閉じる

Spring Data JDBC

1.1.4

より大きなSpring Dataファミリーの一部であるSpring Data JDBCを使用すると、JDBCベースのリポジトリを簡単に実装できます。このモジュールは、JDBCベースのデータアクセスレイヤーの拡張サポートを扱います。これにより、データアクセステクノロジーを使用するSpringベースのアプリケーションを簡単に構築できます。

Spring Data JDBCは、概念的に簡単であることを目指しています。これを実現するために、キャッシング、遅延読み込み、後書き、またはJPAのその他の多くの機能は提供しません。これにより、Spring Data JDBCはシンプルで限定された独自のORMになります。

集約ルート

Spring Dataリポジトリは、Eric Evans著のDomain Driven Designに記載されているリポジトリに触発されています。その結果、集約ルートごとにリポジトリが必要になります。Aggregate Rootは同じ本のもう1つの概念であり、集合体である他のエンティティのライフサイクルを制御するエンティティを記述します。集約は、モデルのサブセットであり、集約ルートへのメソッド呼び出し間で一貫しています。

Spring Data JDBCは、これらのアイデアに沿ってドメインのモデリングを促進するために最善を尽くしています。

機能

  • カスタマイズ可能な NamingStrategyを使用した単純な集約のCRUD操作。

  • @Query アノテーションのサポート。

  • MyBatisクエリのサポート。

  • イベント。

  • @EnableJdbcRepositoriesを導入することによるJavaConfigベースのリポジトリ構成。

クイックスタート

Spring Initializr(英語) を使用してアプリケーションをブートストラップします。

ドキュメント

Spring プロジェクト別に用意されています。プロジェクトの機能を使用する方法と、それを使用して達成できることを詳細に説明しています。
1.1.4 CURRENT GA リファレンスドキュメント APIドキュメント
2.0.0 M3 PRE リファレンスドキュメント APIドキュメント
2.0.0 SNAPSHOT
1.1.5 SNAPSHOT
1.0.16 SNAPSHOT
1.0.15 GA リファレンスドキュメント APIドキュメント

Unofficial Translation by spring.pleiades.io. See the original content.