クラス AbstractRefreshableWebApplicationContext

実装されたすべてのインターフェース:
CloseableSEAutoCloseableSEAwareBeanFactoryBeanNameAwareHierarchicalBeanFactoryInitializingBeanListableBeanFactoryApplicationContextApplicationEventPublisherConfigurableApplicationContextLifecycleMessageSourceEnvironmentCapableResourceLoaderResourcePatternResolverThemeSourceConfigurableWebApplicationContextWebApplicationContext
既知の直属サブクラス
AnnotationConfigWebApplicationContextGroovyWebApplicationContextXmlWebApplicationContext

public abstract class AbstractRefreshableWebApplicationContext extends AbstractRefreshableConfigApplicationContext implements ConfigurableWebApplicationContext, ThemeSource
Web 環境用の ConfigurableWebApplicationContext インターフェースを実装する AbstractRefreshableApplicationContext サブクラス。"configLocations" プロパティを提供し、Web アプリケーションの起動時に ConfigurableWebApplicationContext インターフェースを介して入力されます。

このクラスは、AbstractRefreshableApplicationContext と同じくらい簡単にサブクラス化できます。実装する必要があるのは AbstractRefreshableApplicationContext.loadBeanDefinitions(org.springframework.beans.factory.support.DefaultListableBeanFactory) メソッドだけです。詳細については、スーパークラスの javadoc を参照してください。実装は、getConfigLocations() メソッドによって返される場所によって指定されたファイルから Bean 定義をロードすることになっていることに注意してください。

リソースパスをサーブレットコンテキストリソース、つまり Web アプリケーションルートのパスとして解釈します。絶対パス、たとえば Web アプリのルート外のファイルの場合は、DefaultResourceLoader によって実装される "file:" URL からアクセスできます。

AbstractApplicationContext によって検出される特別な Bean に加えて、このクラスは、特別な Bean 名 "themeSource" で、コンテキスト内の型 ThemeSource の Bean を検出します。テーマのサポートは 6.0 の時点で廃止されており、直接の代替はありません。

これは、異なる Bean 定義フォーマット用にサブクラス化される Web コンテキストです。このようなコンテキスト実装は、ContextLoader の "contextClass" context-param または FrameworkServlet の "contextClass" init-param として指定でき、デフォルトの XmlWebApplicationContext を置き換えます。次に、"contextConfigLocation" の context-param または init-param をそれぞれ自動的に受け取ります。

WebApplicationContext 実装は、通常、ConfigurableWebApplicationContext インターフェースを介して受信した構成に基づいて自身を構成することになっていることに注意してください。対照的に、スタンドアロンアプリケーションコンテキストでは、カスタムスタートアップコード(たとえば、GenericApplicationContext)での構成が可能になる場合があります。

導入:
1.1.3
作成者:
Juergen Hoeller
関連事項: