閉じる

より大きなSpring Dataファミリーの一部であるSpring Data JPAを使用すると、JPAベースのリポジトリを簡単に実装できます。このモジュールは、JPAベースのデータアクセスレイヤーの拡張サポートを扱います。これにより、データアクセステクノロジーを使用するSpringベースのアプリケーションを簡単に構築できます。

アプリケーションのデータアクセスレイヤーの実装は、かなり以前から面倒でした。単純なクエリを実行するだけでなく、ページネーションと監査を実行するには、多すぎる定型コードを記述する必要があります。Spring Data JPAは、実際に必要な量に労力を削減することにより、データアクセスレイヤーの実装を大幅に改善することを目的としています。開発者として、カスタムfinderメソッドを含むリポジトリインターフェースを作成すると、Springが自動的に実装を提供します。

機能

  • SpringおよびJPAに基づいてリポジトリを構築するための高度なサポート

  • Querydsl(英語) 述語、タイプセーフなJPAクエリのサポート

  • ドメインクラスの透過的な監査

  • ページネーションのサポート、動的クエリの実行、カスタムデータアクセスコードを統合する機能

  • ブートストラップ時の @Query アノテーション付きクエリの検証

  • XMLベースのエンティティマッピングのサポート

  • @EnableJpaRepositoriesを導入することによるJavaConfigベースのリポジトリ構成。

クイックスタート

Spring Initializr(英語) を使用してアプリケーションをブートストラップします。

ドキュメント

Spring プロジェクト別に用意されています。プロジェクトの機能を使用する方法と、それを使用して達成できることを詳細に説明しています。
2.2.4 CURRENT GA リファレンスドキュメント APIドキュメント
2.3.0 M3 PRE リファレンスドキュメント APIドキュメント
2.3.0 SNAPSHOT
2.2.5 SNAPSHOT
2.1.16 SNAPSHOT
2.1.15 GA リファレンスドキュメント APIドキュメント

ガイド

15-30分で完成するように設計されたガイドは、Springを使用した開発タスク用のスターターアプリ構築するための、迅速で実践的な手順を提供します。

Unofficial Translation by spring.pleiades.io. See the original content.