Spring Web Services 4.0.10

Spring Web Services (Spring-WS) は、ドキュメント駆動型の Web サービスの作成に重点を置いています。Spring Web Services は、契約ファーストの SOAP サービス開発を促進し、XML ペイロードを操作する多くの方法の 1 つを使用して柔軟な Web サービスを作成できるようにすることを目的としています。この製品は Spring 自体に基づいているため、依存性注入などの Spring の概念を Web サービスの不可欠な部分として使用できます。

Spring-WS を使用する理由はさまざまですが、ほとんどの場合、Web サービスのベストプラクティスに従う場合に、代替の SOAP スタックが不足していることに気づき、Spring-WS に惹かれます。Spring-WS は、ベストプラクティスを簡単なプラクティスにします。これには、WS-I 基本プロファイル、Contract-First 開発、契約と実装間の疎結合などの実践が含まれます。

サポートポリシーと移行

最小要件、以前のバージョンからのアップグレードに関するガイダンス、およびサポートポリシーについては、公式 Spring Web Services サポートページを参照してください。

機能

  • ベストプラクティスを簡単なプラクティスにする: Spring Web Services は、ベストプラクティスの実施を容易にします。これには、WS-I 基本プロファイル、Contract-First 開発、契約と実装間の疎結合などのプラクティスが含まれます。

  • 強力なマッピング : メッセージペイロード、SOAP アクションヘッダー、XPath 式に応じて、受信 XML リクエストを任意のオブジェクトに配布できます。

  • XML API サポート : 受信 XML メッセージは、DOM、SAX、StAX などの標準 JAXP API で処理できますが、JDOM、dom4j、XOM、マーシャリングテクノロジーでも処理できます。

  • 柔軟な XML マーシャリング : Spring Web Services ディストリビューションのオブジェクト / XML マッピングモジュールは、JAXB 1 および 2、Castor、XMLBeans、JiBX、XStream をサポートしています。また、独立したモジュールであるため、Web サービス以外のコードでも使用できます。

  • Spring の専門知識を再利用します : Spring-WS は、すべての構成に Spring アプリケーションコンテキストを使用します。これは、Spring 開発者が最新の状態にすばやく素早く到達するのに役立つはずです。また、Spring-WS のアーキテクチャは、Spring-MVC のアーキテクチャに似ています。

  • WS-Security をサポート : WS-Security を使用すると、SOAP メッセージに署名したり、暗号化および復号化したり、SOAP メッセージに対して認証したりできます。

  • Spring Security と統合 : Spring Web Services の WS-Security 実装は、Spring Security との統合を提供します。これは、SOAP サービスにも既存の構成を使用できることを意味します。

  • Apache ライセンス。プロジェクトで Spring-WS を安心して使用できます。

Spring Boot 構成

Spring Boot は自動的に:

  • サーブレットコンテナーで MessageDispatcherServlet を構成する

  • WSDL およびスキーマ定義 Bean のすべての .wsdl および .xsd ドキュメントをスキャンする

Spring Initializr

プロジェクトのクイックスタート

サポートの取得

Tanzu Spring は、1 つのシンプルなサブスクリプションで OpenJDK ™、Spring、Apache Tomcat ® のサポートとバイナリを提供します。

さらに学習したい方に (英語)

今後のイベント

Spring コミュニティで今後開催されるすべてのイベントをチェックしてください。

すべて表示 (英語)