このガイドでは、Spring を使用してタスクをスケジュールする手順を説明します。

構築するもの

Spring の @Scheduled アノテーションを使用して、5 秒ごとに現在時刻を出力するアプリケーションを作成します。

必要なもの

このガイドを完了する方法

ほとんどの Spring 入門ガイドと同様に、最初から始めて各ステップを完了するか、すでに慣れている場合は基本的なセットアップステップをバイパスできます。いずれにしても、最終的に動作するコードになります。

最初から始めるには、Spring Initializr から開始に進みます。

基本スキップするには、次の手順を実行します。

完了したときは、gs-scheduling-tasks/complete のコードに対して結果を確認できます。

Spring Initializr から開始

すべての Spring アプリケーションの場合、Spring Initializr (英語) から開始する必要があります。Initializr は、アプリケーションに必要なすべての依存関係をすばやく取得する方法を提供し、多くのセットアップを行います。この例では、Spring の依存関係は不要です。Spring Boot 自体は、このガイドに必要なすべての Spring パッケージを提供します。次のイメージは、このサンプルプロジェクト用に設定された Initializr を示しています。

initializr
前の図は、Maven がビルドツールとして選択された Initializr を示しています。Gradle も使用できます。また、com.example および scheduling-tasks の値をそれぞれグループおよびアーティファクトとして表示します。このサンプルの残りの部分では、これらの値を使用します。

次のリストは、Maven を選択したときに作成される pom.xml ファイルを示しています。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<project xmlns="http://maven.apache.org/POM/4.0.0" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
	xsi:schemaLocation="http://maven.apache.org/POM/4.0.0 https://maven.apache.org/xsd/maven-4.0.0.xsd">
	<modelVersion>4.0.0</modelVersion>
	<parent>
		<groupId>org.springframework.boot</groupId>
		<artifactId>spring-boot-starter-parent</artifactId>
		<version>2.2.2.RELEASE</version>
		<relativePath/> <!-- lookup parent from repository -->
	</parent>
	<groupId>com.example</groupId>
	<artifactId>scheduling-tasks</artifactId>
	<version>0.0.1-SNAPSHOT</version>
	<name>scheduling-tasks</name>
	<description>Demo project for Spring Boot</description>

	<properties>
		<java.version>1.8</java.version>
	</properties>

	<dependencies>
		<dependency>
			<groupId>org.springframework.boot</groupId>
			<artifactId>spring-boot-starter</artifactId>
		</dependency>

		<dependency>
			<groupId>org.springframework.boot</groupId>
			<artifactId>spring-boot-starter-test</artifactId>
			<scope>test</scope>
			<exclusions>
				<exclusion>
					<groupId>org.junit.vintage</groupId>
					<artifactId>junit-vintage-engine</artifactId>
				</exclusion>
			</exclusions>
		</dependency>
	</dependencies>

	<build>
		<plugins>
			<plugin>
				<groupId>org.springframework.boot</groupId>
				<artifactId>spring-boot-maven-plugin</artifactId>
			</plugin>
		</plugins>
	</build>

</project>

次のリストは、Gradle を選択したときに作成される build.gradle ファイルを示しています。

plugins {
	id 'org.springframework.boot' version '2.2.2.RELEASE'
	id 'io.spring.dependency-management' version '1.0.8.RELEASE'
	id 'java'
}

group = 'com.example'
version = '0.0.1-SNAPSHOT'
sourceCompatibility = '1.8'

repositories {
	mavenCentral()
}

dependencies {
	implementation 'org.springframework.boot:spring-boot-starter'
	testImplementation('org.springframework.boot:spring-boot-starter-test') {
		exclude group: 'org.junit.vintage', module: 'junit-vintage-engine'
	}
}

test {
	useJUnitPlatform()
}

awaitility 依存関係の追加

complete/src/test/java/com/example/schedulingtasks/ScheduledTasksTest.java のテストには awaitility ライブラリが必要です。

awaitility ライブラリのそれ以降のバージョンはこのテストでは機能しないため、バージョン 3.1.2 を指定する必要があります。

awaitility ライブラリを Maven に追加するには、次の依存関係を追加します。

<dependency>
  <groupId>org.awaitility</groupId>
  <artifactId>awaitility</artifactId>
  <version>3.1.2</version>
  <scope>test</scope>
</dependency>

次のリストは、完成した pom.xml ファイルを示しています。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<project xmlns="http://maven.apache.org/POM/4.0.0" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
	xsi:schemaLocation="http://maven.apache.org/POM/4.0.0 https://maven.apache.org/xsd/maven-4.0.0.xsd">
	<modelVersion>4.0.0</modelVersion>
	<parent>
		<groupId>org.springframework.boot</groupId>
		<artifactId>spring-boot-starter-parent</artifactId>
		<version>2.2.2.RELEASE</version>
		<relativePath/> <!-- lookup parent from repository -->
	</parent>
	<groupId>com.example</groupId>
	<artifactId>scheduling-tasks</artifactId>
	<version>0.0.1-SNAPSHOT</version>
	<name>scheduling-tasks</name>
	<description>Demo project for Spring Boot</description>

	<properties>
		<java.version>1.8</java.version>
	</properties>

	<dependencies>
		<dependency>
			<groupId>org.springframework.boot</groupId>
			<artifactId>spring-boot-starter</artifactId>
		</dependency>
		<dependency>
			<groupId>org.awaitility</groupId>
			<artifactId>awaitility</artifactId>
			<version>3.1.2</version>
			<scope>test</scope>
		</dependency>

		<dependency>
			<groupId>org.springframework.boot</groupId>
			<artifactId>spring-boot-starter-test</artifactId>
			<scope>test</scope>
			<exclusions>
				<exclusion>
					<groupId>org.junit.vintage</groupId>
					<artifactId>junit-vintage-engine</artifactId>
				</exclusion>
			</exclusions>
		</dependency>
	</dependencies>

	<build>
		<plugins>
			<plugin>
				<groupId>org.springframework.boot</groupId>
				<artifactId>spring-boot-maven-plugin</artifactId>
			</plugin>
		</plugins>
	</build>

</project>

awaitility ライブラリを Gradle に追加するには、次の依存関係を追加します。

	testImplementation 'org.awaitility:awaitility:3.1.2'

次のリストは、完成した build.gradle ファイルを示しています。

plugins {
	id 'org.springframework.boot' version '2.2.2.RELEASE'
	id 'io.spring.dependency-management' version '1.0.8.RELEASE'
	id 'java'
}

group = 'com.example'
version = '0.0.1-SNAPSHOT'
sourceCompatibility = '1.8'

repositories {
	mavenCentral()
}

dependencies {
	implementation 'org.springframework.boot:spring-boot-starter'
	testImplementation 'org.awaitility:awaitility:3.1.2'
	testImplementation('org.springframework.boot:spring-boot-starter-test') {
		exclude group: 'org.junit.vintage', module: 'junit-vintage-engine'
	}
}

test {
	useJUnitPlatform()
}

スケジュールされたタスクを作成する

プロジェクトのセットアップが完了したため、スケジュールされたタスクを作成できます。次のリスト(src/main/java/com/example/schedulingtasks/ScheduledTasks.java から)は、その方法を示しています。

/*
 * Copyright 2012-2015 the original author or authors.
 *
 * Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
 * you may not use this file except in compliance with the License.
 * You may obtain a copy of the License at
 *
 *	  https://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
 *
 * Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
 * distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
 * WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
 * See the License for the specific language governing permissions and
 * limitations under the License.
 */

package com.example.schedulingtasks;

import java.text.SimpleDateFormat;
import java.util.Date;

import org.slf4j.Logger;
import org.slf4j.LoggerFactory;
import org.springframework.scheduling.annotation.Scheduled;
import org.springframework.stereotype.Component;

@Component
public class ScheduledTasks {

	private static final Logger log = LoggerFactory.getLogger(ScheduledTasks.class);

	private static final SimpleDateFormat dateFormat = new SimpleDateFormat("HH:mm:ss");

	@Scheduled(fixedRate = 5000)
	public void reportCurrentTime() {
		log.info("The time is now {}", dateFormat.format(new Date()));
	}
}

Scheduled アノテーションは、特定のメソッドがいつ実行されるかを定義します。

この例では fixedRate を使用します。これは、各呼び出しの開始時間から測定されたメソッド呼び出しの間隔を指定します。fixedDelay など、他のオプションがあり、タスクの補完から測定される呼び出しの間隔を指定します。@Scheduled(cron=". . .")(Javadoc) 式を使用して、より高度なタスクスケジューリングを行うこともできます。

スケジューリングを有効にする

スケジュールされたタスクは Web アプリケーションと WAR ファイルに埋め込むことができますが、より単純なアプローチ(次のリストに示す)はスタンドアロンアプリケーションを作成します。そのためには、古き良き Java main() メソッドによって駆動される単一の実行可能な JAR ファイルにすべてをパッケージ化します。次のリスト(src/main/java/com/example/schedulingtasks/SchedulingTasksApplication.java から)は、アプリケーションクラスを示しています。

package com.example.schedulingtasks;

import org.springframework.boot.SpringApplication;
import org.springframework.boot.autoconfigure.SpringBootApplication;
import org.springframework.scheduling.annotation.EnableScheduling;

@SpringBootApplication
@EnableScheduling
public class SchedulingTasksApplication {

	public static void main(String[] args) {
		SpringApplication.run(SchedulingTasksApplication.class);
	}
}

@SpringBootApplication は、次のすべてを追加する便利なアノテーションです。

  • @Configuration: アプリケーションコンテキストの Bean 定義のソースとしてクラスにタグを付けます。

  • @EnableAutoConfiguration: クラスパス設定、他の Bean、およびさまざまなプロパティ設定に基づいて Bean の追加を開始するよう Spring Boot に指示します。例: spring-webmvc がクラスパスにある場合、このアノテーションはアプリケーションに Web アプリケーションとしてフラグを立て、DispatcherServlet のセットアップなどの主要な動作をアクティブにします。

  • @ComponentScan: Spring に、com/example パッケージ内の他のコンポーネント、構成、およびサービスを探して、コントローラーを検出させるように指示します。

main() メソッドは、Spring Boot の SpringApplication.run() メソッドを使用してアプリケーションを起動します。XML が 1 行もないことに気付きましたか? web.xml ファイルもありません。この Web アプリケーションは 100% 純粋な Java であり、接続機能やインフラストラクチャの構成に対処する必要はありませんでした。

@EnableScheduling アノテーションにより、バックグラウンドタスクエグゼキューターが作成されます。それなしでは、何もスケジュールされません。

実行可能 JAR を構築する

コマンドラインから Gradle または Maven を使用してアプリケーションを実行できます。必要なすべての依存関係、クラス、およびリソースを含む単一の実行可能 JAR ファイルを構築して実行することもできます。実行可能な jar を構築すると、開発ライフサイクル全体、さまざまな環境などで、アプリケーションとしてサービスを簡単に提供、バージョン管理、およびデプロイできます。

Gradle を使用する場合、./gradlew bootRun を使用してアプリケーションを実行できます。または、次のように、./gradlew build を使用して JAR ファイルをビルドしてから、JAR ファイルを実行できます。

java -jar build/libs/gs-scheduling-tasks-0.1.0.jar

Maven を使用する場合、./mvnw spring-boot:run を使用してアプリケーションを実行できます。または、次のように、./mvnw clean package で JAR ファイルをビルドしてから、JAR ファイルを実行できます。

java -jar target/gs-scheduling-tasks-0.1.0.jar
ここで説明する手順は、実行可能な JAR を作成します。クラシック WAR ファイルを作成することもできます。

ログ出力が表示され、ログからバックグラウンドスレッド上にあることがわかります。スケジュールされたタスクが 5 秒ごとに起動するのが見えるはずです。次のリストは、典型的な出力を示しています。

...
2019-10-02 12:07:35.659  INFO 28617 --- [   scheduling-1] c.e.schedulingtasks.ScheduledTasks       : The time is now 12:07:35
2019-10-02 12:07:40.659  INFO 28617 --- [   scheduling-1] c.e.schedulingtasks.ScheduledTasks       : The time is now 12:07:40
2019-10-02 12:07:45.659  INFO 28617 --- [   scheduling-1] c.e.schedulingtasks.ScheduledTasks       : The time is now 12:07:45
2019-10-02 12:07:50.657  INFO 28617 --- [   scheduling-1] c.e.schedulingtasks.ScheduledTasks       : The time is now 12:07:50
...

要約

おめでとう!スケジュールされたタスクを使用してアプリケーションを作成しました。また、この手法はあらゆるタイプのアプリケーションで機能します。

関連事項

次のガイドも役立ちます。

新しいガイドを作成したり、既存のガイドに貢献したいですか? 投稿ガイドラインを参照してください (GitHub)

すべてのガイドは、コード用の ASLv2 ライセンス、およびドキュメント用の Attribution、NoDerivatives クリエイティブコモンズライセンス (英語) でリリースされています。