Spring Cloud Open Service Broker 4.3.0

Spring Cloud Open Service Broker は、Open Service Broker API を実装する Spring Boot アプリケーションを構築するためのフレームワークです。

Open Service Broker API (英語) プロジェクトを使用すると、開発者は Cloud Foundry、Kubernetes、OpenShift などのクラウドネイティブプラットフォーム内で実行されているアプリケーションにサービスを提供できます。Spring Cloud Open Service Broker は、Spring Boot に基づくフレームワークを提供します。これにより、Open Service Broker API をサポートするプラットフォームで独自のマネージドサービスの Service Broker をすばやく作成できます。

Spring Boot 構成

プロジェクトで Spring Cloud Open Service Broker の使用を開始するための推奨される方法は、依存関係管理システムを使用することです。以下のスニペットの 1 つをコピーしてビルドに貼り付けることができます。アプリケーションに Spring Boot スターター POM を含めます。このスターターは、Spring MVC および Spring WebFlux ベースのアプリケーションをサポートします。

Maven:

<dependencies>
    <dependency>
        <groupId>org.springframework.cloud</groupId>
        <artifactId>spring-cloud-starter-open-service-broker</artifactId>
        <version>4.2.0</version>
    </dependency>
</dependencies>

Gradle:

dependencies {
    implementation 'org.springframework.cloud:spring-cloud-starter-open-service-broker:4.2.0'
}
Spring Initializr

プロジェクトのクイックスタート

サポートの取得

Tanzu Spring は、1 つのシンプルなサブスクリプションで OpenJDK ™、Spring、Apache Tomcat ® のサポートとバイナリを提供します。

さらに学習したい方に (英語)

今後のイベント

Spring コミュニティで今後開催されるすべてのイベントをチェックしてください。

すべて表示 (英語)