リファレンスドキュメントは、次のセクションで構成されています。

利用規約 (英語)

法令情報。

ドキュメントの概要

ドキュメント、ヘルプの取得、最初のステップなどについて。

入門

Spring Boot の紹介、システム要件、サーブレットコンテナー、Spring Boot のインストール、最初の Spring Boot アプリケーションの開発

Spring Boot を使用する

システムの構築、コードの構造化、構成、Spring Bean および Dependency Injection、DevTools など。

Spring Boot の機能

プロファイル、ログ、セキュリティ、キャッシュ、Spring Integration、テストなど。

Spring Boot Actuator

監視、メトリック、監査など。

Spring Boot アプリケーションのデプロイ

クラウドへのデプロイ、Unix アプリケーションとしてのインストール。

Spring Boot CLI

CLI のインストール、CLI の使用、CLI の構成など。

ビルドツールプラグイン

Maven プラグイン、Gradle プラグイン、Antlib など。

「使い方」ガイド

アプリケーション開発、構成、組み込みサーバー、データアクセスなど。

リファレンスドキュメントには、次の付録があります。

アプリケーションのプロパティ

アプリケーションの構成に使用できる一般的なアプリケーションプロパティ。

構成メタデータ

構成プロパティの説明に使用されるメタデータ。

自動構成クラス

Spring Boot が提供する自動構成クラス。

自動構成アノテーションのテスト

アプリケーションのスライスのテストに使用されるテスト自動構成アノテーション。

実行可能 jar

Spring Boot の実行可能 jar、そのランチャー、およびそのフォーマット。

依存バージョン

Spring Boot によって管理される依存関係の詳細。