline-on-migrate

空でないスキーマを移行するときにベースラインを自動的に呼び出すかどうか。

false

spring.flyway.baseline-version

ベースラインの実行時に既存のスキーマにタグ付けするバージョン。

1

spring.flyway.batch

SQL ステートメントを実行するときにバッチ処理するかどうか。Flyway チームが必要です。

spring.flyway.clean-disabled

データベースのクリーニングを無効にするかどうか。

true

spring.flyway.clean-on-validation-error

検証エラーが発生したときに clean を自動的に呼び出すかどうか。

false

spring.flyway.connect-retries

データベースへの接続試行時の再試行の最大回数。

0

spring.flyway.connect-retries-interval

データベースへの接続を試行するときの再試行間の最大時間。期間サフィックスが指定されていない場合、秒が使用されます。

120s

spring.flyway.create-schemas

Flyway が schemas プロパティで指定されたスキーマの作成を試行するかどうか。

true

spring.flyway.default-schema

Flyway で管理されるデフォルトのスキーマ名(大文字と小文字が区別されます)。

spring.flyway.detect-encoding

SQL 移行ファイルのエンコーディングを自動的に検出するかどうか。Flyway チームが必要です。

spring.flyway.driver-class-name

JDBC ドライバーの完全修飾名。デフォルトで URL に基づいて自動検出されます。

spring.flyway.enabled

flyway を有効にするかどうか。

true

spring.flyway.encoding

SQL 移行のエンコード。

UTF-8

spring.flyway.error-overrides

特定の SQL 状態とエラーコードをオーバーライドするための組み込みエラー処理のルール。Flyway チームが必要です。

spring.flyway.execute-in-transaction

Flyway がトランザクション内で SQL を実行するかどうか。

true

spring.flyway.fail-on-missing-locations

移行スクリプトの場所が存在しない場合に失敗するかどうか。

false

spring.flyway.group

保留中のすべての移行を適用するときに、同じトランザクションでグループ化するかどうか。

false

spring.flyway.ignore-migration-patterns

移行を検証するときは、このコンマ区切りのパターンリストに一致する移行を無視してください。Flyway チームが必要です。

spring.flyway.init-sqls

接続を取得した直後に初期化するために実行する SQL ステートメント。

spring.flyway.installed-by

移行を適用したとしてスキーマ履歴テーブルに記録されたユーザー名。

spring.flyway.jdbc-properties.*

JDBC ドライバーに渡すプロパティ。Flyway チームが必要です。

spring.flyway.kerberos-config-file

Kerberos 構成ファイルのパス。Flyway チームが必要です。

spring.flyway.locations

移行スクリプトの場所。ベンダー固有の場所を使用する特別な "{vendor}" プレースホルダーを含めることができます。

[classpath:db/migration]

spring.flyway.lock-retry-count

ロックを取得しようとしたときの最大再試行回数。

50

spring.flyway.loggers

Flyway が使用するロガー。

[slf4j]

spring.flyway.mixed

同じ移行内でトランザクションステートメントと非トランザクションステートメントを混在させることができるかどうか。

false

spring.flyway.oracle.kerberos-cache-file

Oracle Kerberos キャッシュファイルのパス。Flyway チームが必要です。

spring.flyway.oracle.sqlplus

Oracle SQL*Plus コマンドのサポートを有効にするかどうか。Flyway チームが必要です。

spring.flyway.oracle.sqlplus-warn

まだサポートされていない Oracle SQL*Plus ステートメントが検出されたときに、エラーではなく警告を発行するかどうか。Flyway チームが必要です。

spring.flyway.oracle.wallet-location

データベースへの自動サインインに使用される Oracle ウォレットの場所。Flyway チームが必要です。

spring.flyway.out-of-order

移行を順不同で実行できるようにするかどうか。

false

spring.flyway.output-query-results

Flyway が、移行の実行時にクエリの結果を含むテーブルを出力する必要があるかどうか。Flyway チームが必要です。

spring.flyway.password

移行するデータベースのログインパスワード。

spring.flyway.placeholder-prefix

移行スクリプトのプレースホルダーのプレフィックス。

${

spring.flyway.placeholder-replacement

移行スクリプトでプレースホルダーの置換を実行します。

true

spring.flyway.placeholder-separator

デフォルトのプレースホルダーのセパレーター。

:

spring.flyway.placeholder-suffix

移行スクリプトのプレースホルダーのサフィックス。

}

spring.flyway.placeholders.*

SQL 移行スクリプトに適用するプレースホルダーとその置換。

spring.flyway.postgresql.transactional-lock

トランザクション勧告ロックを使用するかどうか。false に設定すると、代わりにセッションレベルのロックが使用されます。

spring.flyway.repeatable-sql-migration-prefix

繰り返し可能な SQL 移行のファイル名プレフィックス。

R

spring.flyway.schemas

Flyway で管理されるスキーム名(大文字と小文字が区別されます)。

spring.flyway.script-placeholder-prefix

移行スクリプトのプレースホルダーのプレフィックス。

FP__

spring.flyway.script-placeholder-suffix

移行スクリプトのプレースホルダーのサフィックス。

__

spring.flyway.skip-default-callbacks

デフォルトのコールバックをスキップするかどうか。true の場合、カスタムコールバックのみが使用されます。

false

spring.flyway.skip-default-resolvers

デフォルトのリゾルバーをスキップするかどうか。true の場合、カスタムリゾルバーのみが使用されます。

false

spring.flyway.skip-executing-migrations

Flyway が移行の内容の実行をスキップし、スキーマ履歴テーブルのみを更新する必要があるかどうか。Flyway チームが必要です。

spring.flyway.sql-migration-prefix

SQL 移行のファイル名プレフィックス。

V

spring.flyway.sql-migration-separator

SQL 移行のファイル名セパレータ。

__

spring.flyway.sql-migration-suffixes

SQL 移行のファイル名サフィックス。

[.sql]

spring.flyway.sqlserver.kerberos-login-file

SQL Server Kerberos ログインファイルへのパス。Flyway チームが必要です。

spring.flyway.stream

SQL 移行を実行するときにストリーミングするかどうか。Flyway チームが必要です。

spring.flyway.table

Flyway によって使用されるスキーマ履歴テーブルの名前。

flyway_schema_history

spring.flyway.tablespace

スキーマ履歴テーブルが作成されるテーブルスペース。表領域をサポートしないデータベースを使用する場合は無視されます。デフォルトは、Flyway が使用する接続のデフォルトのテーブルスペースです。

spring.flyway.target

移行を検討する必要があるターゲットバージョン。

latest

spring.flyway.url

移行するデータベースの JDBC URL。設定されていない場合、設定済みのプライマリデータソースが使用されます。

spring.flyway.user

移行するデータベースのログインユーザー。

spring.flyway.validate-migration-naming

スクリプトが正しい命名規則に従っていない移行とコールバックを検証するかどうか。

false

spring.flyway.validate-on-migrate

移行の実行時に validate を自動的に呼び出すかどうか。

true

spring.liquibase.change-log

ログ構成パスを変更します。

classpath:/db/changelog/db.changelog-master.yaml

spring.liquibase.clear-checksums

現在の変更ログのすべてのチェックサムをクリアして、次の更新時に再計算されるようにするかどうか。

false

spring.liquibase.contexts

使用するランタイムコンテキストのカンマ区切りリスト。

spring.liquibase.database-change-log-lock-table

同時 Liquibase 使用状況を追跡するために使用するテーブルの名前。

DATABASECHANGELOGLOCK

spring.liquibase.database-change-log-table

変更履歴の追跡に使用するテーブルの名前。

DATABASECHANGELOG

spring.liquibase.default-schema

デフォルトのデータベーススキーマ。

spring.liquibase.driver-class-name

JDBC ドライバーの完全修飾名。デフォルトで URL に基づいて自動検出されます。

spring.liquibase.drop-first

最初にデータベーススキーマを削除するかどうか。

false

spring.liquibase.enabled

Liquibase サポートを有効にするかどうか。

true

spring.liquibase.label-filter

使用するランタイムラベルのカンマ区切りリスト。

spring.liquibase.liquibase-schema

Liquibase オブジェクトに使用するスキーマ。

spring.liquibase.liquibase-tablespace

Liquibase オブジェクトに使用する表領域。

spring.liquibase.parameters.*

ログパラメーターを変更します。

spring.liquibase.password

移行するデータベースのログインパスワード。

spring.liquibase.rollback-file

更新の実行時にロールバック SQL が書き込まれるファイル。

spring.liquibase.show-summary

更新操作の概要を出力するかどうか。

summary

spring.liquibase.show-summary-output

更新操作の概要を出力する場所。

log

spring.liquibase.tag

データベースの変更を適用するときに使用するタグ名。"rollbackFile" とともに使用して、そのタグに関連付けられている既存のすべての変更のロールバックスクリプトを生成することもできます。

spring.liquibase.test-rollback-on-update

更新を実行する前にロールバックをテストする必要があるかどうか。

false

spring.liquibase.ui-service

どの UIService を使用するか。

logger

spring.liquibase.url

移行するデータベースの JDBC URL。設定されていない場合、設定済みのプライマリデータソースが使用されます。

spring.liquibase.user

移行するデータベースのログインユーザー。

spring.sql.init.continue-on-error

エラーが発生したときに初期化を続行するかどうか。

false

spring.sql.init.data-locations

データベースに適用するデータ(DML)スクリプトの場所。

spring.sql.init.encoding

スキーマとデータスクリプトのエンコーディング。

spring.sql.init.mode

初期化を実行するかどうかを決定するときに適用するモード。

embedded

spring.sql.init.password

初期化スクリプトを適用するときに使用するデータベースのパスワード(異なる場合)。

spring.sql.init.platform

デフォルトのスキーマまたはデータスクリプトの場所である schema-${platform}.sql および data-${platform}.sql で使用するプラットフォーム。

all

spring.sql.init.schema-locations

データベースに適用するスキーマ(DDL)スクリプトの場所。

spring.sql.init.separator

スキーマおよびデータスクリプトのステートメントセパレータ。

;

spring.sql.init.username

初期化スクリプトを適用するときに使用するデータベースのユーザー名(異なる場合)。

統合プロパティ

名前 説明 デフォルト値

spring.activemq.broker-url

ActiveMQ ブローカーの URL。デフォルトで自動生成されます。

spring.activemq.close-timeout

完了を検討する前に待つ時間。

15s

spring.activemq.non-blocking-redelivery

ロールバックされたトランザクションからメッセージを再配信する前にメッセージ配信を停止するかどうか。これは、これが有効になっている場合、メッセージの順序が保持されないことを意味します。

false

spring.activemq.packages.trust-all

すべてのパッケージを信頼するかどうか。

spring.activemq.packages.trusted

信頼する特定のパッケージのコンマ区切りリスト(すべてのパッケージを信頼していない場合)。

spring.activemq.password

ブローカーのログインパスワード。

spring.activemq.pool.block-if-full

接続がリクエストされ、プールがいっぱいになったときにブロックするかどうか。代わりに false に設定して、"JMSException" をスローします。

true

spring.activemq.pool.block-if-full-timeout

プールがまだいっぱいの場合に例外をスローする前のブロック期間。

-1ms

spring.activemq.pool.enabled

通常の ConnectionFactory ではなく、JmsPoolConnectionFactory を作成するかどうか。

false

spring.activemq.pool.idle-timeout

接続アイドルタイムアウト。

30s

spring.activemq.pool.max-connections

プールされた接続の最大数。

1

spring.activemq.pool.max-sessions-per-connection

プール内の接続ごとのプールされたセッションの最大数。

500

spring.activemq.pool.time-between-expiration-check

アイドル接続削除スレッドの実行間のスリープ時間。負の場合、アイドル接続削除スレッドは実行されません。

-1ms

spring.activemq.pool.use-anonymous-producers

1 つの匿名 "MessageProducer" インスタンスのみを使用するかどうか。false に設定すると、"MessageProducer" が必要になるたびに 1 つ作成されます。

true

spring.activemq.send-timeout

レスポンスを送信するメッセージを待機する時間。0 に設定すると、永遠に待機します。

0ms

spring.activemq.user

ブローカーのログインユーザー。

spring.artemis.broker-url

Artemis ブローカーの URL。

tcp://localhost:61616

spring.artemis.embedded.cluster-password

クラスターのパスワード。デフォルトでは、起動時にランダムに生成されます。

spring.artemis.embedded.data-directory

ジャーナルファイルディレクトリ。永続性がオフになっている場合は必要ありません。

spring.artemis.embedded.enabled

Artemis サーバー API が利用可能な場合、埋め込みモードを有効にするかどうか。

true

spring.artemis.embedded.persistent

永続ストアを有効にするかどうか。

false

spring.artemis.embedded.queues

起動時に作成するキューのカンマ区切りリスト。

[]

spring.artemis.embedded.server-id

サーバー ID。デフォルトでは、自動インクリメントカウンターが使用されます。

0

spring.artemis.embedded.topics

起動時に作成するトピックのカンマ区切りリスト。

[]

spring.artemis.mode

Artemis デプロイモード、デフォルトで自動検出。

spring.artemis.password

ブローカーのログインパスワード。

spring.artemis.pool.block-if-full

接続がリクエストされ、プールがいっぱいになったときにブロックするかどうか。代わりに false に設定して、"JMSException" をスローします。

true

spring.artemis.pool.block-if-full-timeout

プールがまだいっぱいの場合に例外をスローする前のブロック期間。

-1ms

spring.artemis.pool.enabled

通常の ConnectionFactory ではなく、JmsPoolConnectionFactory を作成するかどうか。

false

spring.artemis.pool.idle-timeout

接続アイドルタイムアウト。

30s

spring.artemis.pool.max-connections

プールされた接続の最大数。

1

spring.artemis.pool.max-sessions-per-connection

プール内の接続ごとのプールされたセッションの最大数。

500

spring.artemis.pool.time-between-expiration-check

アイドル接続削除スレッドの実行間のスリープ時間。負の場合、アイドル接続削除スレッドは実行されません。

-1ms

spring.artemis.pool.use-anonymous-producers

1 つの匿名 "MessageProducer" インスタンスのみを使用するかどうか。false に設定すると、"MessageProducer" が必要になるたびに 1 つ作成されます。

true

spring.artemis.user

ブローカーのログインユーザー。

spring.batch.jdbc.initialize-schema

データベーススキーマ初期化モード。

embedded

spring.batch.jdbc.isolation-level-for-create

新しいジョブのジョブメタデータを作成するときに使用するトランザクション分離レベル。

spring.batch.jdbc.platform

@@platform@@ プレースホルダーが使用されている場合に、初期化スクリプトで使用するプラットフォーム。デフォルトで自動検出されます。

spring.batch.jdbc.schema

データベーススキーマの初期化に使用する SQL ファイルへのパス。

classpath:org/springframework/batch/core/schema-@@platform@@.sql

spring.batch.jdbc.table-prefix

すべてのバッチメタデータテーブルのテーブルプレフィックス。

spring.batch.job.enabled

起動時にコンテキスト内のすべての Spring Batch ジョブを実行します。

true

spring.batch.job.name

起動時に実行するジョブ名。コンテキストで複数のジョブが見つかった場合は指定する必要があります。

spring.hazelcast.config

Hazelcast を初期化するために使用する構成ファイルの場所。

spring.integration.channel.auto-create

必要に応じて入力チャンネルを作成するかどうか。

true

spring.integration.channel.max-broadcast-subscribers

たとえば、"PublishSubscribeChannel" で許可されるデフォルトのサブスクライバー数。

spring.integration.channel.max-unicast-subscribers

たとえば、"DirectChannel" で許可されるデフォルトのサブスクライバー数。

spring.integration.endpoint.default-timeout

メッセージの送信や受信などの操作をブロックするためのデフォルトのタイムアウト。

30s

spring.integration.endpoint.no-auto-startup

エンドポイント Bean のコンマ区切りのリストは、アプリケーションの起動時に自動的に開始されるべきではないパターンに名前を付けます。

spring.integration.endpoint.read-only-headers

ヘッダーのコピー操作中にメッセージインスタンスに入力してはならないメッセージヘッダー名のコンマ区切りのリスト。

spring.integration.endpoint.throw-exception-on-late-reply

ゲートウェイが応答を予期しなくなったときに例外をスローするかどうか。

false

spring.integration.error.ignore-failures

グローバル "errorChannel" の 1 つ以上のハンドラーの失敗を無視するかどうか。

true

spring.integration.error.require-subscribers

サブスクライバーがいない場合に、グローバル 'errorChannel' のメッセージを確認なしで無視しないかどうか。

true

spring.integration.jdbc.initialize-schema

データベーススキーマ初期化モード。

embedded

spring.integration.jdbc.platform

@@platform@@ プレースホルダーが使用されている場合に、初期化スクリプトで使用するプラットフォーム。デフォルトで自動検出されます。

spring.integration.jdbc.schema

データベーススキーマの初期化に使用する SQL ファイルへのパス。

classpath:org/springframework/integration/jdbc/schema-@@platform@@.sql

spring.integration.management.default-logging-enabled

Spring Integration コンポーネントがメインメッセージフローでロギングを実行する必要があるかどうか。無効にすると、そのようなログはログレベルをチェックせずにスキップされます。有効にすると、このようなロギングは、ロギングシステムのログレベル構成によって通常どおりに制御されます。

true

spring.integration.management.observation-patterns

Spring Integration コンポーネントの名前と照合する単純なパターンのカンマ区切りリスト。一致すると、コンポーネントの観測機器が実行されます。パターン構文の詳細については、Spring Integration の PatternMatchUtils の smartMatch メソッドの javadoc を参照してください。

spring.integration.poller.cron

ポーリング用の cron 式。'fixedDelay' および 'fixedRate' と相互に排他的です。

spring.integration.poller.fixed-delay

ポーリング遅延期間。'cron' および 'fixedRate' と相互に排他的です。

spring.integration.poller.fixed-rate

ポーリングレート期間。'fixedDelay' および 'cron' と相互に排他的です。

spring.integration.poller.initial-delay

ポーリングの初期遅延。'fixedDelay' および 'fixedRate' に適用されます。'cron' では無視されます。

spring.integration.poller.max-messages-per-poll

ポーリングサイクルごとにポーリングするメッセージの最大数。

spring.integration.poller.receive-timeout

ポーリングでメッセージを待機する時間。

1s

spring.integration.rsocket.client.host

接続する TCP RSocket サーバーホスト。

spring.integration.rsocket.client.port

接続する TCP RSocket サーバーポート。

spring.integration.rsocket.client.uri

接続する WebSocket RSocket サーバー uri。

spring.integration.rsocket.server.message-mapping-enabled

Spring Integration を介して RSocket のメッセージマッピングを処理するかどうか。

false

spring.jms.cache.consumers

メッセージコンシューマーをキャッシュするかどうか。

false

spring.jms.cache.enabled

セッションをキャッシュするかどうか。

true

spring.jms.cache.producers

メッセージプロデューサーをキャッシュするかどうか。

true

spring.jms.cache.session-cache-size

セッションキャッシュのサイズ(JMS セッション型ごと)。

1

spring.jms.client-id

接続のクライアント ID。

spring.jms.jndi-name

接続ファクトリの JNDI 名。設定すると、他の接続ファクトリ自動構成よりも優先されます。

spring.jms.listener.auto-startup

起動時にコンテナーを自動的に起動します。

true

spring.jms.listener.max-concurrency

同時コンシューマーの最大数。

spring.jms.listener.min-concurrency

同時コンシューマーの最小数。max-concurrency が指定されていない場合は、最小値が最大値としても使用されます。

spring.jms.listener.receive-timeout

受信呼び出しに使用するタイムアウト。待機なし受信の場合は -1 を使用し、タイムアウトなしの場合は 0 を使用します。後者は、トランザクションマネージャー内で実行されていない場合にのみ実行可能であり、クリーンシャットダウンを妨げるため、一般的には推奨されません。

1s

spring.jms.listener.session.acknowledge-mode

リスナーコンテナーの確認モード。

auto

spring.jms.listener.session.transacted

リスナーコンテナーがトランザクションされた JMS セッションを使用するかどうか。デフォルトは、JtaTransactionManager が存在する場合は false、それ以外の場合は true です。

spring.jms.pub-sub-domain

デフォルトの宛先型がトピックかどうか。

false

spring.jms.subscription-durable

サブスクリプションが永続的かどうか。

false

spring.jms.template.default-destination

宛先パラメーターを持たない送受信操作で使用するデフォルトの宛先。

spring.jms.template.delivery-delay

コールの送信に使用する配信遅延。

spring.jms.template.delivery-mode

配信モード。設定時に QoS(サービスの品質)を有効にします。

spring.jms.template.priority

送信時のメッセージの優先度。設定時に QoS(サービスの品質)を有効にします。

spring.jms.template.qos-enabled

メッセージを送信するときに明示的な QoS(サービス品質)を有効にするかどうか。有効にすると、メッセージを送信するときに配信モード、優先度、有効期間プロパティが使用されます。これらの設定の少なくとも 1 つがカスタマイズされると、QoS は自動的に有効になります。

spring.jms.template.receive-timeout

受信呼び出しに使用するタイムアウト。

spring.jms.template.session.acknowledge-mode

セッションの作成時に使用される確認モード。

auto

spring.jms.template.session.transacted

トランザクションセッションを使用するかどうか。

false

spring.jms.template.time-to-live

送信時のメッセージの生存時間。設定時に QoS(サービスの品質)を有効にします。

spring.kafka.admin.auto-create

コンテキストの初期化中にトピックを自動的に作成するかどうか。false に設定すると、コンテキストの初期化中のトピックの自動作成が無効になります。

true

spring.kafka.admin.client-id

リクエストを行うときにサーバーに渡す ID。サーバー側のロギングに使用されます。

spring.kafka.admin.close-timeout

クローズタイムアウト。

spring.kafka.admin.fail-fast

起動時にブローカーが利用できない場合に高速で失敗するかどうか。

false

spring.kafka.admin.modify-topic-configs

既存のトピック構成の変更を有効にするかどうか。

false

spring.kafka.admin.operation-timeout

操作がタイムアウトしました。

spring.kafka.admin.properties.*

クライアントの構成に使用される追加の管理者固有のプロパティ。

spring.kafka.admin.security.protocol

ブローカーとの通信に使用されるセキュリティプロトコル。

spring.kafka.admin.ssl.bundle

使用する SSL バンドルの名前。

spring.kafka.admin.ssl.key-password

キーストアキーまたはキーストアファイルのいずれかの秘密キーのパスワード。

spring.kafka.admin.ssl.key-store-certificate-chain

X.509 証明書のリストを含む PEM 形式の証明書チェーン。

spring.kafka.admin.ssl.key-store-key

PKCS#8 キーを使用した PEM 形式の秘密キー。

spring.kafka.admin.ssl.key-store-location

キーストアファイルの場所。

spring.kafka.admin.ssl.key-store-password

キーストアファイルのストアパスワード。

spring.kafka.admin.ssl.key-store-type

キーストアの型。

spring.kafka.admin.ssl.protocol

使用する SSL プロトコル。

spring.kafka.admin.ssl.trust-store-certificates

X.509 証明書を使用した PEM 形式の信頼できる証明書。

spring.kafka.admin.ssl.trust-store-location

トラストストアファイルの場所。

spring.kafka.admin.ssl.trust-store-password

トラストストアファイルのストアパスワード。

spring.kafka.admin.ssl.trust-store-type

トラストストアの型。

spring.kafka.bootstrap-servers

Kafka クラスターへの初期接続を確立するために使用する host:port ペアのコンマ区切りリスト。オーバーライドしない限り、すべてのコンポーネントに適用されます。

spring.kafka.client-id

リクエストを行うときにサーバーに渡す ID。サーバー側のロギングに使用されます。

spring.kafka.consumer.auto-commit-interval

"enable.auto.commit" が true に設定されている場合、コンシューマーオフセットが Kafka に自動コミットされる頻度。

spring.kafka.consumer.auto-offset-reset

Kafka に初期オフセットがない場合、または現在のオフセットがサーバーに存在しない場合の対処方法。

spring.kafka.consumer.bootstrap-servers

Kafka クラスターへの初期接続を確立するために使用する host:port ペアのコンマ区切りリスト。コンシューマーのグローバルプロパティをオーバーライドします。

spring.kafka.consumer.client-id

リクエストを行うときにサーバーに渡す ID。サーバー側のロギングに使用されます。

spring.kafka.consumer.enable-auto-commit

コンシューマーのオフセットがバックグラウンドで定期的にコミットされるかどうか。

spring.kafka.consumer.fetch-max-wait

"fetch-min-size" で指定された要件をすぐに満たすのに十分なデータがない場合に、サーバーがフェッチリクエストに応答する前にブロックする最大時間。

spring.kafka.consumer.fetch-min-size

サーバーがフェッチリクエストに対して返す必要があるデータの最小量。

spring.kafka.consumer.group-id

このコンシューマーが属するコンシューマーグループを識別する一意の文字列。

spring.kafka.consumer.heartbeat-interval

コンシューマーコーディネーターへのハートビート間の予想時間。

spring.kafka.consumer.isolation-level

トランザクションで書き込まれたメッセージを読み取るための分離レベル。

read-uncommitted

spring.kafka.consumer.key-deserializer

キーのデシリアライザークラス。

spring.kafka.consumer.max-poll-records

poll() の 1 回の呼び出しで返されるレコードの最大数。

spring.kafka.consumer.properties.*

クライアントの構成に使用される追加のコンシューマー固有のプロパティ。

spring.kafka.consumer.security.protocol

ブローカーとの通信に使用されるセキュリティプロトコル。

spring.kafka.consumer.ssl.bundle

使用する SSL バンドルの名前。

spring.kafka.consumer.ssl.key-password

キーストアキーまたはキーストアファイルのいずれかの秘密キーのパスワード。

spring.kafka.consumer.ssl.key-store-certificate-chain

X.509 証明書のリストを含む PEM 形式の証明書チェーン。

spring.kafka.consumer.ssl.key-store-key

PKCS#8 キーを使用した PEM 形式の秘密キー。

spring.kafka.consumer.ssl.key-store-location

キーストアファイルの場所。

spring.kafka.consumer.ssl.key-store-password

キーストアファイルのストアパスワード。

spring.kafka.consumer.ssl.key-store-type

キーストアの型。

spring.kafka.consumer.ssl.protocol

使用する SSL プロトコル。

spring.kafka.consumer.ssl.trust-store-certificates

X.509 証明書を使用した PEM 形式の信頼できる証明書。

spring.kafka.consumer.ssl.trust-store-location

トラストストアファイルの場所。

spring.kafka.consumer.ssl.trust-store-password

トラストストアファイルのストアパスワード。

spring.kafka.consumer.ssl.trust-store-type

トラストストアの型。

spring.kafka.consumer.value-deserializer

値のデシリアライザークラス。

spring.kafka.jaas.control-flag

ログイン構成の制御フラグ。

required

spring.kafka.jaas.enabled

JAAS 構成を有効にするかどうか。

false

spring.kafka.jaas.login-module

ログインモジュール。

com.sun.security.auth.module.Krb5LoginModule

spring.kafka.jaas.options.*

追加の JAAS オプション。

spring.kafka.listener.ack-count

ackMode が "COUNT" または "COUNT_TIME" の場合のオフセットコミット間のレコード数。

spring.kafka.listener.ack-mode

リスナー AckMode。spring-kafka のドキュメントを参照してください。

spring.kafka.listener.ack-time

ackMode が "TIME" または "COUNT_TIME" の場合のオフセットコミット間の時間。

spring.kafka.listener.async-acks

非同期レコード確認応答のサポート。spring.kafka.listener.ack-mode が手動または手動即時である場合にのみ適用されます。

spring.kafka.listener.auto-startup

コンテナーを自動起動するかどうか。

true

spring.kafka.listener.change-consumer-thread-name

初期化中にコンシューマースレッド名を変更するようにコンテナーに指示するかどうか。

spring.kafka.listener.client-id

リスナーのコンシューマー client.id プロパティのプレフィックス。

spring.kafka.listener.concurrency

リスナーコンテナーで実行するスレッドの数。

spring.kafka.listener.idle-between-polls

Consumer.poll(Duration)呼び出し間のスリープ間隔。

0

spring.kafka.listener.idle-event-interval

アイドル状態のコンシューマーイベントを公開する間隔(データを受信しない)。

spring.kafka.listener.idle-partition-event-interval

アイドル状態のパーティションコンシューマーイベントを公開するまでの時間(パーティションのデータは受信されません)。

spring.kafka.listener.immediate-stop

現在のレコードが処理された後、または前のポーリングのすべてのレコードが処理された後にコンテナーが停止するかどうか。

false

spring.kafka.listener.log-container-config

初期化中にコンテナー構成を記録するかどうか(INFO レベル)。

spring.kafka.listener.missing-topics-fatal

構成されたトピックの少なくとも 1 つがブローカーに存在しない場合に、コンテナーの起動に失敗するかどうか。

false

spring.kafka.listener.monitor-interval

応答しないコンシューマーのチェック間隔。期間の接尾辞が指定されていない場合、秒が使用されます。

spring.kafka.listener.no-poll-threshold

"pollTimeout" に適用される乗数は、コンシューマーが応答しないかどうかを判断します。

spring.kafka.listener.observation-enabled

観察を有効にするかどうか。

false

spring.kafka.listener.poll-timeout

コンシューマーをポーリングするときに使用するタイムアウト。

spring.kafka.listener.type

リスナーの型。

single

spring.kafka.producer.acks

リクエストが完了したと見なす前に、プロデューサーがリーダーに受け取ったことをリクエストする確認応答の数。

spring.kafka.producer.batch-size

デフォルトのバッチサイズ。バッチサイズが小さいと、バッチ処理の頻度が低くなり、スループットが低下する場合があります(バッチサイズがゼロの場合、バッチ処理は完全に無効になります)。

spring.kafka.producer.bootstrap-servers

Kafka クラスターへの初期接続を確立するために使用する host:port ペアのコンマ区切りリスト。プロデューサーのグローバルプロパティをオーバーライドします。

spring.kafka.producer.buffer-memory

プロデューサーがサーバーへの送信を待機しているレコードをバッファリングするために使用できる合計メモリサイズ。

spring.kafka.producer.client-id

リクエストを行うときにサーバーに渡す ID。サーバー側のロギングに使用されます。

spring.kafka.producer.compression-type

プロデューサーによって生成されたすべてのデータの圧縮型。

spring.kafka.producer.key-serializer

キーのシリアライザークラス。

spring.kafka.producer.properties.*

クライアントの構成に使用される追加のプロデューサー固有のプロパティ。

spring.kafka.producer.retries

ゼロより大きい場合、失敗した送信の再試行を有効にします。

spring.kafka.producer.security.protocol

ブローカーとの通信に使用されるセキュリティプロトコル。

spring.kafka.producer.ssl.bundle

使用する SSL バンドルの名前。

spring.kafka.producer.ssl.key-password

キーストアキーまたはキーストアファイルのいずれかの秘密キーのパスワード。

spring.kafka.producer.ssl.key-store-certificate-chain

X.509 証明書のリストを含む PEM 形式の証明書チェーン。

spring.kafka.producer.ssl.key-store-key

PKCS#8 キーを使用した PEM 形式の秘密キー。

spring.kafka.producer.ssl.key-store-location

キーストアファイルの場所。

spring.kafka.producer.ssl.key-store-password

キーストアファイルのストアパスワード。

spring.kafka.producer.ssl.key-store-type

キーストアの型。

spring.kafka.producer.ssl.protocol

使用する SSL プロトコル。

spring.kafka.producer.ssl.trust-store-certificates

X.509 証明書を使用した PEM 形式の信頼できる証明書。

spring.kafka.producer.ssl.trust-store-location

トラストストアファイルの場所。

spring.kafka.producer.ssl.trust-store-password

トラストストアファイルのストアパスワード。

spring.kafka.producer.ssl.trust-store-type

トラストストアの型。

spring.kafka.producer.transaction-id-prefix

空でない場合、プロデューサーのトランザクションサポートを有効にします。

spring.kafka.producer.value-serializer

値のシリアライザークラス。

spring.kafka.properties.*

クライアントの構成に使用される、プロデューサーとコンシューマーに共通の追加プロパティ。

spring.kafka.retry.topic.attempts

メッセージを DLT に送信する前に行われた処理試行の総数。

3

spring.kafka.retry.topic.delay

正規のバックオフ期間。指数の場合は初期値として、均一の場合は最小値として使用されます。

1s

spring.kafka.retry.topic.enabled

トピックベースのノンブロッキング再試行を有効にするかどうか。

false

spring.kafka.retry.topic.max-delay

再試行間の最大待機。遅延よりも短い場合は、デフォルトの 30 秒が適用されます。

0

spring.kafka.retry.topic.multiplier

次のバックオフ遅延を生成するために使用する乗数。

0

spring.kafka.retry.topic.random-back-off

バックオフ遅延があるかどうか。

false

spring.kafka.security.protocol

ブローカーとの通信に使用されるセキュリティプロトコル。

spring.kafka.ssl.bundle

使用する SSL バンドルの名前。

spring.kafka.ssl.key-password

キーストアキーまたはキーストアファイルのいずれかの秘密キーのパスワード。

spring.kafka.ssl.key-store-certificate-chain

X.509 証明書のリストを含む PEM 形式の証明書チェーン。

spring.kafka.ssl.key-store-key

PKCS#8 キーを使用した PEM 形式の秘密キー。

spring.kafka.ssl.key-store-location

キーストアファイルの場所。

spring.kafka.ssl.key-store-password

キーストアファイルのストアパスワード。

spring.kafka.ssl.key-store-type

キーストアの型。

spring.kafka.ssl.protocol

使用する SSL プロトコル。

spring.kafka.ssl.trust-store-certificates

X.509 証明書を使用した PEM 形式の信頼できる証明書。

spring.kafka.ssl.trust-store-location

トラストストアファイルの場所。

spring.kafka.ssl.trust-store-password

トラストストアファイルのストアパスワード。

spring.kafka.ssl.trust-store-type

トラストストアの型。

spring.kafka.streams.application-id

Kafka は application.id プロパティをストリーミングします。デフォルトの spring.application.name。

spring.kafka.streams.auto-startup

ストリームファクトリ Bean を自動起動するかどうか。

true

spring.kafka.streams.bootstrap-servers

Kafka クラスターへの初期接続を確立するために使用する host:port ペアのコンマ区切りリスト。ストリームのグローバルプロパティをオーバーライドします。

spring.kafka.streams.cleanup.on-shutdown

シャットダウン時にアプリケーションのローカル状態ディレクトリをクリーンアップします。

false

spring.kafka.streams.cleanup.on-startup

起動時にアプリケーションのローカル状態ディレクトリをクリーンアップします。

false

spring.kafka.streams.client-id

リクエストを行うときにサーバーに渡す ID。サーバー側のロギングに使用されます。

spring.kafka.streams.properties.*

ストリームの構成に使用される追加の Kafka プロパティ。

spring.kafka.streams.replication-factor

ストリーム処理アプリケーションによって作成された変更ログトピックおよび再パーティショントピックのレプリケーション係数。

spring.kafka.streams.security.protocol

ブローカーとの通信に使用されるセキュリティプロトコル。

spring.kafka.streams.ssl.bundle

使用する SSL バンドルの名前。

spring.kafka.streams.ssl.key-password

キーストアキーまたはキーストアファイルのいずれかの秘密キーのパスワード。

spring.kafka.streams.ssl.key-store-certificate-chain

X.509 証明書のリストを含む PEM 形式の証明書チェーン。

spring.kafka.streams.ssl.key-store-key

PKCS#8 キーを使用した PEM 形式の秘密キー。

spring.kafka.streams.ssl.key-store-location

キーストアファイルの場所。

spring.kafka.streams.ssl.key-store-password

キーストアファイルのストアパスワード。

spring.kafka.streams.ssl.key-store-type

キーストアの型。

spring.kafka.streams.ssl.protocol

使用する SSL プロトコル。

spring.kafka.streams.ssl.trust-store-certificates

X.509 証明書を使用した PEM 形式の信頼できる証明書。

spring.kafka.streams.ssl.trust-store-location

トラストストアファイルの場所。

spring.kafka.streams.ssl.trust-store-password

トラストストアファイルのストアパスワード。

spring.kafka.streams.ssl.trust-store-type

トラストストアの型。

spring.kafka.streams.state-dir

状態ストアのディレクトリの場所。

spring.kafka.streams.state-store-cache-max-size

すべてのスレッドにわたるメモリ内状態ストアキャッシュの最大サイズ。

spring.kafka.template.default-topic

メッセージが送信されるデフォルトのトピック。

spring.kafka.template.observation-enabled

観察を有効にするかどうか。

false

spring.kafka.template.transaction-id-prefix

トランザクション ID プレフィックス、プロデューサーファクトリのトランザクション ID プレフィックスをオーバーライドします。

spring.pulsar.admin.authentication.param.*

パラメーター名とパラメーター値のマップとしての認証パラメーター。

spring.pulsar.admin.authentication.plugin-class-name

認証プラグインの完全修飾クラス名。

spring.pulsar.admin.connection-timeout

サーバーへの接続が確立されるまでの待機時間。

1m

spring.pulsar.admin.read-timeout

あらゆるリクエストに対するサーバーレスポンスの読み取りタイムアウト。

1m

spring.pulsar.admin.request-timeout

あらゆるリクエストに対するサーバーリクエストのタイムアウト。

5m

spring.pulsar.admin.service-url

Pulsar 形式 "(http | https)://host:port'" の管理エンドポイントの Web URL。

http://localhost:8080

spring.pulsar.client.authentication.param.*

パラメーター名とパラメーター値のマップとしての認証パラメーター。

spring.pulsar.client.authentication.plugin-class-name

認証プラグインの完全修飾クラス名。

spring.pulsar.client.connection-timeout

ブローカーへの接続が確立されるまでの待機時間。

10s

spring.pulsar.client.failover.backup-clusters

バックアップクラスターのリスト。バックアップクラスターは、指定されたリストの順序で選択されます。すべてのバックアップクラスターが使用可能な場合、Pulsar クライアントは最初のバックアップクラスターを選択します。

spring.pulsar.client.failover.check-interval

プローブタスクを実行する頻度。

spring.pulsar.client.failover.delay

Pulsar クライアントがプライマリクラスターからバックアップクラスターに切り替わるまでの遅延。

spring.pulsar.client.failover.policy

クラスターフェイルオーバーポリシー。

order

spring.pulsar.client.failover.switch-back-delay

Pulsar クライアントがバックアップクラスターからプライマリクラスターに切り替わるまでの遅延。

spring.pulsar.client.lookup-timeout

クライアント検索のタイムアウト。

spring.pulsar.client.operation-timeout

クライアント操作のタイムアウト。

30s

spring.pulsar.client.service-url

"(pulsar | pulsar+ssl)://host:port'" 形式の Pulsar サービス URL。

pulsar://localhost:6650

spring.pulsar.consumer.dead-letter-policy.dead-letter-topic

失敗したメッセージが送信されるデッドトピックの名前。

spring.pulsar.consumer.dead-letter-policy.initial-subscription-name

デッドレタートピックの最初のサブスクリプションの名前。設定されていない場合、最初のサブスクリプションは作成されません。ただし、プロパティが設定されている場合は、ブローカーの "allowAutoSubscriptionCreation" を有効にする必要があります。有効にしないと、DLQ プロデューサーは失敗します。

spring.pulsar.consumer.dead-letter-policy.max-redeliver-count

メッセージがデッドレターキューに送信されるまでに再配信される最大回数。

0

spring.pulsar.consumer.dead-letter-policy.retry-letter-topic

失敗したメッセージが送信される再試行トピックの名前。

spring.pulsar.consumer.name

トピック統計から特定のコンシューマーを識別するためのコンシューマー名。

spring.pulsar.consumer.priority-level

共有サブスクリプション利用者の優先レベル。

0

spring.pulsar.consumer.read-compacted

完全なメッセージバックログではなく、圧縮されたトピックからメッセージを読み取るかどうか。

false

spring.pulsar.consumer.retry-enable

メッセージを自動再試行するかどうか。

false

spring.pulsar.consumer.subscription.initial-position

新しく作成されたサブスクリプションを初期化する場所を指定します。

spring.pulsar.consumer.subscription.mode

トピックを購読するときに使用される購読モード。

spring.pulsar.consumer.subscription.name

コンシューマーのサブスクリプション名。

spring.pulsar.consumer.subscription.topics-mode

パターンサブスクリプションを使用する場合、コンシューマーがどの型のトピック (永続、非永続、すべて) をサブスクライブする必要があるかを決定します。

spring.pulsar.consumer.subscription.type

トピックを購読するときに使用される購読型。

spring.pulsar.consumer.topics

コンシューマーが購読するトピック。

spring.pulsar.consumer.topics-pattern

コンシューマーが購読するトピックのパターン。

spring.pulsar.defaults.type-mappings

マップされた型のメッセージを生成または消費するときにトピック名やスキーマが明示的に指定されていない場合にデフォルトとして使用する、メッセージ型からトピック名およびスキーマ情報へのマッピングのリスト。

spring.pulsar.function.enabled

機能サポートを有効にするかどうか。

true

spring.pulsar.function.fail-fast

障害が発生した場合に、以降の関数の作成 / 更新の処理を停止するかどうか。

true

spring.pulsar.function.propagate-failures

関数の作成 / 更新中にサーバーの起動中に障害が発生した場合に例外をスローするかどうか。

true

spring.pulsar.function.propagate-stop-failures

関数に停止ポリシーを適用しているときにサーバーのシャットダウン中に障害が発生した場合に例外をスローするかどうか。

false

spring.pulsar.listener.observation-enabled

Observations API が利用可能で、クライアントがそれをサポートしている場合に、観察を記録するかどうか。

false

spring.pulsar.listener.schema-type

消費されたメッセージの SchemaType。

spring.pulsar.producer.access-mode

プロデューサーが必要とするトピックへのアクセスの型。

spring.pulsar.producer.batching-enabled

メッセージを自動的にバッチ処理するかどうか。

true

spring.pulsar.producer.cache.enabled

PulsarProducerFactory でキャッシュを有効にするかどうか。

true

spring.pulsar.producer.cache.expire-after-access

キャッシュ内の未使用のエントリが期限切れになるまでの期間。

1m

spring.pulsar.producer.cache.initial-capacity

キャッシュの初期サイズ。

50

spring.pulsar.producer.cache.maximum-size

キャッシュ (エントリ) の最大サイズ。

1000

spring.pulsar.producer.chunking-enabled

大きなサイズのメッセージを複数のチャンクに分割するかどうか。

false

spring.pulsar.producer.compression-type

メッセージ圧縮型。

spring.pulsar.producer.hashing-scheme

メッセージをパブリッシュするパーティションを選択するメッセージハッシュスキーム。

spring.pulsar.producer.message-routing-mode

パーティション化されたプロデューサーのメッセージルーティングモード。

spring.pulsar.producer.name

プロデューサーの名前。割り当てられていない場合は、一意の名前が生成されます。

spring.pulsar.producer.send-timeout

メッセージがブローカーによって確認応答されるまでの時間。

30s

spring.pulsar.producer.topic-name

プロデューサーが公開するトピック。

spring.pulsar.reader.name

リーダー名。

spring.pulsar.reader.read-compacted

トピックの完全なメッセージバックログではなく、圧縮されたトピックからメッセージを読み取るかどうか。

false

spring.pulsar.reader.subscription-name

サブスクリプション名。

spring.pulsar.reader.subscription-role-prefix

サブスクリプションロールのプレフィックス。

spring.pulsar.reader.topics

リーダーが購読しているトピック。

spring.pulsar.template.observations-enabled

Observations API が利用可能な場合に観測を記録するかどうか。

false

spring.pulsar.transaction.enabled

トランザクションサポートが有効かどうか。

false

spring.rabbitmq.address-shuffle-mode

設定されたアドレスをシャッフルするために使用されるモード。

none

spring.rabbitmq.addresses

クライアントが接続する必要があるアドレスのカンマ区切りリスト。設定すると、ホストとポートは無視されます。

spring.rabbitmq.cache.channel.checkout-timeout

キャッシュサイズに達した場合にチャネルを取得するために待機する期間。0 の場合、常に新しいチャネルを作成します。

spring.rabbitmq.cache.channel.size

キャッシュに保持するチャネルの数。"check-timeout" > 0 の場合、接続ごとの最大チャネル。

spring.rabbitmq.cache.connection.mode

接続ファクトリキャッシュモード。

channel

spring.rabbitmq.cache.connection.size

キャッシュする接続の数。モードが CONNECTION の場合にのみ適用されます。

spring.rabbitmq.channel-rpc-timeout

チャネルでの RPC 呼び出しの継続タイムアウト。永久に待機するには、ゼロに設定します。

10m

spring.rabbitmq.connection-timeout

接続タイムアウト。ゼロに設定すると、永遠に待機します。

spring.rabbitmq.dynamic

AmqpAdmin Bean を作成するかどうか。

true

spring.rabbitmq.host

RabbitMQ ホスト。アドレスが設定されている場合は無視されます。

localhost

spring.rabbitmq.listener.direct.acknowledge-mode

コンテナーの確認モード。

spring.rabbitmq.listener.direct.auto-startup

起動時にコンテナーを自動的に起動するかどうか。

true

spring.rabbitmq.listener.direct.consumers-per-queue

キューごとのコンシューマーの数。

spring.rabbitmq.listener.direct.de-batching-enabled

コンテナーがバッチメッセージを個別のメッセージとして表示するか、バッチでリスナーを呼び出すか。

true

spring.rabbitmq.listener.direct.default-requeue-rejected

拒否された配信がデフォルトで再キューイングされるかどうか。

spring.rabbitmq.listener.direct.force-stop

コンテナー (停止時) が現在のメッセージを処理した直後に停止するか、プリフェッチされたすべてのメッセージを処理した後に停止するか。

false

spring.rabbitmq.listener.direct.idle-event-interval

アイドル状態のコンテナーイベントを発行する頻度。

spring.rabbitmq.listener.direct.missing-queues-fatal

コンテナーによって宣言されたキューがブローカーで利用できない場合に失敗するかどうか。

false

spring.rabbitmq.listener.direct.observation-enabled

観察を有効にするかどうか。

false

spring.rabbitmq.listener.direct.prefetch

各コンシューマーで未解決になる可能性のある未確認メッセージの最大数。

spring.rabbitmq.listener.direct.retry.enabled

再試行の公開が有効かどうか。

false

spring.rabbitmq.listener.direct.retry.initial-interval

メッセージを配信する最初の試行と 2 回目の試行の間の期間。

1000ms

spring.rabbitmq.listener.direct.retry.max-attempts

メッセージ配信の最大試行回数。

3

spring.rabbitmq.listener.direct.retry.max-interval

試行間の最大期間。

10000ms

spring.rabbitmq.listener.direct.retry.multiplier

前の再試行間隔に適用する乗数。

1

spring.rabbitmq.listener.direct.retry.stateless

再試行がステートレスかステートフルか。

true

spring.rabbitmq.listener.simple.acknowledge-mode

コンテナーの確認モード。

spring.rabbitmq.listener.simple.auto-startup

起動時にコンテナーを自動的に起動するかどうか。

true

spring.rabbitmq.listener.simple.batch-size

物理メッセージの数として表される、コンテナーで使用されるバッチサイズ。

spring.rabbitmq.listener.simple.concurrency

リスナー呼び出しスレッドの最小数。

spring.rabbitmq.listener.simple.consumer-batch-enabled

コンテナーが "receive-timeout" と "batch-size" に基づいてメッセージのバッチを作成するかどうか。'de-batching-enabled' を true に強制して、プロデューサーが作成したバッチのコンテンツを個別のレコードとしてバッチに含めます。

false

spring.rabbitmq.listener.simple.de-batching-enabled

コンテナーがバッチメッセージを個別のメッセージとして表示するか、バッチでリスナーを呼び出すか。

true

spring.rabbitmq.listener.simple.default-requeue-rejected

拒否された配信がデフォルトで再キューイングされるかどうか。

spring.rabbitmq.listener.simple.force-stop

コンテナー (停止時) が現在のメッセージを処理した直後に停止するか、プリフェッチされたすべてのメッセージを処理した後に停止するか。

false

spring.rabbitmq.listener.simple.idle-event-interval

アイドル状態のコンテナーイベントを発行する頻度。

spring.rabbitmq.listener.simple.max-concurrency

リスナー呼び出しスレッドの最大数。

spring.rabbitmq.listener.simple.missing-queues-fatal

コンテナーによって宣言されたキューがブローカーで使用できない場合に失敗するかどうか、および / または実行時に 1 つ以上のキューが削除された場合にコンテナーを停止するかどうか。

true

spring.rabbitmq.listener.simple.observation-enabled

観察を有効にするかどうか。

false

spring.rabbitmq.listener.simple.prefetch

各コンシューマーで未解決になる可能性のある未確認メッセージの最大数。

spring.rabbitmq.listener.simple.retry.enabled

再試行の公開が有効かどうか。

false

spring.rabbitmq.listener.simple.retry.initial-interval

メッセージを配信する最初の試行と 2 回目の試行の間の期間。

1000ms

spring.rabbitmq.listener.simple.retry.max-attempts

メッセージ配信の最大試行回数。

3

spring.rabbitmq.listener.simple.retry.max-interval

試行間の最大期間。

10000ms

spring.rabbitmq.listener.simple.retry.multiplier

前の再試行間隔に適用する乗数。

1

spring.rabbitmq.listener.simple.retry.stateless

再試行がステートレスかステートフルか。

true

spring.rabbitmq.listener.stream.native-listener

コンテナーが Spring AMQP メッセージの代わりにネイティブストリームメッセージを消費するリスナーをサポートするかどうか。

false

spring.rabbitmq.listener.stream.observation-enabled

観察を有効にするかどうか。

false

spring.rabbitmq.listener.type

リスナーコンテナー型。

simple

spring.rabbitmq.max-inbound-message-body-size

受信 (受信) メッセージの本文の最大サイズ。

64MB

spring.rabbitmq.password

ログインしてブローカーに対して認証します。

guest

spring.rabbitmq.port

RabbitMQ ポート。アドレスが設定されている場合は無視されます。SSL が有効な場合、デフォルトは 5672,, 5671 です。

spring.rabbitmq.publisher-confirm-type

使用するパブリッシャーの種類。

spring.rabbitmq.publisher-returns

パブリッシャーリターンを有効にするかどうか。

false

spring.rabbitmq.requested-channel-max

クライアントによってリクエストされた接続ごとのチャネルの数。無制限の場合は 0 を使用します。

2047

spring.rabbitmq.requested-heartbeat

リクエストされたハートビートタイムアウト。なしの場合はゼロ。期間の接尾辞が指定されていない場合、秒が使用されます。

spring.rabbitmq.ssl.algorithm

使用する SSL アルゴリズム。デフォルトでは、Rabbit クライアントライブラリによって構成されます。

spring.rabbitmq.ssl.bundle

SSL バンドル名。

spring.rabbitmq.ssl.enabled

SSL サポートを有効にするかどうか。アドレスがプロトコルで提供されているかどうかを自動的に判断します(amqp:// と amqps://)。

spring.rabbitmq.ssl.key-store

SSL 証明書を保持するキーストアへのパス。

spring.rabbitmq.ssl.key-store-algorithm

キーストアアルゴリズム。

SunX509

spring.rabbitmq.ssl.key-store-password

キーストアへのアクセスに使用されるパスワード。

spring.rabbitmq.ssl.key-store-type

鍵ストアの型。

PKCS12

spring.rabbitmq.ssl.trust-store

SSL 証明書を保持するトラストストア。

spring.rabbitmq.ssl.trust-store-algorithm

トラストストアアルゴリズム。

SunX509

spring.rabbitmq.ssl.trust-store-password

トラストストアへのアクセスに使用されるパスワード。

spring.rabbitmq.ssl.trust-store-type

信頼ストアの型。

JKS

spring.rabbitmq.ssl.validate-server-certificate

サーバー側の証明書検証を有効にするかどうか。

true

spring.rabbitmq.ssl.verify-hostname

ホスト名検証を有効にするかどうか。

true

spring.rabbitmq.stream.host

Stream プラグインが有効になっている RabbitMQ インスタンスのホスト。

localhost

spring.rabbitmq.stream.name

ストリームの名前。

spring.rabbitmq.stream.password

ブローカーを認証するためのログインパスワード。設定されていない場合、spring.rabbitmq.password が使用されます。

spring.rabbitmq.stream.port

Stream プラグインが有効になっている RabbitMQ インスタンスのストリームポート。

spring.rabbitmq.stream.username

ユーザーにログインして、ブローカーへの認証を行います。設定されていない場合、spring.rabbitmq.username が使用されます。

spring.rabbitmq.stream.virtual-host

Stream プラグインが有効になっている RabbitMQ インスタンスの仮想ホスト。設定されていない場合は、spring.rabbitmq.virtual-host が使用されます。

spring.rabbitmq.template.allowed-list-patterns

デシリアライズに許容されるパッケージ / クラスのシンプルなパターン。

spring.rabbitmq.template.default-receive-queue

何も明示的に指定されていないときにメッセージを受信するデフォルトのキューの名前。

spring.rabbitmq.template.exchange

送信操作に使用するデフォルトの交換の名前。

spring.rabbitmq.template.mandatory

必須メッセージを有効にするかどうか。

spring.rabbitmq.template.observation-enabled

観察を有効にするかどうか。

false

spring.rabbitmq.template.receive-timeout

receive() 操作のタイムアウト。

spring.rabbitmq.template.reply-timeout

sendAndReceive() 操作のタイムアウト。

spring.rabbitmq.template.retry.enabled

再試行の公開が有効かどうか。

false

spring.rabbitmq.template.retry.initial-interval

メッセージを配信する最初の試行と 2 回目の試行の間の期間。

1000ms

spring.rabbitmq.template.retry.max-attempts

メッセージ配信の最大試行回数。

3

spring.rabbitmq.template.retry.max-interval

試行間の最大期間。

10000ms

spring.rabbitmq.template.retry.multiplier

前の再試行間隔に適用する乗数。

1

spring.rabbitmq.template.routing-key

送信操作に使用するデフォルトのルーティングキーの値。

spring.rabbitmq.username

ブローカーに対して認証するログインユーザー。

guest

spring.rabbitmq.virtual-host

ブローカーに接続するときに使用する仮想ホスト。

spring.webservices.path

サービスのベース URI として機能するパス。

/services

spring.webservices.servlet.init.*

Spring Web Services に渡すサーブレットの初期化パラメーター。

spring.webservices.servlet.load-on-startup

Spring Web Services サーブレットの起動時の優先順位でロードします。

-1

spring.webservices.wsdl-locations

Bean として公開される WSDL および付随する XSD の場所のコンマ区切りリスト。

Web プロパティ

名前 説明 デフォルト値

spring.graphql.cors.allow-credentials

資格情報がサポートされているかどうか。設定されていない場合、資格情報はサポートされていません。

spring.graphql.cors.allowed-headers

リクエストで許可する HTTP ヘッダーのコンマ区切りリスト。'*' はすべてのヘッダーを許可します。

spring.graphql.cors.allowed-methods

許可する HTTP メソッドのコンマ区切りリスト。'*' はすべてのメソッドを許可します。設定されていない場合、デフォルトで GET になります。

spring.graphql.cors.allowed-origin-patterns

許可するオリジンパターンのコンマ区切りリスト。'*' のみをサポートする許可されたオリジンとは異なり、オリジンパターンはより柔軟です。'https://*.example.com'、および allow-credentials で使用できます。許可されたオリジンも許可されたオリジンパターンも設定されていない場合、クロスオリジンリクエストは事実上無効になります。

spring.graphql.cors.allowed-origins

すべてのオリジンを許可する "*" で許可するオリジンのコンマ区切りリスト。allow-credentials が有効になっている場合、"*" は使用できません。代わりに、起点パターンの設定を検討する必要があります。許可されたオリジンも許可されたオリジンパターンも設定されていない場合、クロスオリジンリクエストは事実上無効になります。

spring.graphql.cors.exposed-headers

レスポンスに含めるヘッダーのコンマ区切りリスト。

spring.graphql.cors.max-age

プリフライトリクエストからのレスポンスをクライアントがキャッシュできる期間。期間の接尾辞が指定されていない場合、秒が使用されます。

1800s

spring.graphql.graphiql.enabled

デフォルトの GraphiQLUI が有効になっているかどうか。

false

spring.graphql.graphiql.path

GraphiQLUI エンドポイントへのパス。

/graphiql

spring.graphql.path

GraphQL リクエストの HTTP エンドポイントを公開するパス。

/graphql

spring.graphql.rsocket.mapping

RSocket メッセージハンドラーのマッピング。

spring.graphql.schema.file-extensions

GraphQL スキーマファイルのファイル拡張子。

.graphqls,.gqls

spring.graphql.schema.inspection.enabled

欠落しているマッピングを検出するためにスキーマをアプリケーションと比較する必要があるかどうか。

true

spring.graphql.schema.introspection.enabled

フィールドイントロスペクションをスキーマレベルで有効にする必要があるかどうか。

true

spring.graphql.schema.locations

GraphQL スキーマファイルの場所。

classpath:graphql/**/

spring.graphql.schema.printer.enabled

スキーマを出力するエンドポイントが有効になっているかどうか。スキーマは spring.graphql.path + "/schema" で利用できます。

false

spring.graphql.websocket.connection-init-timeout

最初の {@codeCONNECTION_INIT} 型のメッセージを受信する必要がある時間。

60s

spring.graphql.websocket.keep-alive

サーバーのキープアライブ ping がクライアントに送信されるまでの最大アイドル期間。

spring.graphql.websocket.path

GraphQL WebSocket サブスクリプションエンドポイントのパス。

spring.hateoas.use-hal-as-default-json-media-type

application/hal+json レスポンスを、application/json を受け入れるリクエストに送信する必要があるかどうか。

true

spring.jersey.application-path

アプリケーションのベース URI として機能するパス。指定されている場合、"@ApplicationPath" の値をオーバーライドします。

spring.jersey.filter.order

Jersey フィルターチェーンオーダー。

0

spring.jersey.init.*

サーブレットまたはフィルターを介して Jersey に渡す初期化パラメーター。

spring.jersey.servlet.load-on-startup

Jersey サーブレットの起動時の優先順位でロードします。

-1

spring.jersey.type

Jersey 統合型。

servlet

spring.mvc.async.request-timeout

非同期リクエスト処理がタイムアウトするまでの時間。この値が設定されていない場合、基礎となる実装のデフォルトのタイムアウトが使用されます。

spring.mvc.contentnegotiation.favor-parameter

リクエストされたメディア型を判別するためにリクエストパラメーター(デフォルトでは "format" )を使用する必要があるかどうか。

false

spring.mvc.contentnegotiation.media-types.*

コンテンツネゴシエーションのために、ファイル拡張子をメディア型にマップします。たとえば、yml から text/yaml へ。

spring.mvc.contentnegotiation.parameter-name

"favor-parameter" が有効な場合に使用するクエリパラメーター名。

spring.mvc.converters.preferred-json-mapper

HTTP メッセージ変換に使用する優先 JSON マッパー。デフォルトでは、環境に応じて自動検出されます。サポートされている値は、"jackson"、"gson"、"jsonb" です。他の JSON マッピングライブラリ (kotlinx.serialization など) が存在する場合は、カスタム HttpMessageConverters Bean を使用して優先マッパーを制御します。

jackson

spring.mvc.dispatch-options-request

OPTIONS リクエストを FrameworkServlet doService メソッドにディスパッチするかどうか。

true

spring.mvc.dispatch-trace-request

TRACE リクエストを FrameworkServlet doService メソッドにディスパッチするかどうか。

false

spring.mvc.format.date

使用する日付形式 (例: 'dd/MM/yyyy')。java.util.Date および java.time.LocalDate の書式設定に使用されます。

spring.mvc.format.date-time

使用する日付と時刻の形式。たとえば、"yyyy-MM-dd HH:mm:ss" です。java.time の LocalDateTime、OffsetDateTime、ZonedDateTime の書式設定に使用されます。

spring.mvc.format.time

使用する時間形式。たとえば、"HH:mm:ss"。java.time の LocalTime および OffsetTime の書式設定に使用されます。

spring.mvc.formcontent.filter.enabled

Spring の FormContentFilter を有効にするかどうか。

true

spring.mvc.hiddenmethod.filter.enabled

Spring の HiddenHttpMethodFilter を有効にするかどうか。

false

spring.mvc.log-request-details

DEBUG および TRACE レベルでの(潜在的に機密性の高い)リクエスト詳細のロギングを許可するかどうか。

false

spring.mvc.log-resolved-exception

"DefaultHandlerExceptionResolver" を除く "HandlerExceptionResolver" によって解決された例外の警告ログを有効にするかどうか。

false

spring.mvc.message-codes-resolver-format

メッセージコードのフォーマット戦略。たとえば、"PREFIX_ERROR_CODE"。

spring.mvc.pathmatch.matching-strategy

登録済みのマッピングに対してリクエストパスを照合するための戦略の選択。

path-pattern-parser

spring.mvc.problemdetails.enabled

RFC 7807 問題の詳細のサポートを有効にするかどうか。

false

spring.mvc.publish-request-handled-events

各リクエストの終わりに ServletRequestHandledEvent を公開するかどうか。

true

spring.mvc.servlet.load-on-startup

ディスパッチャーサーブレットの起動時の優先順位でロードします。

-1

spring.mvc.servlet.path

ディスパッチャーサーブレットのパス。このプロパティにカスタム値を設定することは、PathPatternParser マッチング戦略と互換性がありません。

/

spring.mvc.static-path-pattern

静的リソースに使用されるパスパターン。

/**

spring.mvc.view.prefix

Spring MVC ビューのプレフィックス。

spring.mvc.view.suffix

Spring MVC ビューのサフィックス。

spring.mvc.webjars-path-pattern

WebJar アセットに使用されるパスパターン。

/webjars/**

spring.netty.leak-detection

参照カウントバッファのリーク検出のレベル。"ResourceLeakDetector.setLevel" または "io.netty.leakDetection.level" システムプロパティを介して構成されていない場合、デフォルトは "simple" になります。

spring.servlet.multipart.enabled

マルチパートアップロードのサポートを有効にするかどうか。

true

spring.servlet.multipart.file-size-threshold

ファイルがディスクに書き込まれるまでのしきい値。

0B

spring.servlet.multipart.location

アップロードされたファイルの中間場所。

spring.servlet.multipart.max-file-size

最大ファイルサイズ。

1MB

spring.servlet.multipart.max-request-size

最大リクエストサイズ。

10MB

spring.servlet.multipart.resolve-lazily

ファイルまたはパラメーターのアクセス時にマルチパートリクエストを遅延解決するかどうか。

false

spring.servlet.multipart.strict-servlet-compliance

サーブレット仕様に厳密に従ってマルチパートリクエストを解決するかどうか。"multipart/form-data" リクエストにのみ使用されます。

false

spring.session.hazelcast.flush-mode

セッションフラッシュモード。セッションの変更をセッションストアに書き込むタイミングを決定します。

on-save

spring.session.hazelcast.map-name

セッションの保存に使用されるマップの名前。

spring:session:sessions

spring.session.hazelcast.save-mode

セッション保存モード。セッションの変更を追跡し、セッションストアに保存する方法を決定します。

on-set-attribute

spring.session.jdbc.cleanup-cron

期限切れのセッションクリーンアップジョブの Cron 式。

0 * * * * *

spring.session.jdbc.flush-mode

セッションフラッシュモード。セッションの変更をセッションストアに書き込むタイミングを決定します。

on-save

spring.session.jdbc.initialize-schema

データベーススキーマ初期化モード。

embedded

spring.session.jdbc.platform

@@platform@@ プレースホルダーが使用されている場合に、初期化スクリプトで使用するプラットフォーム。デフォルトで自動検出されます。

spring.session.jdbc.save-mode

セッション保存モード。セッションの変更を追跡し、セッションストアに保存する方法を決定します。

on-set-attribute

spring.session.jdbc.schema

データベーススキーマの初期化に使用する SQL ファイルへのパス。

classpath:org/springframework/session/jdbc/schema-@@platform@@.sql

spring.session.jdbc.table-name

セッションの保存に使用されるデータベーステーブルの名前。

SPRING_SESSION

spring.session.mongodb.collection-name

セッションの保存に使用されるコレクション名。

sessions

spring.session.redis.cleanup-cron

期限切れのセッションクリーンアップジョブの cron 式。repository-type が indexed に設定されている場合にのみサポートされます。

0 * * * * *

spring.session.redis.configure-action

ユーザー定義の ConfigureRedisAction Bean が存在しない場合に適用する構成アクション。

notify-keyspace-events

spring.session.redis.flush-mode

セッションフラッシュモード。セッションの変更をセッションストアに書き込むタイミングを決定します。

on-save

spring.session.redis.namespace

セッションの保存に使用されるキーの名前空間。

spring:session

spring.session.redis.repository-type

設定する Redis セッションリポジトリの型。

default

spring.session.redis.save-mode

セッション保存モード。セッションの変更を追跡し、セッションストアに保存する方法を決定します。

on-set-attribute

spring.session.servlet.filter-dispatcher-types

セッションリポジトリフィルターディスパッチャー型。

[async, error, request]

spring.session.servlet.filter-order

セッションリポジトリフィルターの順序。

spring.session.timeout

セッションタイムアウト。期間の接尾辞が指定されていない場合、秒が使用されます。

spring.web.locale

使用するロケール。デフォルトでは、このロケールは "Accept-Language" ヘッダーによってオーバーライドされます。

spring.web.locale-resolver

ロケールの解決方法を定義します。

accept-header

spring.web.resources.add-mappings

デフォルトのリソース処理を有効にするかどうか。

true

spring.web.resources.cache.cachecontrol.cache-private

レスポンスメッセージは単一のユーザー向けであり、共有キャッシュに保存してはならないことを示します。

spring.web.resources.cache.cachecontrol.cache-public

任意のキャッシュがレスポンスを保存できることを示します。

spring.web.resources.cache.cachecontrol.max-age

期間サフィックスが指定されていない場合、レスポンスがキャッシュされる最大時間(秒単位)。

spring.web.resources.cache.cachecontrol.must-revalidate

一度古くなったら、キャッシュはサーバーで再検証せずにレスポンスを使用してはならないことを示します。

spring.web.resources.cache.cachecontrol.no-cache

キャッシュされたレスポンスは、サーバーで再検証された場合にのみ再利用できることを示します。

spring.web.resources.cache.cachecontrol.no-store

いかなる場合でもレスポンスをキャッシュしないことを示します。

spring.web.resources.cache.cachecontrol.no-transform

仲介者(キャッシュなど)がレスポンスコンテンツを変換しないことを示します。

spring.web.resources.cache.cachecontrol.proxy-revalidate

"must-revalidate" ディレクティブと同じ意味ですが、プライベートキャッシュには適用されません。

spring.web.resources.cache.cachecontrol.s-max-age

期間サフィックスが指定されていない場合、レスポンスが共有キャッシュによってキャッシュされる最大時間(秒単位)。

spring.web.resources.cache.cachecontrol.stale-if-error

期間のサフィックスが指定されていない場合、エラーが発生したときにレスポンスが使用される最大時間(秒単位)。

spring.web.resources.cache.cachecontrol.stale-while-revalidate

期間サフィックスが指定されていない場合、レスポンスが古くなってからレスポンスできる最大時間(秒単位)。

spring.web.resources.cache.period

リソースハンドラーによって提供されるリソースのキャッシュ期間。期間の接尾語が指定されていない場合は、秒が使用されます。"spring.web.resources.cache.cachecontrol" プロパティによってオーバーライドできます。

spring.web.resources.cache.use-last-modified

HTTP キャッシングヘッダー内のファイルの "lastModified" メタデータを使用する必要があるかどうか。

true

spring.web.resources.chain.cache

リソースチェーンでキャッシュを有効にするかどうか。

true

spring.web.resources.chain.compressed

すでに圧縮されているリソース(gzip、brotli)の解決を有効にするかどうか。".gz" または ".br" ファイル拡張子を持つリソース名を確認します。

false

spring.web.resources.chain.enabled

Spring リソース処理チェーンを有効にするかどうか。デフォルトでは、少なくとも 1 つの戦略が有効になっていない限り無効になっています。

spring.web.resources.chain.strategy.content.enabled

コンテンツのバージョン戦略を有効にするかどうか。

false

spring.web.resources.chain.strategy.content.paths

コンテンツバージョン戦略に適用するパターンのカンマ区切りリスト。

[/**]

spring.web.resources.chain.strategy.fixed.enabled

固定バージョン戦略を有効にするかどうか。

false

spring.web.resources.chain.strategy.fixed.paths

固定バージョン戦略に適用するパターンのカンマ区切りリスト。

[/**]

spring.web.resources.chain.strategy.fixed.version

修正されたバージョン戦略に使用するバージョン文字列。

spring.web.resources.static-locations

静的リソースの場所。デフォルトはクラスパス: [/ META-INF/resources/、/resources/,/static/、/public/]。

[classpath:/META-INF/resources/, classpath:/resources/, classpath:/static/, classpath:/public/]

spring.webflux.base-path

すべての Web ハンドラーの基本パス。

spring.webflux.format.date

使用する日付形式 (例: 'dd/MM/yyyy')。java.util.Date および java.time.LocalDate の書式設定に使用されます。

spring.webflux.format.date-time

使用する日付と時刻の形式。たとえば、"yyyy-MM-dd HH:mm:ss" です。java.time の LocalDateTime、OffsetDateTime、ZonedDateTime の書式設定に使用されます。

spring.webflux.format.time

使用する時間形式。たとえば、"HH:mm:ss"。java.time の LocalTime および OffsetTime の書式設定に使用されます。

spring.webflux.hiddenmethod.filter.enabled

Spring の HiddenHttpMethodFilter を有効にするかどうか。

false

spring.webflux.multipart.file-storage-directory

"maxInMemorySize" より大きいファイル部分を保存するために使用されるディレクトリ。デフォルトは、システムの一時ディレクトリに作成される "spring-multipart" という名前のディレクトリです。PartEvent ストリーミングサポートを使用する場合は無視されます。

spring.webflux.multipart.headers-charset

ヘッダーのデコードに使用される文字セット。

UTF-8

spring.webflux.multipart.max-disk-usage-per-part

パーツごとに許可されるディスク容量の最大量。デフォルトは -1 で、制限は適用されません。

-1B

spring.webflux.multipart.max-headers-size

各パーツのヘッダーセクションごとに許可されるメモリの最大量。制限を適用しない場合は、-1 に設定します。

10KB

spring.webflux.multipart.max-in-memory-size

ディスクに書き込まれる前にパーツごとに許可されるメモリの最大量。すべての内容をメモリに保存するには、-1 に設定します。

256KB

spring.webflux.multipart.max-parts

特定のマルチパートリクエストで許可されるパーツの最大数。デフォルトは -1 で、制限はありません。

-1

spring.webflux.problemdetails.enabled

RFC 7807 問題の詳細のサポートを有効にするかどうか。

false

spring.webflux.static-path-pattern

静的リソースに使用されるパスパターン。

/**

spring.webflux.webjars-path-pattern

WebJar アセットに使用されるパスパターン。

/webjars/**

テンプレートプロパティ

名前 説明 デフォルト値

spring.freemarker.allow-request-override

HttpServletRequest 属性が、コントローラーによって生成された同じ名前のモデル属性をオーバーライド(非表示)できるかどうか。

false

spring.freemarker.allow-session-override

HttpSession 属性が、コントローラーによって生成された同じ名前のモデル属性をオーバーライド(非表示)できるかどうか。

false

spring.freemarker.cache

テンプレートのキャッシュを有効にするかどうか。

false

spring.freemarker.charset

テンプレートのエンコード。

UTF-8

spring.freemarker.check-template-location

テンプレートの場所が存在することを確認するかどうか。

true

spring.freemarker.content-type

Content-Type 値。

text/html

spring.freemarker.enabled

このテクノロジーの MVC ビューリゾルバーを有効にするかどうか。

true

spring.freemarker.expose-request-attributes

テンプレートとマージする前に、すべてのリクエスト属性をモデルに追加する必要があるかどうか。

false

spring.freemarker.expose-session-attributes

テンプレートとマージする前に、すべての HttpSession 属性をモデルに追加する必要があるかどうか。

false

spring.freemarker.expose-spring-macro-helpers

Spring のマクロライブラリで使用するために、"springMacroRequestContext" という名前で RequestContext を公開するかどうか。

true

spring.freemarker.prefer-file-system-access

テンプレートの変更をホット検出できるようにするために、テンプレートのロードにファイルシステムアクセスを優先するかどうか。テンプレートパスがディレクトリとして検出された場合、テンプレートはディレクトリからのみロードされ、他の一致するクラスパスの場所は考慮されません。

false

spring.freemarker.prefix

URL を作成するときに名前を表示するために付加されるプレフィックス。

spring.freemarker.request-context-attribute

すべてのビューの RequestContext 属性の名前。

spring.freemarker.settings.*

FreeMarker の構成に渡される既知の FreeMarker キー。

spring.freemarker.suffix

URL を作成するときにビュー名に追加されるサフィックス。

.ftlh

spring.freemarker.template-loader-path

テンプレートパスのカンマ区切りリスト。

[classpath:/templates/]

spring.freemarker.view-names

解決できるビュー名。

spring.groovy.template.allow-request-override

HttpServletRequest 属性が、コントローラーによって生成された同じ名前のモデル属性をオーバーライド(非表示)できるかどうか。

false

spring.groovy.template.allow-session-override

HttpSession 属性が、コントローラーによって生成された同じ名前のモデル属性をオーバーライド(非表示)できるかどうか。

false

spring.groovy.template.cache

テンプレートのキャッシュを有効にするかどうか。

false

spring.groovy.template.charset

テンプレートのエンコード。

UTF-8

spring.groovy.template.check-template-location

テンプレートの場所が存在することを確認するかどうか。

true

spring.groovy.template.configuration.auto-escape
 spring.groovy.template.configuration.auto-indent
 spring.groovy.template.configuration.auto-indent-string
 spring.groovy.template.configuration.auto-new-line
 spring.groovy.template.configuration.base-template-class
 spring.groovy.template.configuration.cache-templates
 spring.groovy.template.configuration.declaration-encoding
 spring.groovy.template.configuration.expand-empty-elements
 spring.groovy.template.configuration.locale
 spring.groovy.template.configuration.new-line-string
 spring.groovy.template.configuration.resource-loader-path
 spring.groovy.template.configuration.use-double-quotes

GroovyMarkupConfigurer を参照

spring.groovy.template.content-type

Content-Type 値。

text/html

spring.groovy.template.enabled

このテクノロジーの MVC ビューリゾルバーを有効にするかどうか。

true

spring.groovy.template.expose-request-attributes

テンプレートとマージする前に、すべてのリクエスト属性をモデルに追加する必要があるかどうか。

false

spring.groovy.template.expose-session-attributes

テンプレートとマージする前に、すべての HttpSession 属性をモデルに追加する必要があるかどうか。

false

spring.groovy.template.expose-spring-macro-helpers

Spring のマクロライブラリで使用するために、"springMacroRequestContext" という名前で RequestContext を公開するかどうか。

true

spring.groovy.template.prefix

URL を作成するときに名前を表示するために付加されるプレフィックス。

spring.groovy.template.request-context-attribute

すべてのビューの RequestContext 属性の名前。

spring.groovy.template.resource-loader-path

テンプレートのパス。

classpath:/templates/

spring.groovy.template.suffix

URL を作成するときにビュー名に追加されるサフィックス。

.tpl

spring.groovy.template.view-names

解決できるビュー名。

spring.mustache.charset

テンプレートのエンコード。

UTF-8

spring.mustache.check-template-location

テンプレートの場所が存在することを確認するかどうか。

true

spring.mustache.enabled

Mustache の MVC ビューリゾルバーを有効にするかどうか。

true

spring.mustache.prefix

テンプレート名に適用するプレフィックス。

classpath:/templates/

spring.mustache.reactive.media-types

Mustache ビューでサポートされるメディア型。

text/html;charset=UTF-8

spring.mustache.request-context-attribute

すべてのビューの RequestContext 属性の名前。

spring.mustache.servlet.allow-request-override

HttpServletRequest 属性が、コントローラーによって生成された同じ名前のモデル属性をオーバーライド(非表示)できるかどうか。

false

spring.mustache.servlet.allow-session-override

HttpSession 属性が、コントローラーによって生成された同じ名前のモデル属性をオーバーライド(非表示)できるかどうか。

false

spring.mustache.servlet.cache

テンプレートのキャッシュを有効にするかどうか。

false

spring.mustache.servlet.content-type

Content-Type 値。

spring.mustache.servlet.expose-request-attributes

テンプレートとマージする前に、すべてのリクエスト属性をモデルに追加する必要があるかどうか。

false

spring.mustache.servlet.expose-session-attributes

テンプレートとマージする前に、すべての HttpSession 属性をモデルに追加する必要があるかどうか。

false

spring.mustache.servlet.expose-spring-macro-helpers

Spring のマクロライブラリで使用するために、"springMacroRequestContext" という名前で RequestContext を公開するかどうか。

true

spring.mustache.suffix

テンプレート名に適用するサフィックス。

.mustache

spring.mustache.view-names

解決できるビュー名。

spring.thymeleaf.cache

テンプレートのキャッシュを有効にするかどうか。

true

spring.thymeleaf.check-template

レンダリングする前にテンプレートが存在することを確認するかどうか。

true

spring.thymeleaf.check-template-location

テンプレートの場所が存在することを確認するかどうか。

true

spring.thymeleaf.enable-spring-el-compiler

SpringEL 式で SpringEL コンパイラーを有効にします。

false

spring.thymeleaf.enabled

Web フレームワークの Thymeleaf ビューリゾルバーを有効にするかどうか。

true

spring.thymeleaf.encoding

テンプレートファイルのエンコード。

UTF-8

spring.thymeleaf.excluded-view-names

解決から除外する必要があるビュー名(許可されているパターン)のコンマ区切りリスト。

spring.thymeleaf.mode

テンプレートに適用されるテンプレートモード。Thymeleaf の TemplateMode 列挙も参照してください。

HTML

spring.thymeleaf.prefix

URL を作成するときに名前を表示するために付加されるプレフィックス。

classpath:/templates/

spring.thymeleaf.reactive.chunked-mode-view-names

最大チャンクサイズが設定されている場合、CHUNKED モードで実行される唯一のビュー名(許可されるパターン)のカンマ区切りリスト

spring.thymeleaf.reactive.full-mode-view-names

最大チャンクサイズが設定されている場合でも FULL モードで実行する必要があるビュー名のコンマ区切りリスト(許可されているパターン)。

spring.thymeleaf.reactive.max-chunk-size

レスポンスへの書き込みに使用されるデータバッファの最大サイズ。これが設定されている場合、テンプレートはデフォルトで CHUNKED モードで実行されます。

0B

spring.thymeleaf.reactive.media-types

ビューテクノロジーでサポートされているメディア型。

[text/html, application/xhtml+xml, application/xml, text/xml, application/rss+xml, application/atom+xml, application/javascript, application/ecmascript, text/javascript, text/ecmascript, application/json, text/css, text/plain, text/event-stream]

spring.thymeleaf.render-hidden-markers-before-checkboxes

チェックボックスのマーカーとして機能する非表示フォーム入力を、チェックボックス要素自体の前にレンダリングするかどうか。

false

spring.thymeleaf.servlet.content-type

HTTP レスポンスに書き込まれる Content-Type 値。

text/html

spring.thymeleaf.servlet.produce-partial-output-while-processing

Thymeleaf ができるだけ早く部分出力の書き込みを開始するか、テンプレート処理が完了するまでバッファリングするか。

true

spring.thymeleaf.suffix

URL を作成するときにビュー名に追加されるサフィックス。

.html

spring.thymeleaf.template-resolver-order

チェーンのテンプレートリゾルバーの順序。デフォルトでは、テンプレートリゾルバーはチェーンの最初にあります。順序は 1 から始まり、追加の "TemplateResolver" Bean を定義した場合にのみ設定する必要があります。

spring.thymeleaf.view-names

解決できるビュー名のコンマ区切りリスト(許可されるパターン)。

サーバープロパティ

名前 説明 デフォルト値

server.address

サーバーがバインドするネットワークアドレス。

server.compression.enabled

レスポンスの圧縮が有効かどうか。

false

server.compression.excluded-user-agents

レスポンスを圧縮しないユーザーエージェントのカンマ区切りリスト。

server.compression.mime-types

圧縮する MIME 型のコンマ区切りリスト。

[text/html, text/xml, text/plain, text/css, text/javascript, application/javascript, application/json, application/xml]

server.compression.min-response-size

圧縮の実行に必要な最小の "Content-Length" 値。

2KB

server.error.include-binding-errors

"errors" 属性を含めるタイミング。

never

server.error.include-exception

"exception" 属性を含めます。

false

server.error.include-message

"message" 属性を含めるタイミング。

never

server.error.include-path

"path" 属性を含めるタイミング。

server.error.include-stacktrace

"trace" 属性を含めるタイミング。

never

server.error.path

エラーコントローラーのパス。

/error

server.error.whitelabel.enabled

サーバーエラーの場合にブラウザーに表示されるデフォルトのエラーページを有効にするかどうか。

true

server.forward-headers-strategy

X-Forwarded-* ヘッダーを処理するための戦略。

server.http2.enabled

現在の環境でサポートされている場合、HTTP/2 サポートを有効にするかどうか。

false

server.jetty.accesslog.append

ログに追加します。

false

server.jetty.accesslog.custom-format

カスタムログ形式については、org.eclipse.jetty.server.CustomRequestLog を参照してください。定義されている場合、"format" 構成キーをオーバーライドします。

server.jetty.accesslog.enabled

アクセスログを有効にします。

false

server.jetty.accesslog.file-date-format

ログファイル名に入れる日付形式。

server.jetty.accesslog.filename

ログファイル名。指定しない場合、ログは "System.err" にリダイレクトします。

server.jetty.accesslog.format

ログ形式。

ncsa

server.jetty.accesslog.ignore-paths

ログに記録してはいけないリクエストパス。

server.jetty.accesslog.retention-period

ローテーションされたログファイルが削除されるまでの日数。

31

server.jetty.connection-idle-timeout

接続が閉じられる前に接続がアイドル状態になることができる時間。

server.jetty.max-connections

サーバーが一度に受け入れて処理できる接続の最大数。

-1

server.jetty.max-http-form-post-size

HTTP ポストリクエストのフォームコンテンツの最大サイズ。

200000B

server.jetty.max-http-response-header-size

HTTP レスポンスヘッダーの最大サイズ。

8KB

server.jetty.threads.acceptors

使用するアクセプタースレッドの数。値がデフォルトの -1 の場合、アクセプターの数はオペレーティング環境から導出されます。

-1

server.jetty.threads.idle-timeout

最大スレッドアイドル時間。

60000ms

server.jetty.threads.max

スレッドの最大数。

200

server.jetty.threads.max-queue-capacity

スレッドプールのバッキングキューの最大容量。デフォルトは、スレッド構成に基づいて計算されます。

server.jetty.threads.min

スレッドの最小数。

8

server.jetty.threads.selectors

使用するセレクタースレッドの数。値がデフォルトの -1 の場合、セレクターの数はオペレーティング環境から導出されます。

-1

server.max-http-request-header-size

HTTP リクエストヘッダーの最大サイズ。

8KB

server.netty.connection-timeout

Netty チャネルの接続タイムアウト。

server.netty.h2c-max-content-length

H2C アップグレードリクエストの最大コンテンツ長。

0B

server.netty.idle-timeout

Netty チャネルのアイドルタイムアウト。指定しない場合、無限タイムアウトが使用されます。

server.netty.initial-buffer-size

HTTP リクエストのデコード用の初期バッファサイズ。

128B

server.netty.max-initial-line-length

HTTP リクエストの最初の行でデコードできる最大長。

4KB

server.netty.max-keep-alive-requests

接続ごとに作成できるリクエストの最大数。デフォルトでは、接続は無制限の数のリクエストを処理します。

server.netty.validate-headers

リクエストをデコードするときにヘッダーを検証するかどうか。

true

server.port

サーバー HTTP ポート。

8080

server.reactive.session.cookie.domain

Cookie のドメイン。

server.reactive.session.cookie.http-only

Cookie に "HttpOnly" Cookie を使用するかどうか。

server.reactive.session.cookie.max-age

Cookie の最大経過時間。期間サフィックスが指定されていない場合は、秒が使用されます。正の値は、現在の時刻に対して Cookie の有効期限が切れる時期を示します。値 0 は、Cookie がすぐに期限切れになることを意味します。負の値は、"Max-Age" がないことを意味します。

server.reactive.session.cookie.name

クッキーの名前。

server.reactive.session.cookie.path

クッキーのパス。

server.reactive.session.cookie.same-site

Cookie の SameSite 設定。

server.reactive.session.cookie.secure

Cookie を常にセキュアとしてマークするかどうか。

server.reactive.session.max-sessions

保存できるセッションの最大数。

10000

server.reactive.session.timeout

セッションタイムアウト。期間の接尾辞が指定されていない場合、秒が使用されます。

30m

server.server-header

サーバーレスポンスヘッダーに使用する値(空の場合、ヘッダーは送信されません)。

server.servlet.application-display-name

アプリケーションの表示名。

application

server.servlet.context-parameters.*

サーブレットコンテキストの初期化パラメーター。

server.servlet.context-path

アプリケーションのコンテキストパス。

server.servlet.encoding.charset

HTTP リクエストおよびレスポンスの文字セット。明示的に設定されていない場合、"Content-Type" ヘッダーに追加されます。

UTF-8

server.servlet.encoding.enabled

HTTP エンコーディングサポートを有効にするかどうか。

true

server.servlet.encoding.force

HTTP リクエストおよびレスポンスで設定された文字セットにエンコードを強制するかどうか。

server.servlet.encoding.force-request

HTTP リクエストで構成された文字セットにエンコードを強制するかどうか。"force" が指定されていない場合、デフォルトは true です。

server.servlet.encoding.force-response

HTTP レスポンスで構成された文字セットにエンコードを強制するかどうか。

server.servlet.encoding.mapping.*

レスポンスエンコーディング用のロケールから文字セットへのマッピング。

server.servlet.jsp.class-name

JSP に使用するサーブレットのクラス名。registered が true で、このクラス * がクラスパス上にある場合、登録されます。

org.apache.jasper.servlet.JspServlet

server.servlet.jsp.init-parameters.*

JSP サーブレットの構成に使用される初期化パラメーター。

server.servlet.jsp.registered

JSP サーブレットが登録されているかどうか。

true

server.servlet.register-default-servlet

デフォルトのサーブレットをコンテナーに登録するかどうか。

false

server.servlet.session.cookie.domain

Cookie のドメイン。

server.servlet.session.cookie.http-only

Cookie に "HttpOnly" Cookie を使用するかどうか。

server.servlet.session.cookie.max-age

Cookie の最大経過時間。期間サフィックスが指定されていない場合は、秒が使用されます。正の値は、現在の時刻に対して Cookie の有効期限が切れる時期を示します。値 0 は、Cookie がすぐに期限切れになることを意味します。負の値は、"Max-Age" がないことを意味します。

server.servlet.session.cookie.name

クッキーの名前。

server.servlet.session.cookie.path

クッキーのパス。

server.servlet.session.cookie.same-site

Cookie の SameSite 設定。

server.servlet.session.cookie.secure

Cookie を常にセキュアとしてマークするかどうか。

server.servlet.session.persistent

再起動間でセッションデータを保持するかどうか。

false

server.servlet.session.store-dir

セッションデータの保存に使用されるディレクトリ。

server.servlet.session.timeout

セッションタイムアウト。期間の接尾辞が指定されていない場合、秒が使用されます。

30m

server.servlet.session.tracking-modes

セッション追跡モード。

server.shutdown

サーバーがサポートするシャットダウンの型。

immediate

server.ssl.bundle

設定された SSL バンドルの名前。

server.ssl.certificate

PEM でエンコードされた SSL 証明書ファイルへのパス。

server.ssl.certificate-private-key

SSL 証明書用の PEM エンコードされた秘密鍵ファイルへのパス。

server.ssl.ciphers

サポートされている SSL 暗号。

server.ssl.client-auth

クライアント認証モード。トラストストアが必要です。

server.ssl.enabled

SSL サポートを有効にするかどうか。

true

server.ssl.enabled-protocols

SSL プロトコルを有効にしました。

server.ssl.key-alias

キーストア内のキーを識別するエイリアス。

server.ssl.key-password

鍵ストア内の鍵にアクセスするために使用されるパスワード。

server.ssl.key-store

SSL 証明書(通常は jks ファイル)を保持するキーストアへのパス。

server.ssl.key-store-password

キーストアへのアクセスに使用されるパスワード。

server.ssl.key-store-provider

キーストアのプロバイダー。

server.ssl.key-store-type

キーストアの型。

server.ssl.protocol

使用する SSL プロトコル。

TLS

server.ssl.server-name-bundles

SNI 構成のための SSL バンドルへのホスト名のマッピング。

server.ssl.trust-certificate

PEM でエンコードされた SSL 認証局ファイルへのパス。

server.ssl.trust-certificate-private-key

SSL 認証局用の PEM エンコードされた秘密鍵ファイルへのパス。

server.ssl.trust-store

SSL 証明書を保持するトラストストア。

server.ssl.trust-store-password

トラストストアへのアクセスに使用されるパスワード。

server.ssl.trust-store-provider

トラストストアのプロバイダー。

server.ssl.trust-store-type

トラストストアの型。

server.tomcat.accept-count

可能なすべてのリクエスト処理スレッドが使用されている場合の受信接続リクエストの最大キュー長。

100

server.tomcat.accesslog.buffered

定期的にのみフラッシュされるように出力をバッファリングするかどうか。

true

server.tomcat.accesslog.check-exists

外部プロセスによって名前が変更された場合に再作成できるように、ログファイルの存在を確認するかどうか。

false

server.tomcat.accesslog.condition-if

「ServletRequest.getAttribute(conditionIf)」が null にならない場合にのみ、リクエストのロギングを有効にするかどうか。

server.tomcat.accesslog.condition-unless

「ServletRequest.getAttribute(conditionUnless)」が null を生成する場合にのみ、リクエストのロギングを有効にするかどうか。

server.tomcat.accesslog.directory

ログファイルが作成されるディレクトリ。Tomcat の基本ディレクトリに対して絶対または相対にできます。

logs

server.tomcat.accesslog.enabled

アクセスログを有効にします。

false

server.tomcat.accesslog.encoding

ログファイルで使用される文字セット。システムのデフォルトの文字セットがデフォルトです。

server.tomcat.accesslog.file-date-format

ログファイル名に入れる日付形式。

.yyyy-MM-dd

server.tomcat.accesslog.ipv6-canonical

RFC 5952 で定義されている IPv6 正規表現形式を使用するかどうか。

false

server.tomcat.accesslog.locale

ログエントリおよびログファイル名サフィックスのタイムスタンプのフォーマットに使用されるロケール。デフォルトは、Java プロセスのデフォルトロケールです。

server.tomcat.accesslog.max-days

アクセスログファイルが削除されるまで保持する日数。

-1

server.tomcat.accesslog.pattern

アクセスログのフォーマットパターン。

common

server.tomcat.accesslog.prefix

ログファイル名のプレフィックス。

access_log

server.tomcat.accesslog.rename-on-rotate

回転時間まで、ファイル名に日付スタンプを含めることを延期するかどうか。

false

server.tomcat.accesslog.request-attributes-enabled

リクエストに使用される IP アドレス、ホスト名、プロトコル、ポートのリクエスト属性を設定します。

false

server.tomcat.accesslog.rotate

アクセスログのローテーションを有効にするかどうか。

true

server.tomcat.accesslog.suffix

ログファイル名のサフィックス。

.log

server.tomcat.additional-tld-skip-patterns

TLD スキャンで無視する jar に一致する追加のパターンのコンマ区切りリスト。特殊な '?' および '*' 文字をパターンの中で使用することで、それぞれ 1 文字のみに一致させたり 0 文字以上の文字に一致させることができます。

server.tomcat.background-processor-delay

backgroundProcess メソッドの呼び出し間の遅延。期間の接尾辞が指定されていない場合、秒が使用されます。

10s

server.tomcat.basedir

Tomcat ベースディレクトリ。指定しない場合、一時ディレクトリが使用されます。

server.tomcat.connection-timeout

接続を受け入れた後、リクエスト URI 行が表示されるまでコネクターが待機する時間。

server.tomcat.keep-alive-timeout

接続が閉じられる前に、別の HTTP リクエストを待つ時間。設定されていない場合、connectionTimeout が使用されます。-1 に設定すると、タイムアウトは発生しません。

server.tomcat.max-connections

サーバーが常に受け入れて処理する接続の最大数。制限に達すると、オペレーティングシステムは "acceptCount" プロパティに基づいて接続を受け入れる場合があります。

8192

server.tomcat.max-http-form-post-size

HTTP ポストリクエストのフォームコンテンツの最大サイズ。

2MB

server.tomcat.max-http-response-header-size

HTTP レスポンスヘッダーの最大サイズ。

8KB

server.tomcat.max-keep-alive-requests

接続が閉じられる前にパイプライン化できる HTTP リクエストの最大数。0 または 1 に設定すると、キープアライブとパイプライン処理が無効になります。-1 に設定すると、パイプラインリクエストまたはキープアライブリクエストの数に制限はありません。

100

server.tomcat.max-swallow-size

取り込むリクエストボディの最大量。

2MB

server.tomcat.mbeanregistry.enabled

Tomcat の MBean レジストリを有効にするかどうか。

false

server.tomcat.processor-cache

キャッシュに保持され、後続のリクエストで再利用されるアイドルプロセッサーの最大数。-1 に設定すると、キャッシュは無制限になり、理論上の最大サイズは接続の最大数に等しくなります。

200

server.tomcat.redirect-context-root

パスに / を追加して、コンテキストルートへのリクエストをリダイレクトする必要があるかどうか。プロキシで終了する SSL を使用する場合、このプロパティは false に設定する必要があります。

true

server.tomcat.relaxed-path-chars

URI パスで許可される追加のエンコードされていない文字のカンマ区切りリスト。"<> [\] ^ `{|}" のみが許可されます。

server.tomcat.relaxed-query-chars

URI クエリ文字列で許可される追加のエンコードされていない文字のカンマ区切りリスト。"<> [\] ^ `{|}" のみが許可されます。

server.tomcat.remoteip.host-header

リモートホストが抽出される HTTP ヘッダーの名前。

X-Forwarded-Host

server.tomcat.remoteip.internal-proxies

信頼されるプロキシに一致する正規表現。

10\\.\\d{1,3}\\.\\d{1,3}\\.\\d{1,3}|192\\.168\\.\\d{1,3}\\.\\d{1,3}|169\\.254\\.\\d{1,3}\\.\\d{1,3}|127\\.\\d{1,3}\\.\\d{1,3}\\.\\d{1,3}|100\\.6[4-9]{1}\\.\\d{1,3}\\.\\d{1,3}|100\\.[7-9]{1}\\d{1}\\.\\d{1,3}\\.\\d{1,3}|100\\.1[0-1]{1}\\d{1}\\.\\d{1,3}\\.\\d{1,3}|100\\.12[0-7]{1}\\.\\d{1,3}\\.\\d{1,3}|172\\.1[6-9]{1}\\.\\d{1,3}\\.\\d{1,3}|172\\.2[0-9]{1}\\.\\d{1,3}\\.\\d{1,3}|172\\.3[0-1]{1}\\.\\d{1,3}\\.\\d{1,3}|0:0:0:0:0:0:0:1|::1

server.tomcat.remoteip.port-header

元のポート値をオーバーライドするために使用される HTTP ヘッダーの名前。

X-Forwarded-Port

server.tomcat.remoteip.protocol-header

通常 "X-Forwarded-Proto" という名前の受信プロトコルを保持するヘッダー。

server.tomcat.remoteip.protocol-header-https-value

受信リクエストが SSL を使用するかどうかを示すプロトコルヘッダーの値。

https

server.tomcat.remoteip.remote-ip-header

リモート IP が抽出される HTTP ヘッダーの名前。たとえば、"X-FORWARDED-FOR"。

server.tomcat.remoteip.trusted-proxies

"remote-ip-header" ヘッダーに表示されるときに信頼されるプロキシを定義する正規表現。

server.tomcat.resource.allow-caching

この Web アプリケーションで静的リソースキャッシングが許可されているかどうか。

true

server.tomcat.resource.cache-ttl

静的リソースキャッシュの有効期間。

server.tomcat.threads.max

ワーカースレッドの最大量。

200

server.tomcat.threads.max-queue-capacity

スレッドプールのバッキングキューの最大容量。

2147483647

server.tomcat.threads.min-spare

ワーカースレッドの最小量。

10

server.tomcat.uri-encoding

URI のデコードに使用する文字エンコード。

UTF-8

server.tomcat.use-relative-redirects

sendRedirect の呼び出しによって生成された HTTP 1.1 以降のロケーションヘッダーが相対リダイレクトを使用するか、絶対リダイレクトを使用するか。

false

server.undertow.accesslog.dir

Undertow アクセスログディレクトリ。

server.undertow.accesslog.enabled

アクセスログを有効にするかどうか。

false

server.undertow.accesslog.pattern

アクセスログのフォーマットパターン。

common

server.undertow.accesslog.prefix

ログファイル名のプレフィックス。

access_log.

server.undertow.accesslog.rotate

アクセスログのローテーションを有効にするかどうか。

true

server.undertow.accesslog.suffix

ログファイル名のサフィックス。

log

server.undertow.always-set-keep-alive

HTTP 仕様で要求されていない場合でも、"Connection:keep-alive" ヘッダーをすべてのレスポンスに追加する必要があるかどうか。

true

server.undertow.buffer-size

各バッファーのサイズ。デフォルトは、JVM で利用可能なメモリの最大量から導出されます。

server.undertow.decode-slash

エンコードされたスラッシュ文字 (%2F) をデコードするかどうか。フロントエンドプロキシが同じデコードを実行しない場合、デコードによってセキュリティ上の問題が発生する可能性があります。これを必要とするレガシーアプリケーションがある場合にのみ、これを有効にします。設定すると、server.undertow.allow-encoded-slash は効果がありません。

server.undertow.decode-url

URL をデコードするかどうか。無効にすると、URL のパーセントエンコードされた文字はそのまま残ります。

true

server.undertow.direct-buffers

Java ヒープの外部にバッファーを割り当てるかどうか。デフォルトは、JVM で利用可能なメモリの最大量から導出されます。

server.undertow.eager-filter-init

起動時にサーブレットフィルターを初期化するかどうか。

true

server.undertow.max-cookies

許可される Cookie の最大数。この制限は、ハッシュ衝突ベースの DOS 攻撃を防ぐために存在します。

200

server.undertow.max-headers

許可されるヘッダーの最大数。この制限は、ハッシュ衝突ベースの DOS 攻撃を防ぐために存在します。

server.undertow.max-http-post-size

HTTP 投稿コンテンツの最大サイズ。値がデフォルトの -1 の場合、サイズは無制限です。

-1B

server.undertow.max-parameters

許可されるクエリまたはパスパラメーターの最大数。この制限は、ハッシュ衝突ベースの DOS 攻撃を防ぐために存在します。

server.undertow.no-request-timeout

接続がサーバーによって閉じられる前に、リクエストを処理せずにアイドル状態にできる時間。

server.undertow.options.server.*

io.undertow.UndertowOptions で定義されているサーバーオプション。

server.undertow.options.socket.*

org.xnio.Options で定義されているソケットオプション。

server.undertow.preserve-path-on-forward

転送時にリクエストのパスを保持するかどうか。

false

server.undertow.threads.io

ワーカー用に作成する I/O スレッドの数。デフォルトは、使用可能なプロセッサーの数から導出されます。

server.undertow.threads.worker

ワーカースレッドの数。デフォルトは、I/O スレッドの数の 8 倍です。

server.undertow.url-charset

URL のデコードに使用される文字セット。

UTF-8

セキュリティプロパティ

名前 説明 デフォルト値

spring.security.filter.dispatcher-types

サーブレットベースの Web アプリケーション用のセキュリティフィルターチェーンディスパッチャー型。

[async, error, forward, include, request]

spring.security.filter.order

サーブレットベースの Web アプリケーション用のセキュリティフィルターチェーンオーダー。

-100

spring.security.oauth2.authorizationserver.client.*

認可サーバーの登録済みクライアント。

spring.security.oauth2.authorizationserver.endpoint.authorization-uri

認可サーバーの OAuth 2.0 認可エンドポイント。

/oauth2/authorize

spring.security.oauth2.authorizationserver.endpoint.device-authorization-uri

認可サーバーの OAuth 2.0 デバイス認可エンドポイント。

/oauth2/device_authorization

spring.security.oauth2.authorizationserver.endpoint.device-verification-uri

認可サーバーの OAuth 2.0 デバイス検証エンドポイント。

/oauth2/device_verification

spring.security.oauth2.authorizationserver.endpoint.jwk-set-uri

認可サーバーの JWK セットエンドポイント。

/oauth2/jwks

spring.security.oauth2.authorizationserver.endpoint.oidc.client-registration-uri

認可サーバーの OpenID Connect 1.0 クライアント登録エンドポイント。

/connect/register

spring.security.oauth2.authorizationserver.endpoint.oidc.logout-uri

認可サーバーの OpenID Connect 1.0 ログアウトエンドポイント。

/connect/logout

spring.security.oauth2.authorizationserver.endpoint.oidc.user-info-uri

認可サーバーの OpenID Connect 1.0 UserInfo エンドポイント。

/userinfo

spring.security.oauth2.authorizationserver.endpoint.token-introspection-uri

認可サーバーの OAuth 2.0 トークンイントロスペクションエンドポイント。

/oauth2/introspect

spring.security.oauth2.authorizationserver.endpoint.token-revocation-uri

認可サーバーの OAuth 2.0 トークン失効エンドポイント。

/oauth2/revoke

spring.security.oauth2.authorizationserver.endpoint.token-uri

認可サーバーの OAuth 2.0 トークンエンドポイント。

/oauth2/token

spring.security.oauth2.authorizationserver.issuer

認可サーバーの発行者識別子の URL。

spring.security.oauth2.authorizationserver.multiple-issuers-allowed

ホストごとに複数の発行者を許可するかどうか。発行者識別子の URL でパスコンポーネントを使用すると、マルチテナントホスティング構成でホストごとに複数の発行者をサポートできます。

false

spring.security.oauth2.client.provider.*

OAuth プロバイダーの詳細。

spring.security.oauth2.client.registration.*

OAuth クライアント登録。

spring.security.oauth2.resourceserver.jwt.audiences

JWT の対象となる受信者を識別します。

spring.security.oauth2.resourceserver.jwt.authorities-claim-delimiter

権限クレームの値を権限に分割するために使用する正規表現。

spring.security.oauth2.resourceserver.jwt.authorities-claim-name

JWT から権限をマッピングするために使用するトークン要求の名前。

spring.security.oauth2.resourceserver.jwt.authority-prefix

JWT からマップされた権限に使用するプレフィックス。

spring.security.oauth2.resourceserver.jwt.issuer-uri

RFC 8414 で定義されている OpenID Connect ディスカバリエンドポイントまたは OAuth 2.0 認可サーバーメタデータエンドポイントのいずれかである URI。

spring.security.oauth2.resourceserver.jwt.jwk-set-uri

JWT トークンの検証に使用する JSON Web キー URI。

spring.security.oauth2.resourceserver.jwt.jws-algorithms

デジタル署名の検証に使用される JSON Web アルゴリズム。

RS256

spring.security.oauth2.resourceserver.jwt.principal-claim-name

JWT プリンシパルクレーム名。

spring.security.oauth2.resourceserver.jwt.public-key-location

JWT の検証に使用される公開キーを含むファイルの場所。

spring.security.oauth2.resourceserver.opaquetoken.client-id

トークンイントロスペクションエンドポイントでの認証に使用されるクライアント ID。

spring.security.oauth2.resourceserver.opaquetoken.client-secret

トークンイントロスペクションエンドポイントでの認証に使用されるクライアントシークレット。

spring.security.oauth2.resourceserver.opaquetoken.introspection-uri

トークンのイントロスペクションが行われる OAuth 2.0 エンドポイント。

spring.security.saml2.relyingparty.registration.*

SAML2 証明書利用者登録。

spring.security.user.name

デフォルトのユーザー名。

user

spring.security.user.password

デフォルトのユーザー名のパスワード。

spring.security.user.roles

デフォルトのユーザー名に付与されたロール。

RSocket のプロパティ

名前 説明 デフォルト値

spring.rsocket.server.address

サーバーがバインドするネットワークアドレス。

spring.rsocket.server.fragment-size

最大伝送ユニット。指定された値より大きいフレームはフラグメント化されます。

spring.rsocket.server.mapping-path

RSocket がリクエストを処理するパス(websocket トランスポートでのみ機能します)。

spring.rsocket.server.port

サーバーポート。

spring.rsocket.server.spec.compress

WebSocket 圧縮拡張機能が有効かどうか。

false

spring.rsocket.server.spec.handle-ping

WebSocket ping フレームをプロキシするか、応答するか。

false

spring.rsocket.server.spec.max-frame-payload-length

最大許容フレームペイロード長。

65536B

spring.rsocket.server.spec.protocols

WebSocket ハンドシェイク署名で使用するサブプロトコル。

spring.rsocket.server.ssl.bundle

設定された SSL バンドルの名前。

spring.rsocket.server.ssl.certificate

PEM でエンコードされた SSL 証明書ファイルへのパス。

spring.rsocket.server.ssl.certificate-private-key

SSL 証明書用の PEM エンコードされた秘密鍵ファイルへのパス。

spring.rsocket.server.ssl.ciphers

サポートされている SSL 暗号。

spring.rsocket.server.ssl.client-auth

クライアント認証モード。トラストストアが必要です。

spring.rsocket.server.ssl.enabled

SSL サポートを有効にするかどうか。

true

spring.rsocket.server.ssl.enabled-protocols

SSL プロトコルを有効にしました。

spring.rsocket.server.ssl.key-alias

キーストア内のキーを識別するエイリアス。

spring.rsocket.server.ssl.key-password

鍵ストア内の鍵にアクセスするために使用されるパスワード。

spring.rsocket.server.ssl.key-store

SSL 証明書(通常は jks ファイル)を保持するキーストアへのパス。

spring.rsocket.server.ssl.key-store-password

キーストアへのアクセスに使用されるパスワード。

spring.rsocket.server.ssl.key-store-provider

キーストアのプロバイダー。

spring.rsocket.server.ssl.key-store-type

キーストアの型。

spring.rsocket.server.ssl.protocol

使用する SSL プロトコル。

TLS

spring.rsocket.server.ssl.server-name-bundles

SNI 構成のための SSL バンドルへのホスト名のマッピング。

spring.rsocket.server.ssl.trust-certificate

PEM でエンコードされた SSL 認証局ファイルへのパス。

spring.rsocket.server.ssl.trust-certificate-private-key

SSL 認証局用の PEM エンコードされた秘密鍵ファイルへのパス。

spring.rsocket.server.ssl.trust-store

SSL 証明書を保持するトラストストア。

spring.rsocket.server.ssl.trust-store-password

トラストストアへのアクセスに使用されるパスワード。

spring.rsocket.server.ssl.trust-store-provider

トラストストアのプロバイダー。

spring.rsocket.server.ssl.trust-store-type

トラストストアの型。

spring.rsocket.server.transport

RSocket トランスポートプロトコル。

tcp

アクチュエーターのプロパティ

名前 説明 デフォルト値

management.appoptics.metrics.export.api-token

AppOptics API トークン。

management.appoptics.metrics.export.batch-size

このバックエンドに使用するリクエストごとの測定数。さらに測定値が見つかった場合、複数のリクエストが行われます。

500

management.appoptics.metrics.export.connect-timeout

このバックエンドへのリクエストの接続タイムアウト。

5s

management.appoptics.metrics.export.enabled

このバックエンドへのメトリクスのエクスポートが有効かどうか。

true

management.appoptics.metrics.export.floor-times

フロアされた時間を送信するかどうか。複数のホストから測定値を送信して、特定の時間境界に合わせるために役立ちます。

false

management.appoptics.metrics.export.host-tag

メトリクスを AppOptics に提供するときに "@host" にマップされるタグ。

instance

management.appoptics.metrics.export.read-timeout

このバックエンドへのリクエストの読み取りタイムアウト。

10s

management.appoptics.metrics.export.step

使用するステップサイズ(レポート頻度)。

1m

management.appoptics.metrics.export.uri

メトリクスを送付する URI。

https://api.appoptics.com/v1/measurements

management.atlas.metrics.export.batch-size

このバックエンドに使用するリクエストごとの測定数。さらに測定値が見つかった場合、複数のリクエストが行われます。

10000

management.atlas.metrics.export.config-refresh-frequency

LWC サービスから構成設定をリフレッシュする頻度。

10s

management.atlas.metrics.export.config-time-to-live

LWC サービスからのサブスクリプションの有効期間。

150s

management.atlas.metrics.export.config-uri

現在のサブスクリプションを取得するための Atlas LWC エンドポイントの URI。

http://localhost:7101/lwc/api/v1/expressions/local-dev

management.atlas.metrics.export.connect-timeout

このバックエンドへのリクエストの接続タイムアウト。

1s

management.atlas.metrics.export.enabled

このバックエンドへのメトリクスのエクスポートが有効かどうか。

true

management.atlas.metrics.export.eval-uri

Atlas LWC エンドポイントの URI。サブスクリプションのデータを評価します。

http://localhost:7101/lwc/api/v1/evaluate

management.atlas.metrics.export.lwc-enabled

Atlas LWC へのストリーミングを有効にするかどうか。

false

management.atlas.metrics.export.lwc-ignore-publish-step

Atlas パブリッシングと同じステップサイズの式をストリーミングで無視するかどうか。Atlas にパブリッシュされるデータがバックエンドからストリーミングにも送信される場合に使用されます。

true

management.atlas.metrics.export.lwc-step

Atlas LWC へのストリーミングに使用するステップサイズ (レポート頻度)。これは、データのオンデマンドストリームを取得するためにサポートされている最高の解決です。これは management.metrics.export.atlas.step 以下である必要があり、management.metrics.export.atlas.step はこの値の偶数倍である必要があります。

5s

management.atlas.metrics.export.meter-time-to-live

アクティビティのないメーターの寿命。この期間が経過すると、メーターは期限切れと見なされ、レポートされなくなります。

15m

management.atlas.metrics.export.num-threads

メトリクス公開スケジューラで使用するスレッドの数。

4

management.atlas.metrics.export.read-timeout

このバックエンドへのリクエストの読み取りタイムアウト。

10s

management.atlas.metrics.export.step

使用するステップサイズ(レポート頻度)。

1m

management.atlas.metrics.export.uri

Atlas サーバーの URI。

http://localhost:7101/api/v1/publish

management.auditevents.enabled

監査イベントの保存を有効にするかどうか。

true

management.cloudfoundry.enabled

拡張 Cloud Foundry アクチュエーターエンドポイントを有効にするかどうか。

true

management.cloudfoundry.skip-ssl-validation

Cloud Foundry アクチュエーターエンドポイントセキュリティコールの SSL 検証をスキップするかどうか。

false

management.datadog.metrics.export.api-key

Datadog API キー。

management.datadog.metrics.export.application-key

Datadog アプリケーションキー。厳密に必要というわけではありませんが、メーターの説明、型、ベースユニットを Datadog に送信することで、Datadog のエクスペリエンスが向上します。

management.datadog.metrics.export.batch-size

このバックエンドに使用するリクエストごとの測定数。さらに測定値が見つかった場合、複数のリクエストが行われます。

10000

management.datadog.metrics.export.connect-timeout

このバックエンドへのリクエストの接続タイムアウト。

1s

management.datadog.metrics.export.descriptions

説明メタデータを Datadog に公開するかどうか。送信するメタデータの量を最小限に抑えるには、これをオフにします。

true

management.datadog.metrics.export.enabled

このバックエンドへのメトリクスのエクスポートが有効かどうか。

true

management.datadog.metrics.export.host-tag

メトリクスを Datadog に提供するときに「ホスト」にマップされるタグ。

instance

management.datadog.metrics.export.read-timeout

このバックエンドへのリクエストの読み取りタイムアウト。

10s

management.datadog.metrics.export.step

使用するステップサイズ(レポート頻度)。

1m

management.datadog.metrics.export.uri

メトリクスを送信する URI。米国以外の Datadog サイト、または Datadog への途中の内部プロキシにメトリクスを公開する必要がある場合は、これを設定します。

https://api.datadoghq.com

management.defaults.metrics.export.enabled

デフォルトのメトリクスエクスポータを有効にするかどうか。

true

management.dynatrace.metrics.export.api-token

Dynatrace 認証トークン。

management.dynatrace.metrics.export.batch-size

このバックエンドに使用するリクエストごとの測定数。さらに測定値が見つかった場合、複数のリクエストが行われます。

10000

management.dynatrace.metrics.export.connect-timeout

このバックエンドへのリクエストの接続タイムアウト。

1s

management.dynatrace.metrics.export.enabled

このバックエンドへのメトリクスのエクスポートが有効かどうか。

true

management.dynatrace.metrics.export.read-timeout

このバックエンドへのリクエストの読み取りタイムアウト。

10s

management.dynatrace.metrics.export.step

使用するステップサイズ(レポート頻度)。

1m

management.dynatrace.metrics.export.uri

メトリクスを送信する URI。SaaS、自己管理インスタンス、内部プロキシを経由するために使用する必要があります。

management.dynatrace.metrics.export.v1.device-id

メトリクスを Dynatrace にエクスポートしているカスタムデバイスの ID。

management.dynatrace.metrics.export.v1.group

エクスポートされたメトリクスのグループ。Dynatrace UI でカスタムデバイスグループ名を指定するために使用されます。

management.dynatrace.metrics.export.v1.technology-type

エクスポートされたメトリクスのテクノロジー型。Dynatrace UI で論理テクノロジー名にメトリクスをグループ化するために使用されます。

java

management.dynatrace.metrics.export.v2.default-dimensions.*

キーと値のペアの形式ですべてのメトリクスに追加されるデフォルトのディメンション。同じキーを使用している場合、これらは Micrometer タグによって上書きされます。

management.dynatrace.metrics.export.v2.enrich-with-dynatrace-metadata

Dynatrace メタデータのエクスポートを有効にするかどうか。

true

management.dynatrace.metrics.export.v2.export-meter-metadata

メーターのメタデータ (単位と説明) を Dynatrace バックエンドにエクスポートするかどうか。

true

management.dynatrace.metrics.export.v2.metric-key-prefix

エクスポートされたすべてのメトリクスに追加されるプレフィックス文字列。

management.dynatrace.metrics.export.v2.use-dynatrace-summary-instruments

タイマーと DistributionSummary 用の内蔵 micrometer インストゥルメントにフォールバックするかどうか。

true

management.elastic.metrics.export.api-key-credentials

Base64 でエンコードされたクレデンシャル文字列。ユーザー名とパスワードで相互に排他的です。

management.elastic.metrics.export.auto-create-index

インデックスが存在しない場合に自動的に作成するかどうか。

true

management.elastic.metrics.export.batch-size

このバックエンドに使用するリクエストごとの測定数。さらに測定値が見つかった場合、複数のリクエストが行われます。

10000

management.elastic.metrics.export.connect-timeout

このバックエンドへのリクエストの接続タイムアウト。

1s

management.elastic.metrics.export.enabled

このバックエンドへのメトリクスのエクスポートが有効かどうか。

true

management.elastic.metrics.export.host

メトリクスをエクスポートするホスト。

http://localhost:9200

management.elastic.metrics.export.index

指標をエクスポートするインデックス。

micrometer-metrics

management.elastic.metrics.export.index-date-format

ローリングインデックスに使用されるインデックス日付形式。インデックス名に追加されます。

yyyy-MM

management.elastic.metrics.export.index-date-separator

ローリングインデックスに使用される日付形式からインデックス名を区切るプレフィックス。

-

management.elastic.metrics.export.password

Elastic サーバーのログインパスワード。api-key-credentials と相互に排他的です。

management.elastic.metrics.export.pipeline

取り込みパイプライン名。デフォルトでは、イベントは前処理されません。

management.elastic.metrics.export.read-timeout

このバックエンドへのリクエストの読み取りタイムアウト。

10s

management.elastic.metrics.export.step

使用するステップサイズ(レポート頻度)。

1m

management.elastic.metrics.export.timestamp-field-name

タイムスタンプフィールドの名前。

@timestamp

management.elastic.metrics.export.user-name

Elastic サーバーのログインユーザー。api-key-credentials と相互に排他的です。

management.endpoint.auditevents.cache.time-to-live

レスポンスをキャッシュできる最大時間。

0ms

management.endpoint.auditevents.enabled

auditevents エンドポイントを有効にするかどうか。

true

management.endpoint.beans.cache.time-to-live

レスポンスをキャッシュできる最大時間。

0ms

management.endpoint.beans.enabled

Bean エンドポイントを有効にするかどうか。

true

management.endpoint.caches.cache.time-to-live

レスポンスをキャッシュできる最大時間。

0ms

management.endpoint.caches.enabled

キャッシュエンドポイントを有効にするかどうか。

true

management.endpoint.conditions.cache.time-to-live

レスポンスをキャッシュできる最大時間。

0ms

management.endpoint.conditions.enabled

条件エンドポイントを有効にするかどうか。

true

management.endpoint.configprops.cache.time-to-live

レスポンスをキャッシュできる最大時間。

0ms

management.endpoint.configprops.enabled

configprops エンドポイントを有効にするかどうか。

true

management.endpoint.configprops.roles

サニタイズされていない値の表示がユーザーに認可されているかどうかを判断するために使用されるロール。空の場合、すべての認証済みユーザーが承認されます。

management.endpoint.configprops.show-values

サニタイズされていない値をいつ表示するか。

never

management.endpoint.env.cache.time-to-live

レスポンスをキャッシュできる最大時間。

0ms

management.endpoint.env.enabled

env エンドポイントを有効にするかどうか。

true

management.endpoint.env.roles

サニタイズされていない値の表示がユーザーに認可されているかどうかを判断するために使用されるロール。空の場合、すべての認証済みユーザーが承認されます。

management.endpoint.env.show-values

サニタイズされていない値をいつ表示するか。

never

management.endpoint.flyway.cache.time-to-live

レスポンスをキャッシュできる最大時間。

0ms

management.endpoint.flyway.enabled

flyway エンドポイントを有効にするかどうか。

true

management.endpoint.health.cache.time-to-live

レスポンスをキャッシュできる最大時間。

0ms

management.endpoint.health.enabled

ヘルスエンドポイントを有効にするかどうか。

true

management.endpoint.health.group.*

ヘルスエンドポイントグループ。

management.endpoint.health.logging.slow-indicator-threshold

遅いヘルスインジケータの警告がログに記録されるまでのしきい値。

10s

management.endpoint.health.probes.add-additional-paths

メインサーバーポートでライブネスおよびレディネスヘルスグループを使用可能にするかどうか。

false

management.endpoint.health.probes.enabled

活性プローブと準備プローブを有効にするかどうか。

false

management.endpoint.health.roles

ユーザーが詳細の表示を認可されているかどうかを判断するために使用されるロール。空の場合、すべての認証済みユーザーが承認されます。

management.endpoint.health.show-components

コンポーネントを表示するタイミング。指定しない場合、"show-details" 設定が使用されます。

management.endpoint.health.show-details

ヘルス状態の詳細を表示するタイミング。

never

management.endpoint.health.status.http-mapping.*

ヘルスステータスの HTTP ステータスコードへのマッピング。デフォルトでは、登録済みのヘルスステータスは適切なデフォルトにマップされます(たとえば、UP は 200 にマップされます)。

management.endpoint.health.status.order

重大度の順でのヘルス状態のコンマ区切りリスト。

[DOWN, OUT_OF_SERVICE, UP, UNKNOWN]

management.endpoint.health.validate-group-membership

起動時にヘルスグループのメンバーシップを検証するかどうか。存在しないヘルス状態のコントリビュート者がグループに含まれているか除外されている場合、検証は失敗します。

true

management.endpoint.heapdump.cache.time-to-live

レスポンスをキャッシュできる最大時間。

0ms

management.endpoint.heapdump.enabled

heapdump エンドポイントを有効にするかどうか。

true

management.endpoint.httpexchanges.cache.time-to-live

レスポンスをキャッシュできる最大時間。

0ms

management.endpoint.httpexchanges.enabled

httpexchanges エンドポイントを有効にするかどうか。

true

management.endpoint.info.cache.time-to-live

レスポンスをキャッシュできる最大時間。

0ms

management.endpoint.info.enabled

情報エンドポイントを有効にするかどうか。

true

management.endpoint.integrationgraph.cache.time-to-live

レスポンスをキャッシュできる最大時間。

0ms

management.endpoint.integrationgraph.enabled

integrationgraph エンドポイントを有効にするかどうか。

true

management.endpoint.liquibase.cache.time-to-live

レスポンスをキャッシュできる最大時間。

0ms

management.endpoint.liquibase.enabled

liquibase エンドポイントを有効にするかどうか。

true

management.endpoint.logfile.cache.time-to-live

レスポンスをキャッシュできる最大時間。

0ms

management.endpoint.logfile.enabled

ログファイルのエンドポイントを有効にするかどうか。

true

management.endpoint.logfile.external-file

アクセスする外部ログファイル。ログファイルがロギングシステム自体ではなく、出力リダイレクトによって書き込まれる場合に使用できます。

management.endpoint.loggers.cache.time-to-live

レスポンスをキャッシュできる最大時間。

0ms

management.endpoint.loggers.enabled

ロガーエンドポイントを有効にするかどうか。

true

management.endpoint.mappings.cache.time-to-live

レスポンスをキャッシュできる最大時間。

0ms

management.endpoint.mappings.enabled

マッピングエンドポイントを有効にするかどうか。

true

management.endpoint.metrics.cache.time-to-live

レスポンスをキャッシュできる最大時間。

0ms

management.endpoint.metrics.enabled

メトリクスエンドポイントを有効にするかどうか。

true

management.endpoint.prometheus.enabled

プロメテウスエンドポイントを有効にするかどうか。

true

management.endpoint.quartz.cache.time-to-live

レスポンスをキャッシュできる最大時間。

0ms

management.endpoint.quartz.enabled

クォーツエンドポイントを有効にするかどうか。

true

management.endpoint.quartz.roles

サニタイズされていないジョブまたはトリガーの値を表示する権限がユーザーにあるかどうかを判断するために使用されるロール。空の場合、すべての認証済みユーザーが承認されます。

management.endpoint.quartz.show-values

サニタイズされていないジョブまたはトリガーの値をいつ表示するか。

never

management.endpoint.sbom.additional.*

追加の SBOM。

management.endpoint.sbom.application.location

SBOM への場所。null の場合、位置は自動検出されます。

management.endpoint.sbom.application.media-type

SBOM のメディア型。null の場合、メディア型は自動検出されます。

management.endpoint.sbom.cache.time-to-live

レスポンスをキャッシュできる最大時間。

0ms

management.endpoint.sbom.enabled

sbom エンドポイントを有効にするかどうか。

true

management.endpoint.scheduledtasks.cache.time-to-live

レスポンスをキャッシュできる最大時間。

0ms

management.endpoint.scheduledtasks.enabled

ScheduledTasks エンドポイントを有効にするかどうか。

true

management.endpoint.sessions.enabled

セッションエンドポイントを有効にするかどうか。

true

management.endpoint.shutdown.enabled

シャットダウンエンドポイントを有効にするかどうか。

false

management.endpoint.startup.cache.time-to-live

レスポンスをキャッシュできる最大時間。

0ms

management.endpoint.startup.enabled

スタートアップエンドポイントを有効にするかどうか。

true

management.endpoint.threaddump.cache.time-to-live

レスポンスをキャッシュできる最大時間。

0ms

management.endpoint.threaddump.enabled

スレッドダンプエンドポイントを有効にするかどうか。

true

management.endpoints.enabled-by-default

デフォルトですべてのエンドポイントを有効にするか無効にするか。

management.endpoints.jackson.isolated-object-mapper

分離オブジェクトマッパーを使用してエンドポイント JSON を直列化するかどうか。

true

management.endpoints.jmx.domain

エンドポイント JMX ドメイン名。設定されている場合、"spring.jmx.default-domain" へのフォールバック。

org.springframework.boot

management.endpoints.jmx.exposure.exclude

除外する必要があるエンドポイント ID、すべての場合は "*"。

management.endpoints.jmx.exposure.include

含める必要があるエンドポイント ID、すべての場合は "*"。

health

management.endpoints.jmx.static-names

エンドポイントを表す MBean のすべての ObjectNames に追加する追加の静的プロパティ。

management.endpoints.migrate-legacy-ids

レガシーエンドポイント ID を透過的に移行するかどうか。

false

management.endpoints.web.base-path

Web エンドポイントのベースパス。管理サーバーがメインサーバーポートを共有している場合のサーブレットコンテキストパス(server.servlet.context-path)または WebFlux ベースパス(spring.webflux.base-path)に関連します。別の管理サーバーポート(management.server.port)が構成されている場合は、管理サーバーのベースパス(management.server.base-path)を基準にします。

/actuator

management.endpoints.web.cors.allow-credentials

資格情報がサポートされているかどうか。設定されていない場合、資格情報はサポートされていません。

management.endpoints.web.cors.allowed-headers

リクエストで許可するヘッダーのコンマ区切りリスト。"*" はすべてのヘッダーを許可します。

management.endpoints.web.cors.allowed-methods

許可するメソッドのカンマ区切りリスト。"*" はすべてのメソッドを許可します。設定されていない場合、デフォルトは GET です。

management.endpoints.web.cors.allowed-origin-patterns

許可するオリジンパターンのコンマ区切りリスト。'*' のみをサポートする許可されたオリジンとは異なり、オリジンパターンはより柔軟性があり(たとえば、'https://*.example.com')、資格情報が許可されている場合に使用できます。許可されたオリジンパターンまたは許可されたオリジンが設定されていない場合、CORS サポートは無効になります。

management.endpoints.web.cors.allowed-origins

許可するオリジンのコンマ区切りリスト。"*" はすべての起点を許可します。資格情報が許可されている場合、"*" は使用できず、代わりにオリジンパターンを構成する必要があります。許可されたオリジンまたは許可されたオリジンパターンが設定されていない場合、CORS サポートは無効になります。

management.endpoints.web.cors.exposed-headers

レスポンスに含めるヘッダーのコンマ区切りリスト。

management.endpoints.web.cors.max-age

プリフライトリクエストからのレスポンスをクライアントがキャッシュできる期間。期間の接尾辞が指定されていない場合、秒が使用されます。

1800s

management.endpoints.web.discovery.enabled

検出ページが有効かどうか。

true

management.endpoints.web.exposure.exclude

除外する必要があるエンドポイント ID、すべての場合は "*"。

management.endpoints.web.exposure.include

含める必要があるエンドポイント ID、すべての場合は "*"。

[health]

management.endpoints.web.path-mapping.*

エンドポイント ID と公開するパス間のマッピング。

management.ganglia.metrics.export.addressing-mode

UDP アドレシングモード、ユニキャストまたはマルチキャスト。

multicast

management.ganglia.metrics.export.duration-units

期間のレポートに使用される基本時間単位。

milliseconds

management.ganglia.metrics.export.enabled

Ganglia へのメトリクスのエクスポートが有効かどうか。

true

management.ganglia.metrics.export.host

エクスポートされたメトリクスを受信する Ganglia サーバーのホスト。

localhost

management.ganglia.metrics.export.port

エクスポートされたメトリクスを受信する Ganglia サーバーのポート。

8649

management.ganglia.metrics.export.step

使用するステップサイズ(レポート頻度)。

1m

management.ganglia.metrics.export.time-to-live

Ganglia のメトリクスの存続時間。マルチキャストの Time-To-Live を、ホスト間のホップ (ルーター) の数よりも 1 大きい値に設定します。

1

management.graphite.metrics.export.duration-units

期間のレポートに使用される基本時間単位。

milliseconds

management.graphite.metrics.export.enabled

Graphite へのメトリクスのエクスポートが有効かどうか。

true

management.graphite.metrics.export.graphite-tags-enabled

階層的な命名規則ではなく、Graphite タグを使用するかどうか。"tagsAsPrefix" が設定されていない限り、デフォルトで有効になります。

management.graphite.metrics.export.host

エクスポートされたメトリクスを受信する Graphite サーバーのホスト。

localhost

management.graphite.metrics.export.port

エクスポートされたメトリクスを受信する Graphite サーバーのポート。

2004

management.graphite.metrics.export.protocol

Graphite にデータを送信する際に使用するプロトコル。

pickled

management.graphite.metrics.export.rate-units

レートのレポートに使用される基本時間単位。

seconds

management.graphite.metrics.export.step

使用するステップサイズ(レポート頻度)。

1m

management.graphite.metrics.export.tags-as-prefix

階層的な命名規則については、指定されたタグキーをメトリクスプレフィックスの一部にします。"graphiteTagsEnabled" が true の場合は無視されます。

[]

management.health.cassandra.enabled

Cassandra ヘルスチェックを有効にするかどうか。

true

management.health.couchbase.enabled

Couchbase ヘルスチェックを有効にするかどうか。

true

management.health.db.enabled

データベースのヘルスチェックを有効にするかどうか。

true

management.health.db.ignore-routing-data-sources

データベースヘルスインジケーターを作成するときに AbstractRoutingDataSources を無視するかどうか。

false

management.health.defaults.enabled

デフォルトのヘルスインジケータを有効にするかどうか。

true

management.health.diskspace.enabled

ディスク領域のヘルスチェックを有効にするかどうか。

true

management.health.diskspace.path

利用可能なディスク容量の計算に使用されるパス。

management.health.diskspace.threshold

利用可能な最小ディスク容量。

10MB

management.health.elasticsearch.enabled

Elasticsearch ヘルスチェックを有効にするかどうか。

true

management.health.influxdb.enabled

InfluxDB ヘルスチェックを有効にするかどうか。

true

management.health.jms.enabled

JMS ヘルスチェックを有効にするかどうか。

true

management.health.ldap.enabled

LDAP ヘルスチェックを有効にするかどうか。

true

management.health.livenessstate.enabled

活性状態のヘルスチェックを有効にするかどうか。

false

management.health.mail.enabled

メールのヘルスチェックを有効にするかどうか。

true

management.health.mongo.enabled

MongoDB ヘルスチェックを有効にするかどうか。

true

management.health.neo4j.enabled

Neo4j ヘルスチェックを有効にするかどうか。

true

management.health.ping.enabled

ping ヘルスチェックを有効にするかどうか。

true

management.health.rabbit.enabled

RabbitMQ ヘルスチェックを有効にするかどうか。

true

management.health.readinessstate.enabled

準備状態のヘルスチェックを有効にするかどうか。

false

management.health.redis.enabled

Redis ヘルスチェックを有効にするかどうか。

true

management.httpexchanges.recording.enabled

HTTP リクエストレスポンス交換の記録を有効にするかどうか。

true

management.httpexchanges.recording.include

交換収録に収録されるアイテム。デフォルトでは、リクエストヘッダー (Authorization と Cookie を除く)、レスポンスヘッダー (Set-Cookie を除く)、および所要時間です。

[request-headers, response-headers, errors]

management.humio.metrics.export.api-token

Humio API トークン。

management.humio.metrics.export.batch-size

このバックエンドに使用するリクエストごとの測定数。さらに測定値が見つかった場合、複数のリクエストが行われます。

10000

management.humio.metrics.export.connect-timeout

このバックエンドへのリクエストの接続タイムアウト。

5s

management.humio.metrics.export.enabled

このバックエンドへのメトリクスのエクスポートが有効かどうか。

true

management.humio.metrics.export.read-timeout

このバックエンドへのリクエストの読み取りタイムアウト。

10s

management.humio.metrics.export.step

使用するステップサイズ(レポート頻度)。

1m

management.humio.metrics.export.tags.*

メトリクスが保存されるデータソースを記述する Humio タグ。Humio タグは、Micrometer のタグとは異なる概念です。Micrometer のタグは、ディメンション境界に沿ってメトリクスを分割するために使用されます。

management.humio.metrics.export.uri

メトリクスを送付する URI。Humio への途中で内部プロキシにメトリクスを公開する必要がある場合、これを使用してプロキシの場所を定義できます。

https://cloud.humio.com

management.influx.metrics.export.api-version

使用する InfluxDB の API バージョン。組織が構成されていない限り、デフォルトは "v1" です。組織が構成されている場合、デフォルトは "v2" です。

management.influx.metrics.export.auto-create-db

Influx データベースにメトリクスを公開する前に、データベースが存在しない場合にデータベースを作成するかどうか。InfluxDBv1 のみ。

true

management.influx.metrics.export.batch-size

このバックエンドに使用するリクエストごとの測定数。さらに測定値が見つかった場合、複数のリクエストが行われます。

10000

management.influx.metrics.export.bucket

メトリクスのバケット。バケット名または ID のいずれかを使用します。設定されていない場合、デフォルトで db プロパティの値になります。InfluxDBv2 のみ。

management.influx.metrics.export.compressed

Influx に公開されたメトリクスバッチの GZIP 圧縮を有効にするかどうか。

true

management.influx.metrics.export.connect-timeout

このバックエンドへのリクエストの接続タイムアウト。

1s

management.influx.metrics.export.consistency

各ポイントの一貫性を記述します。

one

management.influx.metrics.export.db

メトリクスを送信するデータベース。InfluxDBv1 のみ。

mydb

management.influx.metrics.export.enabled

このバックエンドへのメトリクスのエクスポートが有効かどうか。

true

management.influx.metrics.export.org

メトリクスを書き込む組織。InfluxDBv2 のみ。

management.influx.metrics.export.password

Influx サーバーのログインパスワード。InfluxDBv1 のみ。

management.influx.metrics.export.read-timeout

このバックエンドへのリクエストの読み取りタイムアウト。

10s

management.influx.metrics.export.retention-duration

Influx が現在のデータベースにデータを保持する必要がある期間。たとえば、7d の場合、期間形式の詳細については、流入のドキュメントを確認してください。InfluxDBv1 のみ。

management.influx.metrics.export.retention-policy

使用する保持ポリシー(指定されていない場合、Influx は DEFAULT 保持ポリシーに書き込みます)。InfluxDBv1 のみ。

management.influx.metrics.export.retention-replication-factor

クラスターに保存されているデータのコピーの数。単一ノードインスタンスの場合は 1 である必要があります。InfluxDBv1 のみ。

management.influx.metrics.export.retention-shard-duration

シャードグループがカバーする時間範囲。たとえば、2w の場合、期間形式の詳細については、流入のドキュメントを確認してください。InfluxDBv1 のみ。

management.influx.metrics.export.step

使用するステップサイズ(レポート頻度)。

1m

management.influx.metrics.export.token

InfluxDB バックエンドへの呼び出しで使用する認証トークン。InfluxDB v1 の場合、ベアラースキームが使用されます。v2 の場合、トークンスキームが使用されます。

management.influx.metrics.export.uri

Influx サーバーの URI。

http://localhost:8086

management.influx.metrics.export.user-name

Influx サーバーのログインユーザー。InfluxDBv1 のみ。

management.info.build.enabled

ビルド情報を有効にするかどうか。

true

management.info.defaults.enabled

デフォルトの情報提供者を有効にするかどうか。

true

management.info.env.enabled

環境情報を有効にするかどうか。

false

management.info.git.enabled

git 情報を有効にするかどうか。

true

management.info.git.mode

git 情報を公開するために使用するモード。

simple

management.info.java.enabled

Java 情報を有効にするかどうか。

false

management.info.os.enabled

オペレーティングシステム情報を有効にするかどうか。

false

management.info.process.enabled

プロセス情報を有効にするかどうか。

false

management.jmx.metrics.export.domain

メトリクス JMX ドメイン名。

metrics

management.jmx.metrics.export.enabled

このバックエンドへのメトリクスのエクスポートが有効かどうか。

true

management.jmx.metrics.export.step

使用するステップサイズ(レポート頻度)。

1m

management.kairos.metrics.export.batch-size

このバックエンドに使用するリクエストごとの測定数。さらに測定値が見つかった場合、複数のリクエストが行われます。

10000

management.kairos.metrics.export.connect-timeout

このバックエンドへのリクエストの接続タイムアウト。

1s

management.kairos.metrics.export.enabled

このバックエンドへのメトリクスのエクスポートが有効かどうか。

true

management.kairos.metrics.export.password

KairosDB サーバーのログインパスワード。

management.kairos.metrics.export.read-timeout

このバックエンドへのリクエストの読み取りタイムアウト。

10s

management.kairos.metrics.export.step

使用するステップサイズ(レポート頻度)。

1m

management.kairos.metrics.export.uri

KairosDB サーバーの URI。

http://localhost:8080/api/v1/datapoints

management.kairos.metrics.export.user-name

KairosDB サーバーのログインユーザー。

management.metrics.data.repository.autotime.enabled

自動タイミングを有効にするかどうか。

true

management.metrics.data.repository.autotime.percentiles

追加の時系列を公開するパーセンタイル。

management.metrics.data.repository.autotime.percentiles-histogram

パーセンタイルヒストグラムを公開するかどうか。

false

management.metrics.data.repository.metric-name

送信されたリクエストのメトリクスの名前。

spring.data.repository.invocations

management.metrics.distribution.buffer-length.*

リングバッファに保持する、指定された名前で始まるメーター ID のヒストグラムの数。最長の試合が勝ち、キー `all` を使用してすべてのメーターを構成することもできます。

management.metrics.distribution.expiry.*

指定された名前で始まるメーター ID のサンプルが、リセットおよびローテーションされる前に、減衰する分布統計に蓄積される最大時間。最長の試合が勝ち、キー `all` を使用してすべてのメーターを構成することもできます。

management.metrics.distribution.maximum-expected-value.*

指定された名前で始まるメーター ID が監視すると予想される最大値。最長の試合が勝ちます。値は、double または Duration 値として指定できます(タイマーメーターの場合、単位が指定されていない場合はデフォルトで ms になります)。

management.metrics.distribution.minimum-expected-value.*

指定された名前で始まるメーター ID が監視することが期待される最小値。最長の試合が勝ちます。値は、double または Duration 値として指定できます(タイマーメーターの場合、単位が指定されていない場合はデフォルトで ms になります)。

management.metrics.distribution.percentiles.*

指定された名前で始まるメーター ID のバックエンドに提供する特定の計算された集約不可能なパーセンタイル。最長の試合が勝ち、キー "all" を使用してすべてのメーターを構成することもできます。

management.metrics.distribution.percentiles-histogram.*

指定された名前で始まるメーター ID がパーセンタイルヒストグラムを公開するかどうか。ヒストグラムに基づく集計可能なパーセンタイル計算をサポートする監視システムの場合、これを true に設定できます。他のシステムの場合、これは効果がありません。最長の試合が勝ち、キー "all" を使用してすべてのメーターを構成することもできます。

management.metrics.distribution.slo.*

指定された名前で始まるメーター ID の特定のサービスレベルの客観的境界。最長の試合が勝ちます。指定された境界ごとにカウンターが公開されます。値は、double または Duration 値として指定できます(タイマーメーターの場合、単位が指定されていない場合はデフォルトで ms になります)。

management.metrics.enable.*

指定した名前で始まるメーター ID を有効にするかどうか。最長の試合が勝ち、キー "all" を使用してすべてのメーターを構成することもできます。

management.metrics.mongo.command.enabled

Mongo クライアントコマンドメトリクスを有効にするかどうか。

true

management.metrics.mongo.connectionpool.enabled

Mongo 接続プールメトリクスを有効にするかどうか。

true

management.metrics.system.diskspace.paths

ディスクメトリクスをレポートするためのパスのコンマ区切りリスト。

[.]

management.metrics.tags.*

すべてのメーターに適用される共通タグ。

management.metrics.use-global-registry

自動構成された MeterRegistry 実装を Metrics のグローバル静的レジストリにバインドする必要があるかどうか。テストでは、これを "false" に設定して、テストの独立性を最大化します。

true

management.metrics.web.client.max-uri-tags

許可される一意の URI タグ値の最大数。タグ値の最大数に達すると、追加のタグ値を持つメトリクスはフィルターによって拒否されます。

100

management.metrics.web.server.max-uri-tags

許可される一意の URI タグ値の最大数。タグ値の最大数に達すると、追加のタグ値を持つメトリクスはフィルターによって拒否されます。

100

management.newrelic.metrics.export.account-id

New Relic アカウント ID。

management.newrelic.metrics.export.api-key

New Relic API キー。

management.newrelic.metrics.export.batch-size

このバックエンドに使用するリクエストごとの測定数。さらに測定値が見つかった場合、複数のリクエストが行われます。

10000

management.newrelic.metrics.export.client-provider-type

使用するクライアントプロバイダーの型。

management.newrelic.metrics.export.connect-timeout

このバックエンドへのリクエストの接続タイムアウト。

1s

management.newrelic.metrics.export.enabled

このバックエンドへのメトリクスのエクスポートが有効かどうか。

true

management.newrelic.metrics.export.event-type

公開するイベント型。"meter-name-event-type-enabled" が "true" に設定されている場合、このプロパティは無視されます。

SpringBootSample

management.newrelic.metrics.export.meter-name-event-type-enabled

'event-type' 構成プロパティ値を使用する代わりに、イベント型としてメーター名を送信するかどうか。New Relic ガイドラインに従っていない場合、または以前の Spring Boot リリースと一致するイベント型が必要な場合は、"true" に設定できます。

false

management.newrelic.metrics.export.read-timeout

このバックエンドへのリクエストの読み取りタイムアウト。

10s

management.newrelic.metrics.export.step

使用するステップサイズ(レポート頻度)。

1m

management.newrelic.metrics.export.uri

メトリクスを送付する URI。

https://insights-collector.newrelic.com

management.observations.annotations.enabled

Micrometer アノテーションの自動構成が有効かどうか。

false

management.observations.enable.*

指定された名前で始まる観測を有効にするかどうか。最も長い一致が優先され、キー "all" を使用してすべての観測を構成することもできます。

management.observations.http.client.requests.name

クライアントリクエストの監視の名前。

http.client.requests

management.observations.http.server.requests.name

サーバーリクエストの監視の名前。

http.server.requests

management.observations.key-values.*

すべての観測に適用される共通の Key-Value。

management.observations.long-task-timer.enabled

すべての観測に対して LongTaskTimer を作成するかどうか。

true

management.observations.r2dbc.include-parameter-values

実際のクエリパラメーター値にタグを付けるかどうか。

false

management.opentelemetry.resource-attributes.*

リソースの属性。

management.otlp.metrics.export.aggregation-temporality

合計の集約一時性。付加的な値を表現する方法を定義します。この設定は使用するバックエンドによって異なり、一部のバックエンドは 1 つの一時性のみをサポートします。

management.otlp.metrics.export.base-time-unit

エクスポートされたメトリクスの時間単位。

milliseconds

management.otlp.metrics.export.batch-size

このバックエンドに使用するリクエストごとの測定数。さらに測定値が見つかった場合、複数のリクエストが行われます。

10000

management.otlp.metrics.export.connect-timeout

このバックエンドへのリクエストの接続タイムアウト。

1s

management.otlp.metrics.export.enabled

このバックエンドへのメトリクスのエクスポートが有効かどうか。

true

management.otlp.metrics.export.headers.*

エクスポートされた指標のヘッダー。

management.otlp.metrics.export.read-timeout

このバックエンドへのリクエストの読み取りタイムアウト。

10s

management.otlp.metrics.export.step

使用するステップサイズ(レポート頻度)。

1m

management.otlp.metrics.export.url

OLTP サーバーの URI。

http://localhost:4318/v1/metrics

management.otlp.tracing.compression

ペイロードを圧縮するために使用される方法。

none

management.otlp.tracing.endpoint

OTel コレクターの HTTP API への URL。

management.otlp.tracing.headers.*

コレクターに渡すカスタム HTTP ヘッダー (認証ヘッダーなど)。

management.otlp.tracing.timeout

OTel Collector がエクスポートされたデータのバッチを処理するためのタイムアウトを呼び出します。このタイムアウトは、DNS の解決、接続、リクエスト本文の書き込み、サーバー処理、レスポンス本文の読み取りなどの呼び出し全体におよびます。呼び出しにリダイレクトまたは再試行が必要な場合は、すべて 1 つのタイムアウト期間内に完了する必要があります。

10s

management.prometheus.metrics.export.descriptions

Prometheus へのスクレイプペイロードの一部として説明の発行を有効にするかどうか。これをオフにして、各スクレイプで送信されるデータの量を最小限にします。

true

management.prometheus.metrics.export.enabled

このバックエンドへのメトリクスのエクスポートが有効かどうか。

true

management.prometheus.metrics.export.properties.*

Prometheus クライアントに渡す追加のプロパティ。

management.prometheus.metrics.export.pushgateway.base-url

Pushgateway のベース URL。

http://localhost:9091

management.prometheus.metrics.export.pushgateway.enabled

Prometheus Pushgateway 経由の公開を有効にします。

false

management.prometheus.metrics.export.pushgateway.grouping-key.*

プッシュされたメトリクスのグループ化キー。

management.prometheus.metrics.export.pushgateway.job

このアプリケーションインスタンスのジョブ識別子。

management.prometheus.metrics.export.pushgateway.password

Prometheus Pushgateway のログインパスワード。

management.prometheus.metrics.export.pushgateway.push-rate

メトリクスをプッシュする頻度。

1m

management.prometheus.metrics.export.pushgateway.shutdown-operation

シャットダウン時に実行する必要がある操作。

none

management.prometheus.metrics.export.pushgateway.username

Prometheus Pushgateway のログインユーザー。

management.prometheus.metrics.export.step

使用するステップサイズ(レポート頻度)。

1m

management.server.add-application-context-header

各レスポンスに "X-Application-Context" HTTP ヘッダーを追加します。

false

management.server.address

管理エンドポイントがバインドするネットワークアドレス。カスタム management.server.port が必要です。

management.server.base-path

管理エンドポイントのベースパス(たとえば、'/management')。カスタム management.server.port が必要です。

management.server.port

管理エンドポイント HTTP ポート(デフォルトではアプリケーションと同じポートを使用します)。別のポートを構成して、管理固有の SSL を使用します。

management.server.ssl.bundle

設定された SSL バンドルの名前。

management.server.ssl.certificate

PEM でエンコードされた SSL 証明書ファイルへのパス。

management.server.ssl.certificate-private-key

SSL 証明書用の PEM エンコードされた秘密鍵ファイルへのパス。

management.server.ssl.ciphers

サポートされている SSL 暗号。

management.server.ssl.client-auth

クライアント認証モード。トラストストアが必要です。

management.server.ssl.enabled

SSL サポートを有効にするかどうか。

true

management.server.ssl.enabled-protocols

SSL プロトコルを有効にしました。

management.server.ssl.key-alias

キーストア内のキーを識別するエイリアス。

management.server.ssl.key-password

鍵ストア内の鍵にアクセスするために使用されるパスワード。

management.server.ssl.key-store

SSL 証明書(通常は jks ファイル)を保持するキーストアへのパス。

management.server.ssl.key-store-password

キーストアへのアクセスに使用されるパスワード。

management.server.ssl.key-store-provider

キーストアのプロバイダー。

management.server.ssl.key-store-type

キーストアの型。

management.server.ssl.protocol

使用する SSL プロトコル。

TLS

management.server.ssl.server-name-bundles

SNI 構成のための SSL バンドルへのホスト名のマッピング。

management.server.ssl.trust-certificate

PEM でエンコードされた SSL 認証局ファイルへのパス。

management.server.ssl.trust-certificate-private-key

SSL 認証局用の PEM エンコードされた秘密鍵ファイルへのパス。

management.server.ssl.trust-store

SSL 証明書を保持するトラストストア。

management.server.ssl.trust-store-password

トラストストアへのアクセスに使用されるパスワード。

management.server.ssl.trust-store-provider

トラストストアのプロバイダー。

management.server.ssl.trust-store-type

トラストストアの型。

management.signalfx.metrics.export.access-token

SignalFX アクセストークン。

management.signalfx.metrics.export.batch-size

このバックエンドに使用するリクエストごとの測定数。さらに測定値が見つかった場合、複数のリクエストが行われます。

10000

management.signalfx.metrics.export.connect-timeout

このバックエンドへのリクエストの接続タイムアウト。

1s

management.signalfx.metrics.export.enabled

このバックエンドへのメトリクスのエクスポートが有効かどうか。

true

management.signalfx.metrics.export.published-histogram-type

公開するヒストグラムの型。

default

management.signalfx.metrics.export.read-timeout

このバックエンドへのリクエストの読み取りタイムアウト。

10s

management.signalfx.metrics.export.source

SignalFx にメトリクスを公開しているアプリインスタンスを一意に識別します。デフォルトはローカルホスト名です。

management.signalfx.metrics.export.step

使用するステップサイズ(レポート頻度)。

10s

management.signalfx.metrics.export.uri

メトリクスを送付する URI。

https://ingest.signalfx.com

management.simple.metrics.export.enabled

このバックエンドへのメトリクスのエクスポートが有効かどうか。

true

management.simple.metrics.export.mode

カウントモード。

cumulative

management.simple.metrics.export.step

使用するステップサイズ(レポート頻度)。

1m

management.stackdriver.metrics.export.batch-size

このバックエンドに使用するリクエストごとの測定数。さらに測定値が見つかった場合、複数のリクエストが行われます。

10000

management.stackdriver.metrics.export.connect-timeout

このバックエンドへのリクエストの接続タイムアウト。

1s

management.stackdriver.metrics.export.enabled

このバックエンドへのメトリクスのエクスポートが有効かどうか。

true

management.stackdriver.metrics.export.metric-type-prefix

メトリクス型のプレフィックス。有効なプレフィックスについては、Google クラウドのドキュメント (https://cloud.google.com/monitoring/custom-metrics#identifier).

custom.googleapis.com/

management.stackdriver.metrics.export.project-id

監視する Google クラウドプロジェクトの識別子。

management.stackdriver.metrics.export.read-timeout

このバックエンドへのリクエストの読み取りタイムアウト。

10s

management.stackdriver.metrics.export.resource-labels.*

監視対象のリソースのラベル。

management.stackdriver.metrics.export.resource-type

監視対象のリソース型。

global

management.stackdriver.metrics.export.step

使用するステップサイズ(レポート頻度)。

1m

management.stackdriver.metrics.export.use-semantic-metric-types

意味的に正しいメトリクス型を使用するかどうか。false の場合、カウンターメトリクスは GAUGE MetricKind として公開されます。true の場合、カウンターメトリクスは CUMULATIVEMetricKind として公開されます。

false

management.statsd.metrics.export.buffered

StatsD サーバーに送信する前に測定値をバッファリングする必要があるかどうか。

true

management.statsd.metrics.export.enabled

統計の StatsD へのエクスポートが有効かどうか。

true

management.statsd.metrics.export.flavor

使用する StatsD 回線プロトコル。

datadog

management.statsd.metrics.export.host

エクスポートされたメトリクスを受信する StatsD サーバーのホスト。

localhost

management.statsd.metrics.export.max-packet-length

単一のペイロードの全長は、ネットワークの MTU 内に保持する必要があります。

1400

management.statsd.metrics.export.polling-frequency

ゲージがポーリングされる頻度。ゲージがポーリングされると、その値が再計算され、値が変更された場合(または publishUnchangedMeters が true の場合)、StatsD サーバーに送信されます。

10s

management.statsd.metrics.export.port

エクスポートされたメトリクスを受信する StatsD サーバーのポート。

8125

management.statsd.metrics.export.protocol

エクスポートされたメトリクスを受信するための StatsD サーバーのプロトコル。

udp

management.statsd.metrics.export.publish-unchanged-meters

変更されていないメーターを StatsD サーバーに送信するかどうか。

true

management.statsd.metrics.export.step

max などのウィンドウ統計の計算に使用するステップサイズ。これらの統計を最大限に活用するには、ステップ間隔をスクレイプ間隔に近づけるように調整します。

1m

management.tracing.baggage.correlation.enabled

バゲージコンテキストとロギングコンテキストの関連付けを有効にするかどうか。

true

management.tracing.baggage.correlation.fields

ロギングコンテキストと関連付ける必要があるフィールドのリスト。つまり、これらのフィールドは、たとえば次のようなキーと値のペアになります。MDC。

management.tracing.baggage.enabled

Micrometer 追跡バゲージ伝播を有効にするかどうか。

true

management.tracing.baggage.local-fields

JVM プロセス内でアクセス可能である必要があるが、ネットワーク上には伝播されないフィールドのリスト。ローカルフィールドは、OpenTelemetry ではサポートされません。

management.tracing.baggage.remote-fields

回線上と同じインプロセスで参照されるフィールドのリスト。例: フィールド "x-vcap-request-id" は、プレフィックスを含めてそのまま設定されます。

management.tracing.baggage.tag-fields

自動的にタグになるフィールドのリスト。

management.tracing.brave.span-joining-supported

伝播型とトレースバックエンドがクライアントスパンとサーバースパン間でのスパン ID の共有をサポートするかどうか。B3 伝播と互換性のあるバックエンドが必要です。

false

management.tracing.enabled

トレースをエクスポートおよび伝播するために、トレースの自動構成が有効になっているかどうか。

true

management.tracing.propagation.consume

アプリケーションによって消費されるコンテキスト伝播型をトレースします。

[W3C, B3, B3_MULTI]

management.tracing.propagation.produce

アプリケーションによって生成されたコンテキスト伝播型をトレースします。

[W3C]

management.tracing.propagation.type

アプリケーションによって生成および消費されるコンテキスト伝播型をトレースします。このプロパティを設定すると、より詳細な伝播型のプロパティがオーバーライドされます。

management.tracing.sampling.probability

トレースがサンプリングされる 0.0 から 1.0 の範囲の確率。

0.1

management.wavefront.api-token

メトリクスとトレースを Wavefront API ホストに直接公開するときに使用される API トークン。

management.wavefront.api-token-type

API トークンの型。

management.wavefront.application.cluster-name

Wavefront ApplicationTags で使用されるクラスター名。

management.wavefront.application.custom-tags.*

ApplicationTags で使用される Wavefront カスタムタグ。

management.wavefront.application.name

Wavefront ApplicationTags で使用される「アプリケーション」名。

unnamed_application

management.wavefront.application.service-name

Wavefront ApplicationTags で使用される「サービス」名。"spring.application.name" に戻ります。両方が設定されていない場合、デフォルトは "unnamed_service" になります。

management.wavefront.application.shard-name

Wavefront ApplicationTags で使用されるシャード名。

management.wavefront.metrics.export.batch-size

このバックエンドに使用するリクエストごとの測定数。さらに測定値が見つかった場合、複数のリクエストが行われます。

10000

management.wavefront.metrics.export.connect-timeout

このバックエンドへのリクエストの接続タイムアウト。

1s

management.wavefront.metrics.export.enabled

このバックエンドへのメトリクスのエクスポートが有効かどうか。

true

management.wavefront.metrics.export.global-prefix

Wavefront UI で表示したときに、このアプリのインスツルメンテーションに由来するメトリクスを他の Wavefront 統合に由来するメトリクスから区別するためのグローバルプレフィックス。

management.wavefront.metrics.export.read-timeout

このバックエンドへのリクエストの読み取りタイムアウト。

10s

management.wavefront.metrics.export.report-day-distribution

日間隔に集約されたヒストグラム分布をレポートするかどうか。

false

management.wavefront.metrics.export.report-hour-distribution

時間間隔に集約されたヒストグラム分布をレポートするかどうか。

false

management.wavefront.metrics.export.report-minute-distribution

分間隔で集約されたヒストグラム分布をレポートするかどうか。

true

management.wavefront.metrics.export.step

使用するステップサイズ(レポート頻度)。

1m

management.wavefront.sender.batch-size

Wavefront に使用するリクエストごとの測定の数。さらに測定値が見つかった場合は、複数のリクエストが行われます。

10000

management.wavefront.sender.flush-interval

キューに入れられたメッセージを送信するためのフラッシュ間隔。

1s

management.wavefront.sender.max-queue-size

キューに入れられたメッセージの最大サイズ。

50000

management.wavefront.sender.message-size

メッセージの最大サイズ。

management.wavefront.source

Wavefront に公開されるメトリクスとトレースのソースであるアプリインスタンスの一意の識別子。デフォルトはローカルホスト名です。

management.wavefront.trace-derived-custom-tag-keys

RED メトリクス用にカスタマイズされたスパンタグ。

management.wavefront.uri

メトリクスとトレースを送信する URI。

https://longboard.wavefront.com

management.zipkin.tracing.connect-timeout

Zipkin へのリクエストの接続タイムアウト。

1s

management.zipkin.tracing.encoding

POST 本文を Zipkin API にエンコードする方法。

[JSON]

management.zipkin.tracing.endpoint

Zipkin API への URL。

http://localhost:9411/api/v2/spans

management.zipkin.tracing.read-timeout

Zipkin へのリクエストの読み取りタイムアウト。

10s

Devtools のプロパティ

名前 説明 デフォルト値

spring.devtools.add-properties

開発プロパティのデフォルトを有効にするかどうか。

true

spring.devtools.livereload.enabled

livereload.com 互換サーバーを有効にするかどうか。

true

spring.devtools.livereload.port

サーバーポート。

35729

spring.devtools.remote.context-path

リモート接続の処理に使用されるコンテキストパス。

/.~~spring-boot!~

spring.devtools.remote.proxy.host

リモートアプリケーションへの接続に使用するプロキシのホスト。

spring.devtools.remote.proxy.port

リモートアプリケーションへの接続に使用するプロキシのポート。

spring.devtools.remote.restart.enabled

リモート再起動を有効にするかどうか。

true

spring.devtools.remote.secret

接続を確立するために必要な共有シークレット(リモートサポートを有効にするために必要)。

spring.devtools.remote.secret-header-name

共有シークレットの転送に使用される HTTP ヘッダー。

X-AUTH-TOKEN

spring.devtools.restart.additional-exclude

完全な再起動のトリガーから除外する必要がある追加のパターン。

spring.devtools.restart.additional-paths

変更を監視するための追加のパス。

spring.devtools.restart.enabled

自動再起動を有効にするかどうか。

true

spring.devtools.restart.exclude

完全な再起動のトリガーから除外する必要があるパターン。

META-INF/maven/**,META-INF/resources/**,resources/**,static/**,public/**,templates/**,**/*Test.class,**/*Tests.class,git.properties,META-INF/build-info.properties

spring.devtools.restart.log-condition-evaluation-delta

再起動時に条件評価デルタを記録するかどうか。

true

spring.devtools.restart.poll-interval

クラスパス変更のポーリング間の待機時間。

1s

spring.devtools.restart.quiet-period

再起動がトリガーされるまでにクラスパスを変更せずに必要な待機時間。

400ms

spring.devtools.restart.trigger-file

変更すると、再起動チェックをトリガーする特定のファイルの名前。クラスパスに表示されるファイルの単純な名前(パスなし)でなければなりません。指定しない場合、クラスパスファイルが変更されると再起動がトリガーされます。

Docker Compose のプロパティ

名前 説明 デフォルト値

spring.docker.compose.enabled

docker compose サポートが有効かどうか。

true

spring.docker.compose.file

特定の docker compose 構成ファイルへのパス。

spring.docker.compose.host

docker コンテナーが開始されるマシンのホスト名または IP。

spring.docker.compose.lifecycle-management

Docker compose ライフサイクル管理。

start-and-stop

spring.docker.compose.profiles.active

アクティブにする必要がある Docker compose プロファイル。

spring.docker.compose.readiness.tcp.connect-timeout

接続のタイムアウト。

200ms

spring.docker.compose.readiness.tcp.read-timeout

読み取りのタイムアウト。

200ms

spring.docker.compose.readiness.timeout

準備状況チェックのタイムアウト。

2m

spring.docker.compose.readiness.wait

使用する待機戦略。

always

spring.docker.compose.skip.in-tests

テストをスキップするかどうか。

true

spring.docker.compose.start.command

docker compose を起動するコマンドです。

up

spring.docker.compose.start.log-level

出力のログレベル。

info

spring.docker.compose.start.skip

開始コマンドの実行をスキップするかどうか。

if-running

spring.docker.compose.stop.command

docker compose を停止するコマンドです。

stop

spring.docker.compose.stop.timeout

Docker Compose を停止するためのタイムアウト。強制停止の場合は "0" を使用します。

10s

テストコンテナーのプロパティ

名前 説明 デフォルト値

spring.testcontainers.beans.startup

テストコンテナーの起動モード。

sequential

テストプロパティ

名前 説明 デフォルト値

spring.test.database.replace

置き換える既存の DataSource の型。

any

spring.test.mockmvc.print

MVC 出力オプション。

default

spring.test.observability.auto-configure

可観測性をテストで自動構成する必要があるかどうか。

false