ナビゲーションリンクをスキップ

Jakarta EE 8 仕様 API

パッケージ javax.security.enterprise

メイン Jakarta Security パッケージ。

参照先: 説明

パッケージ javax.security.enterprise の説明

メイン Jakarta Security パッケージ。このパッケージには、認証、認可、ID の問題に関係するクラスとインターフェースが含まれています。

アノテーションでの EL サポート

この仕様は、アノテーションでの式言語 3.0 の使用をサポートしています。これについては、以下で詳しく説明します。

... 定義アノテーション

Jakarta Security には、名前が Definition で終わるいくつかのアノテーションがあり、これを使用すると、CDI Bean が使用可能になります。完全を期すために、これは次のアノテーションに関係しています。 これらのアノテーションの型 String のすべての属性に対して、Jakarta Expression Language 3.0 式を使用できます。名前付き CDI Bean はすべて、その式で使用できます。また、ELProcessor の式言語 3.0 で指定されているデフォルトクラスも使用できます。

式は、即時(${} 構文)または遅延(#{} 構文)のいずれかになります。即時式は、「... Definition」アノテーションに対応する Bean インスタンスが実際に作成されるときに 1 回評価されます。このような Bean はアプリケーションスコープであるため、アプリケーション全体で 1 回ということになります。遅延式は、セキュリティランタイムがこれらの属性の値を使用する必要がある各リクエストで評価されます。

非 String タイプの属性(式の名前が Expression で終わる属性。以降、「式の代替属性」と呼ばれます)の代替として式言語としてドキュメント化されている属性は、代替となる属性と同じタイプに評価される必要があります。式の代替属性に空でない値がある場合、代替の属性よりも優先されます。

式代替属性には、有効な式言語式が含まれている必要があります。式ではない文字列型の属性代替属性には、式または式ではない文字列値を含めることができます。

Jakarta Interceptors アノテーション

Jakarta Security は、Jakarta Interceptors を示す属性を持ついくつかのアノテーションを備えています。完全を期すために、これは次のアノテーションに関係しています。

式言語はこれらのアノテーションでもサポートされていますが、少し異なります。式言語のサポートの違いについては、これらの両方のアノテーションの javadoc を参照してください。

バージョン:
1.0
ナビゲーションリンクをスキップ

Jakarta EE 8 仕様 API

Copyright © 2019 Eclipse Foundation.
Use is subject to license terms.