閉じる

Spring Data JDBC 拡張

1.2.1.RELEASE

注 : このプロジェクトは現在積極的に開発されておらず、今年後半に屋根裏部屋に移動されます。

Spring Data JDBC Extensions は、包括的 Spring Data プロジェクトの一部です。Spring Framework の JDBC サポートは広範囲で、最も一般的に使用される機能をカバーしています。この拡張プロジェクトは、Oracle データベースの高度な機能を使用するための追加サポートを提供します。

サポートの大部分は、サポートサブスクリプションの利用できる SpringSource プロジェクト「Oracle データベース用アドバンストパック」から移植されたコードで構成されています。現在、このコードをすべての Spring ユーザーが利用できるようにしており、新しい開発は Spring Data JDBC Extensions プロジェクトで行われます。

機能

コア

  • QueryDSL サポート(バージョン 1.2.0 で非推奨)-QueryDSL と使い慣れた JdbcTemplate の機能を組み合わせた QueryDslJdbcTemplate (英語) で QueryDSL SQL モジュールを使用するためのサポート。これにより、Spring の JdbcTemplate サポートの利便性と組み合わされた、クエリ、挿入、更新、削除操作のタイプセーフ API が提供されます。RowMapper、リソース管理、宣言的トランザクション管理など。

Oracle

  • RAC「高速接続フェイルオーバー」 - RAC「高速接続フェイルオーバー」は、データベースノードに障害が発生した場合、Spring アプリケーションに透過的にフェイルオーバーさせる機能を提供します。

  • Streams AQ (アドバンスドキューイング) - AQ サポートは、高価な分散 2 フェーズコミットトランザクション管理に頼ることなく、データベースアクセスとメッセージアクセスの両方に単一のローカルトランザクションマネージャーを使用するオプションを提供します。

  • XML タイプ - ネイティブ XML タイプに Oracle JDBC 拡張を使用する方法に関するカスタムクラス、例、およびドキュメント。

  • 高度なデータ型 - STRUCT や ARRAY などの高度なデータ型に対して Oracle JDBC 拡張機能を使用する方法に関するカスタムクラス、例、およびドキュメント。

  • カスタム DataSource 接続準備ツール - この機能は、Oracle 固有のセッション設定などを使用して接続環境をカスタマイズするための API を提供します。

Spring Boot 構成

Spring Initializr

プロジェクトのクイックスタート

Spring Initializr (英語) を使用してアプリケーションをブートストラップします。

ドキュメント

Spring プロジェクト別に用意されています。プロジェクトの機能を使用する方法と、それを使用して達成できることを詳細に説明しています。
1.2.1.RELEASE CURRENT GA リファレンスドキュメント (英語) API ドキュメント (英語)
2.0.0.M1 PRE リファレンスドキュメント (英語) API ドキュメント (英語)
2.0.0.BUILD-SNAPSHOT SNAPSHOT リファレンスドキュメント (英語) API ドキュメント (英語)

例を試してみる: