閉じる

Spring Data Couchbase

4.0.4.RELEASE

Couchbase の Spring Data は、ストア固有の機能を保持しながら、新しいデータストアに馴染みのある一貫した Spring ベースのプログラミングモデルを提供することを目的とする傘 Spring Data プロジェクトの一部です。

Spring Data Couchbase プロジェクトは、Couchbase サーバーデータベースとの統合を提供します。Spring Data の主要な機能分野 Couchbase は、Couchbase バケットと対話し、リポジトリスタイルのデータアクセスレイヤーを簡単に記述するための POJO 中心のモデルです。

機能

  • Java ベースの @Configuration クラスまたは Couchbase ドライバー(Java SDK バージョン 2.x)の XML 名前空間を使用した Spring 構成のサポート。

  • 一般的な Couchbase 操作を実行する生産性を向上させる CouchbaseTemplate ヘルパークラス。ドキュメントと POJO 間の統合オブジェクトマッピングが含まれます。

  • Spring のポータブルデータアクセス例外階層への例外変換。

  • Spring の変換サービスと統合された機能豊富なオブジェクトマッピング。

  • アノテーションベースのマッピングメタデータですが、他のメタデータ形式をサポートするために拡張可能です。

  • カスタムファインダメソッド(Couchbase のクエリ言語 N1QL がサポート)および PagingAndSortingRepository のサポートを含む Repository インターフェースの自動実装。

  • Couchbase サーバーバージョン <4.0 の場合、リポジトリは Couchbase ビューによって引き続きバックアップできます。

  • 地理空間および多次元クエリのサポート (Couchbase Spatial Views が支援)

  • JMX の管理と監視

  • @Cacheable サポートのバックエンドとして機能し、高性能アクセスに必要なオブジェクトをキャッシュします(Couchbase の github、couchbaselabs/couchbase-spring-cache (GitHub) の兄弟 Spring キャッシュプロジェクトを参照)。

Spring Boot 構成

Spring Initializr

プロジェクトのクイックスタート

Spring Initializr (英語) を使用してアプリケーションをブートストラップします。

ドキュメント

Spring プロジェクト別に用意されています。プロジェクトの機能を使用する方法と、それを使用して達成できることを詳細に説明しています。
4.0.4.RELEASE CURRENT GA リファレンスドキュメント (英語) API ドキュメント (英語)
4.1.0-SNAPSHOT SNAPSHOT
4.1.0-RC2 PRE リファレンスドキュメント (英語) API ドキュメント (英語)
4.0.5.BUILD-SNAPSHOT SNAPSHOT
3.2.11.BUILD-SNAPSHOT SNAPSHOT
3.2.10.RELEASE GA リファレンスドキュメント (英語) API ドキュメント (英語)
3.1.21.BUILD-SNAPSHOT SNAPSHOT
3.1.20.RELEASE GA リファレンスドキュメント (英語) API ドキュメント (英語)