ナビゲーションリンクをスキップ
Spring Framework

@NonNullApi @NonNullFields

パッケージ org.springframework.ejb.access

このパッケージには、EJB への簡単なアクセスを可能にするクラスが含まれています。

参照先: 説明

パッケージ org.springframework.ejb.access の説明

このパッケージには、EJB に簡単にアクセスできるクラスが含まれています。基本は、EJB 呼び出しの前後に実行される AOP インターセプターです。特に、このパッケージのクラスを使用すると、ローカルインターフェースでステートレスセッション Bean(SLSB)への透過的なアクセスが可能になり、EJB 固有の API と JNDI ルックアップを使用するアプリケーションコードが不要になり、実装せずに実装できるビジネスインターフェースを操作できます。EJB を使用します。これにより、クライアント(Web コンポーネントなど)とビジネスオブジェクト(EJB である場合とそうでない場合がある)の価値ある分離が実現します。これにより、ビジネスオブジェクトを使用するコードに影響を与えることなく、EJB をアプリケーションに導入する(またはアプリケーションから EJB を削除する)ことができます。

このパッケージのクラスの動機は、Rod Johnson(Wrox、2002)による Expert One-On-One J2EE Design and Development の第 11 章で説明されています。

ただし、このパッケージのクラスの実装と命名は変更されています。Expert One-on-One J2EE で説明されているカスタム Bean 定義ではなく、FactoryBeans と AOP を使用するようになりました。

ナビゲーションリンクをスキップ
Spring Framework