閉じる

Spring Cloud for Amazon Web Services

2.3.0

Spring Cloud 包括的プロジェクトの一部である Spring Cloud for Amazon Web サービスは、ホストされた Amazon Web サービスとの統合を容易にします。メッセージングやキャッシュ API などのよく知られている Spring イディオムと API を使用して、AWS が提供するサービスと対話する便利な方法を提供します。開発者は、インフラストラクチャやメンテノンスを気にすることなく、ホストされたサービスを中心にアプリケーションを構築できます。

機能

アノテーションベースの SQS キューリスナー

@MessageMapping("logicalQueueName")
private void receiveMessage(Person person, @Header("SenderId") String senderId) {
    // ...
}

アノテーションベースの SNS リスナー

@Controller
@RequestMapping("/sns/receive")
public class SnsEndpointController {

@NotificationMessageMapping
public void receiveNotification(@NotificationMessage String message, @NotificationSubject String subject) {
    // ...
}

@NotificationSubscriptionMapping
public void confirmSubscription(NotificationStatus notificationStatus) {
    notificationStatus.confirmSubscription();
}

メッセージングテンプレート

snsTemplate.sendNotification("SnsTopic", "message", "subject");
sqsTemplate.convertAndSend("Queue", new Person("John", "Doe"));
Spring Initializr

プロジェクトのクイックスタート

Spring Initializr (英語) を使用してアプリケーションをブートストラップします。

ドキュメント

Spring プロジェクト別に用意されています。プロジェクトの機能を使用する方法と、それを使用して達成できることを詳細に説明しています。
2.3.0 CURRENT GA リファレンスドキュメント (英語) API ドキュメント (英語)
2.3.1-SNAPSHOT SNAPSHOT リファレンスドキュメント (英語) API ドキュメント (英語)
2.2.7.BUILD-SNAPSHOT SNAPSHOT リファレンスドキュメント (英語)
2.2.6.RELEASE GA リファレンスドキュメント (英語)

例を試してみる: