閉じる

Spring Statemachine

2.2.0.RELEASE

Spring Statemachine は、アプリケーション開発者が Spring アプリケーションでステートマシンの概念を使用するためのフレームワークです。

Spring Statemachine は、次の機能を提供することを目的としています。

  • シンプルなユースケース向けの使いやすいフラット 1 レベルステートマシン。

  • 複雑な状態構成を容易にする階層的な状態マシン構造。

  • さらに複雑な状態構成を提供する状態マシン領域。

  • トリガー、遷移、ガード、アクションの使用。

  • 安全な構成アダプターを入力します。

  • Spring アプリケーションコンテキスト外で使用するための簡単なインスタンス化のためのビルダーパターン

  • 通常の使用例のレシピ

  • Zookeeper に基づく分散状態マシン

  • ステートマシンイベントリスナー。

  • UML Eclipse パピルスモデリング。

  • 永続的なストレージにマシン構成を保存します。

  • Bean を状態マシンに関連付ける Spring IOC 統合。

動作は常に一貫性が保証され、デバッグが比較的容易になるため、ステートマシンは強力です。これは、マシンの起動時に操作ルールが石で書かれているためです。アイデアは、アプリケーションが有限数の状態で存在し、特定の事前定義されたトリガーがアプリケーションをある状態から次の状態に移行させる可能性があるということです。このようなトリガーは、イベントまたはタイマーに基づいて作成できます。

アプリケーションの外部で高レベルのロジックを定義してから、ステートマシンに依存して状態を管理する方がはるかに簡単です。イベントを送信したり、変更をリッスンしたり、単に現在の状態をリクエストしたりすることで、状態マシンと対話できます。

Spring Boot 構成

Spring Initializr

プロジェクトのクイックスタート

Spring Initializr (英語) を使用してアプリケーションをブートストラップします。