閉じる

Spring Security OAuth

廃止のお知らせ

Spring Security OAuth プロジェクトは非推奨です。最新の OAuth 2.0 サポートは Spring Security によって提供されます。詳細については、OAuth 2.0 移行ガイド (GitHub) を参照してください。


Spring Security OAuth は、標準の Spring および Spring Security プログラミングモデルと設定イディオムを使用して、OAuth(1a)および OAuth2 で Spring Security を使用するためのサポートを提供します。

機能

  • OAuth プロバイダーと OAuth コンシューマーのサポート

  • Oauth 1(a) (two-legged OAuth、別名「Signed Fetch」を含む)

  • OAuth 2.0


アプリケーションにセキュリティを適用するのは気弱な人向けではなく、OAuth も例外ではありません。始める前に、OAuth とそれに対処するために設計された問題を理解しておく必要があります。OAuth サイト (英語) には優れたドキュメントがあります。また、SpringSpring Security がどのように機能するかを理解する必要があります。

この開発者ガイドの有効性を最大化するために、OAuth (英語) (および / または OAuth2 (英語) )と Spring Security の両方にかなり精通したいと思うでしょう。Spring Security の OAuth は両方のテクノロジーと密接に結びついているため、それらに精通すればするほど、使用されている用語やパターンを認識できるようになります。

Spring Boot 構成

Spring Initializr

プロジェクトのクイックスタート

Spring Initializr (英語) を使用してアプリケーションをブートストラップします。

ドキュメント

Spring プロジェクト別に用意されています。プロジェクトの機能を使用する方法と、それを使用して達成できることを詳細に説明しています。
2.5.1.BUILD-SNAPSHOT SNAPSHOT リファレンスドキュメント API ドキュメント (英語)
2.5.0.RELEASE GA リファレンスドキュメント API ドキュメント (英語)
2.4.2.BUILD-SNAPSHOT SNAPSHOT リファレンスドキュメント API ドキュメント (英語)
2.4.1.RELEASE GA リファレンスドキュメント API ドキュメント (英語)