閉じる

Spring for Apache Kafka

2.6.2

Spring for Apache Kafka(spring-kafka)プロジェクトは、Spring のコアコンセプトを Kafka ベースのメッセージングソリューションの開発に適用します。メッセージを送信するための高レベルの抽象化として「テンプレート」を提供します。また、@KafkaListener アノテーションと「リスナーコンテナー」を使用したメッセージ駆動型 POJO のサポートも提供します。これらのライブラリは、依存性注入と宣言の使用を促進します。これらすべてのケースで、Spring Framework での JMS サポートおよび Spring AMQP での RabbitMQ サポートとの類似点がわかります。

機能

  • KafkaTemplate

  • KafkaMessageListenerContainer

  • @KafkaListener

  • KafkaTransactionManager

  • 組み込み kafka サーバーを備えた spring-kafka-test jar

Kafka クライアントの互換性

Spring for Apache Kafka は、純粋な java kafka-clients jar に基づいています。以下は互換性マトリックスです。

Spring for Apache Kafka バージョン

Apache Kafka バージョンの Spring Integration

kafka-clients

Spring Boot

2.6.0

5.3.x または 5.4.0-SNAPSHOT (pre-release)

2.6.0

2.3.x または 2.4.0-SNAPSHOT (pre-release)

2.5.x

3.3.x

2.5.0

2.3.x

2.4.x

3.2.x

2.4.1

2.2.x

2.3.x

3.2.x

2.3.1

2.2.x

2.2.x

3.1.x

2.0.1, 2.1.x, 2.2.x

2.1.x

2.1.x

3.0.x

1.0.2

2.0.x(サポート終了)

1.3.x

2.3.x

0.11.0.x、1.0.x

1.5.x(サポート終了)

重要 : このマトリックスはクライアントの互換性です。ほとんどの場合(0.10.2.0 以降)、新しいクライアントは古いブローカーと通信できます。ブローカーが > = 0.10.xx であるすべてのユーザー(およびすべての spring boot 1.5.x ユーザー)は、KIP-62 (Apache) のおかげでスレッドモデルがよりシンプルになるため、spring-kafka バージョン 1.3.x 以降を使用することをお勧めします。クライアント / ブローカーの互換性に関する完全な説明については、Kafka 互換性マトリックス (Apache) を参照してください

  • 2.0 より前の Spring Integration Kafka バージョンは Spring for Apache Kafka プロジェクトよりも前のものであるため、それに基づいていませんでした。

バージョン管理に maven または gradle を使用する場合、これらのバージョンは推移的に参照されます。

  • Spring Boot 1.5(EOL)ユーザーは 1.3.x を使用する必要があります(ブート依存関係管理はデフォルトで 1.1.x を使用するため、これをオーバーライドする必要があります)。

  • Spring Boot 2.1 ユーザーは 2.2.x を使用する必要があります(ブート依存関係管理は正しいバージョンを使用します)。

  • Spring Boot 2.2 ユーザーは、2.3.x を使用するか(ブート依存関係管理で正しいバージョンを使用する)、バージョンを 2.4.x にオーバーライドする必要があります。

  • Spring Boot 2.3 ユーザーは 2.5.x を使用する必要があります(ブート依存関係管理は正しいバージョンを使用します)。

  • Spring Boot 2.4 ユーザーは 2.6.x を使用する必要があります(ブート依存関係管理は正しいバージョンを使用します)。

ブート 2.3.x で 2.6.0 を使用するには、Spring Boot の依存関係を上書き (英語) を参照してください。

Spring Initializr

プロジェクトのクイックスタート

Spring Initializr (英語) を使用してアプリケーションをブートストラップします。