Spring Boot には 2 つの強力なプラグインが付属しています。

  • spring-boot-gradle-plugin

  • spring-boot-maven-plugin

どちらも基本的に機能が同等であり、コマンドラインから Spring Boot アプリを実行する機能と、実行可能な JAR をバンドルする機能を提供します。このテーマは、ほぼすべてのガイドで、最後の実行段階でメンションされています。

人気のあるテーマは、多くの人々がまだコンテナー内にデプロイされる WAR ファイルを生成したいということです。これらのプラグインは両方とも同様にサポートしています。基本的に、プロジェクトを再構成して WAR ファイルを生成し、組み込みコンテナーの依存関係を "provided" として宣言する必要があります。これにより、関連する埋め込みコンテナーの依存関係が WAR ファイルに含まれないことが保証されます。

コンテナー用の WAR ファイルを作成するようにアプリケーションを構成する方法の詳細な手順については、以下を参照してください。

Spring Boot は、サーブレット 3.0 仕様コンテナーで動作します。

関連事項

次のガイドも役立ちます。

新しいガイドを作成したり、既存のガイドに貢献したいですか? 投稿ガイドラインを参照してください: GitHub (英語)

すべてのガイドは、コード用の ASLv2 ライセンス、およびドキュメント用の Attribution、NoDerivatives クリエイティブコモンズライセンス (英語) でリリースされています。